タグ : ノイキャン

ソニーの実験くん、始まるよー

フォトレポート:手持ちの機器をもっと楽しく便利に–「ソニーのアクセサリー実験室」を開催
ソニーの製品体験イベント「ソニーのアクセサリー実験室」が開幕

iconiconこちらでお伝えしたソニーのアクセサリー実験室イベントが昨日から開催。メディアレポートが各所にあがってます。スポーツ用アクセサリーやワイヤレス、ノイキャン、サラウンドなどの各種ヘッドホンなど、実体験しないと効果がわからないオーディオ関連製品の展示が多いですね。なお、評価シートと来場者アンケートに回答するとノベルティグッズがもらえるそうです。

最新のデジタルノイキャン「MDR-NC300Dicon」を発売前に体験できるのも魅力でしょうか。なお、ご来場の際はスタッフの白衣萌えにご注意を。肝心の実験に集中できなくなりますので…。

続きを読む

S-Master搭載のインナーイヤータイプデジタルノイキャンヘッドホン「MDR-NC300D」登場

高精度なデジタルノイズキャンセリングヘッドホンにインナーイヤータイプ登場 周囲の騒音を約98.4%低減(ソニー製品情報)

ソニーは、周囲の騒音を約98.4%低減するインナーイヤータイプのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC300Dicon』を希望小売価格税込30,975円にて6/21に発売すると発表。ソニスタでの販売価格は24,800円(6/3現在先行予約中で入荷次第メールにて連絡)。

iconiconソニー独自のデジタルノイズキャンセリング技術と高音質オーディオ処理技術を結集し、デジタルノイズキャンセリングに関わる高速デジタルシグナルプロセッサおよびフルデジタルアンプ“S-Master”を1チップ化した「インテグレーテッドDNCプロセッサ」を新開発。これにより、小型化が可能となり、デジタル処理ならではの高精度なインナーイヤータイプのノイズキャンセリングヘッドホンを実現したとのこと。

同時に以下の新商品を同日の6/21に発売し、ノイズキャンセリングヘッドホンのラインアップを強化するとか。
iconiconノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC600Dicon
約99%の騒音を低減し、「AIノイズキャンセリング機能」、「デジタルイコライザー」を搭載したヘッドバンドタイプ。希望小売価格税込49,350円(ソニスタ販売価格:税込39,800円)
ノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC33icon
約90%の騒音を低減し、単4形アルカリ乾電池1本で約100時間使用可能なインナーイヤータイプ。ブラック/ホワイト/バイオレット/レッドの4色展開。希望小売価格税込9,975円(ソニスタ販売価格:税込7,980円)

iconiconイヤホンタイプのデジタルノイキャン最高峰が「MDR-NC300D」ということですね。EX700ゆずりの大口径16mmドライバーユニット採用で、フルオートAIノイズキャンセリング機能、ノイズキャンセリング調整機能、デジタルイコライザー、3つのサウンドモード搭載など、ウォークマンXシリーズに無い高度な機能も満載。Xシリーズ以外のウォークマンのみならず、音にうるさいiPodオーナーにもアピールできそうなヘッドホンですねー。

続きを読む

ウォークマンNW-X1000シリーズ本体ソフトウェアバージョン1.02アップデートプログラム

ウォークマン「NW-X1050 / X1060」本体ソフトウェア バージョン1.02アップデートプログラム提供のご案内(ソニー製品情報・サポート)

iconiconソニーがウォークマンNW-X1000シリーズiconの本体ソフトウェアをバージョン 「1.02」 にアップデートするためのプログラムを提供開始。本体ソフトウェアのバージョンが 「1.01」の X1050/X1060が対象。

同プログラム適用で以下の2点の不具合を解消。

  1. ワンセグテレビで「よみうりテレビ携帯」*1および「NHK携帯E・東京」*2を受信しようとすると、「放送休止中です」と表示されワンセグテレビが視聴できない
    *1ワンセグテレビのチャンネル設定で「滋賀」、「京都」、「大阪」、「兵庫」、「奈良」、「和歌山」のいずれかを地域指定した場合にのみ症状が発生
    *2ワンセグテレビのチャンネル設定で「茨城」を地域指定した場合にのみ症状が発生
  2. 音楽再生およびポッドキャスト音声再生で、イコライザの種類を「カスタム1」または「カスタム2」に設定した場合、CLEAR BASS(低音)の効果が設定値どおりに反映されないことがある

