タグ : ポケットビット

USBメモリーの認知度は95.6%~2個以上所有しているユーザーも6割以上

iconiconUSB メモリ、PC ユーザーの9割近くが使ったことがある

USBメモリーの認知度や所有率に関する調査結果。USBメモリーの認知度はなんと95.6%。所有率も高く、容量1GB未満が多いことがわかったとか。ちなみに、2個以上所有しているユーザーが65.9%だそうです。

すごいですねー。ソニーの 「ポケットビット」 iconビジネスが継続されるわけです。3/3のひなまつりには新ノックスライド機構採用の新製品も出ますね。ちなみに、今自分の手元にあるUSBメモリーは何だろうということで、調べてみたら3つほどありました。

usb_memory.jpg

ソニーの「USM32」なんて初代ポケットビットですよ。えっへん。って、たったの32MBだけど。買った当時はいくらだったっけなー。iPod shuffle(512MB)は反則ぎみですが、音楽プレイヤーとしてお役ゴメンになってもこうして使えるのは便利ですね。右側は、かなり前にアキバの某ショップで980円で販売されていた某キャラのUSBメモリー。容量は128MBでPCで使うとオレンジ色に光る憎いヤツです。懐かしーですね(とんねるず[c])。正面から見ると不気味ですねー。980円ならもう一つぐらい買っておけば良かったかなあ…。

って、自分、サイトでさんざんポケットビットの紹介しておいて、実際に所有しているのが初代1個だけじゃん…。

ノックスライド機構採用でワイドアクセスLED搭載のポケットビット新製品

iconiconソニーが、 USBメモリー「ポケットビット」iconの新製品3機種を3/3から発売する発表しました。「USMGLX」シリーズは最大読込み速度が31MB/secのUSB端子の出し入れがスムーズな「ノックスライド機構」採用モデル(1GB/2GB/4GB/8GB/16GB)。「USMGL」シリーズは「ノックスライド機構」採用の転送速度を抑えたスタンダードモデル(1GB/2GB/4GB/8GB)。「USMGJ-B」シリーズは従来型のスライド式USBコネクタを備えたスタンダードモデルで(1GB/2GB/4GB)。

ソニスタでは早くも先行予約販売受付中です。ノックスライド機構採用モデルには、アクセス時にLEDがプリズム状に広がって点灯する「ワイドアクセスLED」を搭載しているそうです。こういうアクセントは良いですねー。

なお、2008/2/13より開始予定のIE7の自動配信に関してのお知らせがオフィシャルサイトに掲載されていました。以下の製品に付属のソフトウェアはIE7には未対応とのこと。対象製品をお持ちの方はご注意ください>USM512FL、USM128F、USM-S(A)、USM-BMS、USM-E、USM-D

(そういえば、台湾企業の技術パクリ疑惑のその後はどうなったんですかね…)

続きを読む

ソニーのポケットビットは台湾企業の技術をパクって作られた?

台湾社がソニー提訴へ 「USBメモリー技術を盗用」

台湾パワーデジタルカード社が、ソニーがUSBフラッシュメモリー技術を盗用し模倣製品を無断生産・販売したとして、不正競争防止、著作権侵害で製品の差し止めなどを求める訴訟を起こすそうです。同社が問題にしているのは、ソニーの「ポケットビット・ミニicon
」シリーズ5商品。元々OEM供給するはずだったようですが、色々すったもんだがあって、最終的にはソニーが技術やらなにやらを無断でパクったと、そういうことらしいです。

iconiconちなみに、機密保持を含む正式契約を結ばない段階でソニーにサンプル提供や情報交換をしていたとか。なお、新製品を投入できなかったことなどによる逸失利益分が約180億円になるそうで、仮に全額が認められれば国内の知財訴訟でベスト3に入る高額賠償額になるとのこと。

正式契約前にソニー側が一方的に連絡を絶ち担当部署を解散し担当者も異動させた、との記述がありますが、そんなことをする会社じゃないと思いたいです。仮にそれが真実だったとして、180億もの賠償金をどうやって払うのでしょう。ね、ドバイの投資会社さん・・・>ドバイの投資会社、ソニーに大規模な投資

