タグ : SonicStage

ウォークマン・PSP対応動画変換ソフト「MovieStyle」最新版~PS3向け超解像処理も可能に

ペガシス、変換ソフト「MovieStyle」をSpurs対応 -PS3向け超解像処理やAVCHD読み込みも可能に

ペガシスの動画変換ソフト「TMPGEnc MovieStyle」のアップデータが公開されたそうです。最新版(Ver.1.1.0.44)では、「TMPGEnc 4.0 XPress」向けに販売していた「TMPGEnc Movie Plug-in SpursEngine」に対応。PS3やPSP、iPodなどにあわせた動画を高速に変換できるほか、PS3向けにSD映像をHD映像に変換する際には超解像処理も適用できるとか。また、ウォークマン向けファイル転送がSonicStage V に対応したそうです。

一年前の08年8月にウォークマンやeyeVioに対応していたんですよね。なかなかに息の長いソフトです。今度体験版を使ってみようっと。同社のTMPGEncユーザーなら優待価格で買えるみたいです。

個人的にはビデオレコーディングクレードルで録画したファイルのカット編集が出来るとうれしいのだけれど、それがやりたいならTMPGEnc4を買えってことなんっすよね、きっと…。

そういえば、この手のソフトって昔はソニスタで普通に買えたんですよね。ソニーのダウンロード販売の先駆けでもあったし、今更ながらにサービス終了が悔やまれます。

ウォークマンWシリーズのZappin機能を支える12音解析(SensMe)の精度

ウォークマンW202のZappin機能というか、12音解析の精度についての覚え書き。

12音解析には同機発売と同時に公開されたSonicStageの最新版が必要ですが、色々と検証してみた結果、SCEが先だって公開したMedia GoのSensMeとほぼ互換性があることが判明。

mediago_tatsuroとりあえず、手持ちのCDで自分と同世代な人なら必ずや持っているであろう達郎さんのベストアルバム「Greatest Hits! Of Tatsuro Yamashita」で検証。

SonicStageはATRACの256でリッピングしたもの。Media GoはNASにあるiTunes用ライブラリ(MP3の192)を読み込んで使用。

Zappinの15秒モードで再生されるのは以下のセンテンス。ちなみに、4秒モードは出だしが同じ4秒間が共通。
続きを読む

いろんな発見があって楽しいウォークマンWシリーズ「NWD-W202」

6/11に届いたウォークマンWシリーズ「NWD-W202icon」ですが、三四日ほどしか使ってない割に、色々発見があって楽しいです。てことで、インプレ的なものも兼ねた自分用メモ。

■パッケージについて

iconiconウォークマンにしては珍しく、中身が見えるパッケージ。本体色に合わせたカラーリングもわかりやすく、さぞや店頭では目立っていることでしょう。

CDより大きいサイズなのにCD-ROMを同梱してないのも面白い。ソフトをCDで提供する時代はいい加減そろそろ終わるんでしょうか。

w202_01

中身は、本体、USB接続ケーブル付き(充電)スタンド、本体用ホルダー、交換用イヤーピースとシンプル。このほか、取説、保証書、相談窓口案内、カスタマー登録案内に加え、磁気漏洩に関する注意書きが同梱。CDは無くとも紙はまだまだ無くせないみたい。ちなみに、SonicStage(v.5.2)は本体メモリに内蔵されてます。

続きを読む

ねえー、知ってるー(2)

mameshiba_w202

ねえ、知ってるー。

続きを読む

ソニー、SonicStage最新版とWシリーズサポートページとXシリーズユーザー向け無線LAN使い方ガイドを公開

ヘッドホン一体型ウォークマンWシリーズの出荷が始まった6月11日、同機のサポートページの掲載、並びに同機に対応したSonicStageの最新版ver.5.2公開、並びにウォークマンXシリーズユーザー向けの無線LAN使いかたガイドが公開されました。

「SonicStage V(ver.5.2)ダウンロードサービス」のご案内
NWD-W202の製品別サポートページ
無線LANの設定や使いかたがわかる「無線LAN使いかたガイド」

SonicStageの対象機種は、A80x/A82x/A91x、S20x/S60x/S70x/S61x/S71x/S63x/S73x 、E00x/E01x/E02x/E04x、X1050/X1060、W202のほか、Rolly2機種(SEP-50BT、SEP-10BT)。画面解像度「1024 x 600」と、Windows Vista SP2 にも対応しています。

wm202_090611

自分のところにもW202が届きました。まだまだ使い始めたばかりですが、ハード、ソフト含め、割り切り方が面白いです。短所も多いですが、克服できる内容も多く、発展のさせ方によっては結構大化けするかも…。とりあえず現時点で一番気になるのは音漏れかなあ…。ボリュームが全体の半分ぐらいで音漏れが顕著っす。自分はジョギングにしか使うつもりがないので気にはならないのですが、通勤通学の車内で使おうと思ってる人は注意が必要かも…。てことでインプレはもう少し使い込んでから。

続きを読む

開梱初日に風呂場に持ち込むX1000かな

昨日届いたNW-X1000シリーズicon。SonicStage経由の音楽転送で時間がかかりすぎて、一番最初の検証が風呂場になってもうた。

本体にミニスピーカーとワンセグ用のアンテナ付けたまま、石崎資材さんの携帯電話用「アクアトーク スライド」に突っ込んでみたら、これが計算したかのようにドンぴしゃ。

音楽再生と動画再生と、ワンセグのリアルタイム受信をケース越しに試してみたが全く問題なし。いーねー、この組み合わせ。

これでロケフリ対応だったら最高なのに。Webブラウザ、ACCESS製なんだしさあ、昔からのよしみで(=営業的な圧力かけて)アプリ作ってもらえば良いのに…。

[tmkm-amazon]B000P04S5I[/tmkm-amazon]

(にしても、指紋べったべただなあ、X1060BI…。今のところ保護シートもケースも無しなんですごいことになってる。)