現在入院中の自分のX1060のノイキャン不具合に関連するアップデートかと思ったけど違った。

その入院中のX1060だけど、タイミング良く相談センターからその後について携帯電話に連絡があった。消去法で検証した結果、本体基盤の不具合らしく、基盤交換対応になるとか。ただ、その基盤調達に時間がかかるらしく、良品交換もできるがどうかとの提案。入院中の本体にはVRC-NW10で録画した未バックアップの動画データが格納されており、良品交換ならそれをコピーしてくれるとありがたいのだがとお願いしてみた、さすがにそれは無理とのこと。交換用の新品調達にも少し時間がかかるとのことだったんで、ひとまず入院中の本体を送ってもらい、データをバックアップすることに。新品はセンターに届き次第自宅に発送され、宅配時に不具合品と交換することになった。てことで、個人的な不具合問題の解決にはもう少し時間がかかりそう。

続きを読む

ウォークマンX1060のデジタルノイキャン不具合が直らず入院

プチつぶやきにてデジタルノイキャン機能の不調を訴えていたウォークマンNW-X1000シリーズicon(X1060/BI)。結局、何をどうしても改善しないので、銀座ソニービルのお客様相談コーナーに持ち込んだ。

090508_sonybuil担当してくれた男性アテンダントに症状を伝え、実機で右のイヤホンからノイズが発生しているのを確認してもらう。これまで、同様の症状が確認できているかを事業部に問い合わせてもらったが今のところ無いとのこと。

専用イヤホンの不調か、本体の不調かが判断できないため、階下のショールームからX1000のイヤホンを借用してきてくれたので、自分のX1060で試してみると…なんとノイズが発生。てことで、イヤホンじゃなくて本体側になんらかの不具合があることが判明。

詳細チェックと必要であればということで修理をお願いした。念のためイヤホン一式も預けた。チェック(修理)に1週間から十日かかるかもしれないが出来るだけ早急に対処するとのことで、アテンダントさんによろしくお願いしてきた。(身分は明かしてないけど、こうしてエントリーしちゃうとバレバレだよな…)

ちなみに、今回の不具合は右耳からだけノイズが発生しており、おそらくは逆位相のノイズがそのまま聞こえているのではないかと思う。タイミング良く、My Sonyメルマガで「ソニーが世界に先駆けるデジタルノイズキャンセリングの技術」が紹介されたけど、ここでいうDNCソフトウェアエンジンに不具合があるのかな…。

ま、戻ってきた時に原因がわかると思うので、詳細は後日またエントリーしまーす。

ウォークマン「NW-X1000」ファーストインプレッション

iconicon昨日電撃発表されたウォークマン「NW-X1000シリーズicon」。毎度の如く、現物見る前に注文しちゃった。注文したのは久しぶりの限定モデル。音楽はAALやPCMのできるだけ高音質で聞きたいし、有機ELで動画をめいっぱい楽しみたいので、容量は多ければ多いほどよいてことで。あとソニーポイントが少々残っていてノーマルモデルとの差額が埋まったんで。

でもって、ポチっとしたあとに銀座ソニービルOPUSの先行展示イベントにちょぴっと参加っしてきた。イベントではOPUSのスクリーンを使い、X1000シリーズの概要と基本的な操作方法の解説もあった。担当はSMOJの野田さん。かつてCLIEのルプランやRollyを担当していた人。

今回のXシリーズでは「音質体験の変革」、「画質体験の変革」、「操作体験の変革」、「コンテンツ入手体験の変革」という4つの体験変革を目指して開発されたとか。前半の2つはソニーお得意のハード、後半の2つはどちらかと言えば苦手なソフトやサービスにも関わる重要な要素。

高音質と高画質はデジタルノイキャン採用と相まってほぼ行き着いた感がある。実際、音も良いし画もキレイだった。全体的な操作感も良かった。短時間しか触ってないけど、もたるようなシチュエーションに遭遇することはなかった。iPhoneに慣れた身ゆえの一部タッチ操作への違和感こそあったけど、全般的に動作は快適。てことで3つ目まではかなりの好感触。

4つ目のコンテンツ入手体験は、脱PC(単体でネットにアクセス)的なこと含め、他社に先行されているところもあるので、決済とまではいかないとしても楽曲試聴ぐらいできるぐらいまで行って欲しかったか気もする。SonicStageも金の出所の関係でMora(レーベルゲート)色が濃くなってきている。ドラッグ&ドロップ対応もこうした事情と無関係じゃないのかも。AVコンテンツの集約サービスという意味では今後のPS Storeとの連携が重要だし、サービスに合わせてPC用のアプリもブラッシュアップされることだろう。というかしてほしい。ちなみに、ACCESSのWebブラウザはちょっともっさりしていたような気がする。WiFi環境に依存する部分もあるのだろうけど…。

iconicon以下その他諸々。Bluetooth搭載ならなお良かったけど筐体の素材を考えると難しかったのかな…。ちなみに、Bluetoothトランスミッター(NWB1)も、ビデオレコーディングクレードルも、X1000で問題なく使えるとか。それと、IT系メディアのニュースにも載ってたけど、有機ELは他社製だそうな。でもってソニスタ限定のアイスブラックはものすごく指紋が目立つ。クロスがおまけにつくわけだ。あと、ノイキャンのコネクタも変更があったようで3極コネクタの出っ張りが無くなってた。

てなことで、実機を触ってみて、ポチったことを後悔しないですんだかなあという印象。久々、ウォークマンでは高い買い物だったんで。あとの細かいインプレは現物を使い込んでみてから。

それから先日Xシリーズ正式発表を教えてくださったmratsさんからソニービルのトークイベントについて情報をいただきました。(感謝です!)