続きを読む

SonicStageに脆弱性~信頼できないM3Uのプレイリストファイルは開かないで

ソニーウォークマン向けソフトに脆弱性

ソニーのSonicStage(記事ではCONNECT Playerがメイン表記です)に脆弱性が報告されたそうです。セキュリティ企業がアドバイザリーを公開。M3Uのプレイリストファイルを処理する際の境界エラーが原因とのことで、パッチ公開まで信頼できないプレイリストファイルを開かないよう勧告しています。指摘があったのはver.4.3ですが、ほかのバージョンも影響を受ける恐れがあるとのこと。深刻度を5段階で上から2番目に高い「Highly critical」。

SonicStageはパッチ公開で解決するとして、auとのコラボソフトの方は大丈夫なんですかね…>【au秋冬トレンド分析】ソニーとの緊密連携でauの「LISMO」がSonicStage&ATRACに対応

【追記】脆弱性といえば、指紋認証機能付きポケットビットのソフトウェアの脆弱性を修正した再インストール用ソフトウェア一式が提供開始されたようです>脆弱性修正済み指紋認証機能つきポケットビット付属ソフトウェアご提供のお知らせ

続きを読む

2007年度のグッドデザイン賞を受賞したソニー製品

Good Design Award 2007

グッドデザイン賞2007の受賞結果が公開されました。ソニー関連製品の受賞作品は受賞企業一覧からアクセスできます。ちなみに、受賞した製品を以下にリストアップしましたが、8/27の「Good Design Presentation 2007でノミネートされたソニー製品一覧」でお伝えした一次審査通過の製品とは微妙に異なるというか、バイオtype Lとかネットジュークはおもいっきり新製品なんですねー。にしてもバイオは強い。それはそうと、ウォークマンはAがダメでEが受賞ですか。わかんないもんですねー。

・SO903iTV BRAVIA ケータイ
・パーソナルコミュニケーター mylo
・Handycam HDR-CX7
・CineAlta F23, SRW-1(デジタルシネマカメラ, HDCAM-SRレコーダー)
・VAIO VGX-TP1
iconicon・VAIO Type C
・VAIO Type T
・VAIO Type U
・VAIO Type L
・ポケットビット(USMxGHXシリーズ)
・WALKMAN E010series
・ネットジューク(NAS-M95HD, NAS-M75HD, NAS-D55HD)
・SS-AR1(スピーカー)
・BRAVIA V series, W series
・RDZ-D700/D800/D900A(スゴ録)
・CECH-10000(PS3)

この他、αのブランディングやSony Design Home Pageを含む合計19点が受賞。「Rollyicon」や「EX700SLicon」は来年なんですかね?もちろん、「XEL-1icon」の受賞にも期待したいですが、type Uはそろそろ新デザインを・・・期待してます!

続きを読む

ソニーが指紋認証機能付きポケビ付属ソフトの脆弱性修正用ソフトを公開

指紋認証機能付き付属ソフトウェアの脆弱性修正用ソフトウェアご提供のお知らせ

ソニーが指紋認証機能付きポケットビットicon「USM128F」および「USM512FL」に付属しているソフトウェアの脆弱性を修正するソフトウェアの提供を9/28に開始していました。脆弱性を修正するためのソフトウェア2つを準備しているそうですが、「脆弱性の修正を含む再インストール用ソフトウェア一式」については提供の準備が出来次第、改めて案内するそうです。

製品に付属している一部のソフトウェアの脆弱性を修正するソフトウェア
【 修正内容 】
本ポケットビットに付属の「ファイル&フォルダ・セキュリティ」が持つ下記症状を修正。
・「ファイル&フォルダ・セキュリティ」をPCにインストールした際に、同時にインストールされるフォルダがWindows APIより見えないため、第三者により意図しない用途で使用されるおそれがあります。
・「ファイル&フォルダ・セキュリティ」に使用されるファイルの一部が、一部の市販のウィルス対策ソフトによりウィルスとして検知され、ソフトウェアが正常に動作しなくなる場合があります。

「USM128F」および「USM512FL」をお使いの方は導入をお忘れ無く!