カテゴリー : VAIO

2014/04/07版ソニー関連トピック〜必見、歴代VAIO徹底解明トークレポ

vu_cux

歴代VAIOの開発者が当時を語る! ニコ生『これで見納め!? ソニー VAIO×Office 徹底解明』レポート
小型薄型ではtype U、type P、type Xへの流れが自分にとっての全盛。今も全て保管しています。その後、Zシリーズ初購入となったZ2が結果的に最後のVAIOに…。2011年8月から使い続けているけど、いまもって快適に使えている。Windows OSそのものが変革の時期を迎えていますが、それが無印VAIOの追い風になることを祈ってます。VOM受注終了まであと2週間。

ソニーのVAIO「思い出の名機」を偲ぶ
SPAといっても日刊SPA。本田雅一氏の言葉を借りてVAIOの名機を振り返る企画。伝説のモデルは98~00年あたりに集中しているとして、98年のPCG-C1、00年のGTをチョイス。type Uも忘れがたいとか。00年、ソニー主催のPalmwareコンテストで優勝した山田さんがGTをゲットしたことを思い出しました。

続きを読む

2014/04/02版ソニー関連トピック〜Xperia Z Ultra用パワーカバーがソニーストアで4/11発売

cp12

Xperia Z Ultra用ケース&カバー「CP12」
auでしか買えなかったXperia Z Ultra用のバッテリー内蔵のパワーカバー「CP12」がソニーストアで買えるようになってます。2014年4月11日発売予定で価格は税別17,000円。ソニーポイントの10%還元(1,700ポイント)があります。バッテリ容量は3,000mAh/3.8Vで重さは290g。

ソニーの凋落に見る日本企業の経営者問題
nippon.comなるサイトで一時的に人気を集めている一橋大学イノベーション研究センター米倉教授のコラム。「ソニーの凋落における問題は、求められる戦略と経営能力との間のミスマッチと経営責任の曖昧性であり、それはまた他の日本の製造業に通じる問題でもある」というのが言いたいことらしい。ちなみに、教授がこのサイトに寄稿したコラムは今回のものを含めてたったの2つ…。

山形)ルネサスの看板、SONYに付け替え 鶴岡工場
御殿山のNSビルのSONYは度の会社のロゴに付け替えられるのだろうか…。ルネサスと言えば、こんな報道も…>アップル、ルネサス半導体子会社の買収交渉

続きを読む

2014/03/26版ソニー関連トピック〜ソニー縛りが無くなったVAIOは今後も新たな価値を提供し続けられるのか

vaioPCV-T720
デスクトップ進化史(2) 「DOS/V」登場で98時代に終止符、そして「VAIO」と「iMac」の衝撃
日経パソコン2013年10月14日号に掲載された記事。最後のページのソニー業務執行役員SVP赤羽良介氏の「VAIOは、今後も新たな価値を提供し続けます」とのコメントを読むと泣けてきます。

手を伸ばせば届きそうなリアル感――「現実×仮想」が生み出すビジネスの可能性
市場は小さいかもしれないけど、テレビのようなレッドオーシャンにはなりにくいかもね。単価も高いし利益も生み出してくれるのでは。Facebookに負けるようなことになったら終わりだろうけど…>Oculus Joins Facebook

「CMOSのソニー」に忍び寄るサムスン 14年度もスマホ向けセンサー大幅拡大だが・・
ソニー調べで13年度は世界のスマホの44%に同社製CMOSセンサーが搭載される見込みだそう。13年の世界シェア(金額ベース)見込みはソニーが33%で1位で米オムニビジョンが16%で2位。14%で3位のサムスンは最新モデルで自社製CMOSセンサーを搭載。ソニーに撮ってだけ気になるとか。

続きを読む

No tags for this post.

2014/03/24版ソニー関連トピック〜ヱヴァンゲリヲンとコラボしたウォークマンFが4月発売

eva_wm
ウォークマン Fシリーズ ヱヴァンゲリヲンモデル
ソニーストアでアニメ「ヱヴァンゲリヲン」とコラボするハイレゾ対応ウォークマン「ウォークマン Fシリーズ ヱヴァンゲリヲンモデル」が発売されるらしい。4月下旬よりソニーストアで予約受付開始とか。原作に登場したのはDATウォークマンなので、筐体の外観デザインや壁紙などがカスタム仕様になりそうですね。ま、中身は所詮ウォークマンF。つられちゃダメだ、つられちゃダメだ、つられちゃダメだ…。

「VAIO TV with nasne(TM)」各バージョンの「追加される機能」と「解決される問題」について
VAIO TV with nasneがアップデート。nasneに録画した番組とVAIOに転送した番組のチャプター情報の表示・操作に対応したとか。ところで、ソニーのVAIO事業が終了後、このソフトはどうなるのだろう。ソニー縛りが無くなるのなら汎用版を有償提供する手もあるね。Mac版の需要もありそう…。

なぜソニーのスピーカー「SRS-X5」が春の新生活におススメなのか
四本さんのレビュー。四本さんならではの言い回しが楽しい。MINI JAMBOXとSoundLink Miniを交えて比較してますが、「音質対重量比という性能指標があるとしたら、完敗」ながら、「音質対価格比で言えば、これはもう圧勝と言いたいです、私の個人的評価では」とのこと。パワーに余裕があるんですって。また、「Bluetoothのスタンバイが効く」点も評価高いようです。

続きを読む

2014/03/20版ソニー関連トピック〜ハイレゾ対応で圧縮音源もアップスケーリング可能なオーディオプレイヤーシステム「MAP-S1」

main_visual

ハイレゾ対応でCDや圧縮音源、Bluetooth接続したスマホの音源もアップスケーリング可能なソニーのオーディオプレイヤーシステム「MAP-S1」(Bluetooth Music Labo)
DSD(2.8MHz)を含むハイレゾ音源の再生に対応し、CDおよび圧縮音源を最大192kHz/24bitまでアップスケールする独自技術DSEE HXを搭載したマルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」と、同機と組み合わせて使うピアノ塗装仕上げのスピーカーシステム「SS-HW1」を4月19日に発売すると発表。価格はオープンで市場予想価格は「MAP-S1」が税抜き65,000円前後、「SS-HW1」が税抜き56,000円前後。

「Media Go 2.7」ダウンロードサービス開始のお知らせ
Media Goに保存されているコンテンツをネットワーク経由で再生可能。対象製品は、MAP-S1、CMT-SBT300W、CMT-BT80W、SRS-X9、SRS-X7。また、DSD形式の音楽ファイルをDSDフォーマット再生対応のウォークマンに転送可能。対象ウォークマンはNW-ZX1、NW-F887、NW-F886、NW-F885で、
2014年4月下旬公開予定本体ソフトウェアアップデート
にて対応可能になるようです。

ソニー、部品メーカー選別 4分の1の250社に
部品調達先約1000社のうち有力な250社を選別。発注量を増やすことで最先端部品を優先的に購入。製品開発期間を約2割短縮し、商品の競争力を高めるほか、調達コストも100億円削減を目指すとか。

続きを読む

VAIOオーナーメードモデルは2014/4/20で受注終了

vaiofit_last

「VAIOオーナーメードモデル」「VAIO法人向けカスタマイズモデル」
受注終了のお知らせ

ソニーが「VAIOオーナーメードモデル」を2014年4月20日(日)23:00に、「VAIO法人向けカスタマイズモデル」を2014年3月31日(月)23:59に受注を終了予定していることを正式発表しました。

続きを読む

No tags for this post.