こんにちは。昨日夜、勤務先が近いので軽~い気持ちでソニービルのトークイベントに行って参りました(SPAさんもひょっとしたら来られていたかも知れないな・・と思いながら)。観客からの質問は「Bluetoothはなぜ搭載してないの?」「ヘッドホンが前と同じなのはなぜ?」「どうして鉱物テイストの表面デザインなの?」「お まかせチャンネルに対応しないのはなぜ?」「ブラウザのアップデートは?」などなど、ややつっこんだ辛口の質問でしたね。みんな感じることは似ているなと 思いながらきいていました。パネリストの方や司会のソニーマーケティングの方も「いや~苦しい言い訳ですが・・」と漏らしながらもちゃんと回答されていました。おそらく来場者の方も、期待値が高いからこその辛口質問なんだなと思いました。自分も試聴しましたが、とても素直な音で、イコライザをかけたりするとサッと表情を変える印象でした。有機ELも映像や文字がクッキリして好印象でした。ジャケット写真を指でサーッと動かすのは、おもしろいけどまあ最初だけかも。とりあえずこういうイベントをやること自体、ソニーのXシリーズへの思い入れが強いということでしょうし、その空気を感じて帰りました。商品企画の方が言っていた「すごい幕の内弁当」は、市場にどのように評価されるのか楽しみです。

ありがとうございます。自分は早めに行ったんでトークイベントはスルーしました。製品への突っ込みは現物を届いてからゆっくりと…。とにかく、ハードとしては良くできていますよねー。

(続きを読む…以降に製品とプレゼンスライドの一部の画像集) 続きを読む

ソニー、ウォークマンのフラッグシップモデル「NW-X1000」シリーズを4/25に発売~S-Master、デジタルノイキャン、有機EL、ワンセグ、Wi-Fi搭載

独自のデジタルオーディオ技術で原音に近い音楽再生を実現 高音質・高画質技術を結集した“ウォークマン”Xシリーズ登場-フルデジタルアンプ・デジタルノイズキャンセリング機能・3.0型ワイド有機ELディスプレイ搭載-(ソニー製品情報)
“ウォークマン”Xシリーズ(ウォークマンオフィシャルサイト)

iconiconソニーは、フルデジタルアンプやデジタルノイズキャンセリング機能など、6種類のデジタルクリアオーディオテクノロジーを搭載し、3.0型ワイド有機 ELディスプレイ採用で高音質・高画質を実現したウォークマンのフラッグシップモデル「NW-X1000シリーズicon」2機種を4/25に発売すると発表。主な特長は以下の通り。

  1. フルデジタルアンプ“S-Master”など高音質再生を実現する6種類のデジタルクリアオーディオテクノロジーを採用
  2. 3.0 型ワイド有機ELディスプレイ搭載による高画質な動画・静止画再生
  3. タッチパネル操作&ボタン操作を両立するハイブリッドオペレーション
  4. 無線LANを搭載し、インターネット接続に対応
  5. ワンセグTV、FMラジオ、マルチコーデック対応などの高付加価値機能を搭載

iconicon価格はオープンでソニスタ販売価格は、メモリー32GBのNW-X1060が49,800円、同16GBのNW-X1050が39,800円。アルミフレーム専用のメッキ加工法を採用したボディが売りの限定モデル「アイスブラック(NW-X1060/BIicon)」も用意されており、こちらは少々割高な52,800円。

本日(4/14)より、銀座、お台場、心斎橋のソニー(スタイル)ショールームにて先行展示が始まるほか、本日に限り、銀座ソニービル8Fの「OPUS」で特別な先行体験会が実施されるとか(17時から20時まで)。

内蔵メモリー32GB、デジタルノイキャン、3型ワイド有機ELディスプレイ搭載など、初物づくしな高付加価値モデル。日本の市場性を鑑み、ワンセグにもしっかり対応してきたが、残念ながらBluetoothは非搭載。Webブラウザは「NetFront Browser for Walkman」だそうで、出来のほどが気になるところ。ネフロならウィジェット的なモノを追加して機能拡張を期待してしまうけど、スペックを見る限りは出来なさそう。

にしても強気の価格。スタメンクーポン使えばなんとか16GBモデルで3.5万ほどに。何はともあれ、現物をじっくり見たい。感想はそれから。(お知らせ感謝っす>mratsさん。とりあえず悩みます。)

続きを読む