タグ : type Z

ネットブックは2~3台目のPCとして購入される

【特別企画】台湾ネットブック開発者インタビュー【Acer編】

Aspire oneの人気で日本で一気に認知度がアップしたAcer。同社モバイルコンピューティングビジネスユニット担当副社長が語るネットブック戦略。「2009年以降は、より日本市場を見据えた製品を出していきたい」とか。

インタビューはともかく、ネットブックとノートブックは別物とする記事後半に注目。ネッドブックは2~3台目のPCとして購入され、ネットブックの成功がノートブックにも大きな影響をもたらしていくんじゃなかろうかって話です。

極端な言い方だけど、type Zやtype Tのユーザーが、(微妙に違うけど)type Uも買ってくれるようなもんじゃないですか。買い換えじゃなくて買い増し。やらなきゃそんそん、ですね…。

iconicon

そうえいば、もうすぐですねー。800ドルのノートブック、出るのかーっ!>開催迫るノートブック関連プレスイベント–アップルの発表に高まる期待米Apple社、1000ドル以下のノートブックを発売か:「リーク写真」も

続きを読む

ソニー、世界最小・最軽量のBlu-rayディスクドライブ搭載ノートPC VAIO「type T」を正式発表

個人向けVAIOパーソナルコンピューター新製品発売のご案内(VAIOオフィシャル)
世界最小・最軽量 ブルーレイディスクドライブ搭載ノートパソコンを発売(ソニー製品情報)

ソニーがVAIO 2008年秋モデルを発表。Blu-ray(BD)ディスクドライブを搭載したノートPCでは世界最小・最軽量となる「type Ticon」と新デザインと2色のカラバリを用意した「type Nicon」がトピックスで取り上げられています。ちなみにモバイル系は全機種10/4に一斉発売でソニスタではすでに受注スタートしてます。

また、日本以外の海外の対象国または地域で正常な使用状態において故障が生じた場合、本製品ご購入から1年間、現地での無料修理を承るサービス「International Repair Service Program(国際修理プログラム)」と、VAIO購入後にSSDアップグレードが可能な「SSD(Solid State Drive)アップグレードサービス」の提供についても同時に発表されています。

type T
iconiconBDドライブ搭載で、軽さ約1.25kg、本体サイズは約幅279×高さ23.5×奥行199.8mmのコンパクトサイズ。16:9ワイド画面の[クリアソリッド液晶](リッチカラー)搭載。周囲の騒音を低減する「ノイズキャンセリング機能」と高音質サウンドチップ「Sound Reality」が、ハイエンドオーディオに迫るクリアで臨場感ある音を再現。ソニー独自の省電力技術「VAIO エナジーセーブテクノロジー」を採用し、「急速充電」やバッテリーの長寿命に貢献する「いたわり充電」など、モバイルでの使い勝手を向上するインテリジェント機能を搭載。パフォーマンスと省エネを両立し、最長約17時間の長時間駆動を実現。オーナーメードモデルでは、世界初となるSSDで約256GB(約128GB×2)など幅広いストレージの選択肢を用意。

ちなみに、オーナーメードは最小構成価格で174,800円~。SSD×2のほぼ全部入りで軽く40万オーバー。グレースゴールドモデルのプレミアムデザインはまさに貴族のおPC…。あと、type Nは最小構成で79,800円~。ちまたのちょい高めなネットブックと同等の価格なんですよね、実は…。

続きを読む

5万で買えるPCを使いこなす楽しみ

5万円以下も登場でミニノートブーム拡大、国内大手はいつ動く?

ソニーも、「2009年度には、安価な小型ノートPCの投入は避けては通れない」と、参入の姿勢を見せる

大河原克行さんのコラム。PC Watchのインタビューで石田本部長が語ったことがそのままこちらにも。最近のライターさんは似た内容のコラムをあちこち書いてお金稼いでいるんですね。効率良いなあ…。

ちなみに、PC Watchの「買い物山脈」でVAIOモバイルのフラッグシップ「type Z」が取り上げられ絶賛の評価を得ていますが、総合的な結論にさりげに

今、国産ノートPCは、海外のネットブックにやや押され気味の状況にある。多少の性能/機能の犠牲があるとはいえ、やはり5万円でPCが買えるというのは魅力的

との記述もあったりします。5万で買えるPCを使いこなす楽しみはPDAを愛でる楽しみにも似ているのでしょうか。

続きを読む

VAIOは2010年1000万台1兆円の事業規模に(平均単価10万)

2010年に1,000万台出荷を目指すソニー・VAIOの新戦略~VAIO再定義の意味と新方針を石田本部長に聞く

大河原克行さんの「パソコン業界、東奔西走」。バイオ再定義と1兆円の事業規模に向けた戦略を石田佳久本部長が語ってます。2010年の1兆円売上達成時には約1,000万台の出荷規模が想定され、これがバイオ事業を維持するための最低限の領域とか。

iconicon1兆円÷1千万=10万円ですが、多種多様なプラットフォーム製品の流れに準拠した製品をソニーも投入していくという意味での単純平均であると強調。とはいえ、UMPCやネットブックなども、個別の区分けはともかく、視野に入れているのは確かであり、2009年度はAtom活用製品は避けては通れないとのコメントもあります。

続きを読む

人生初のHDDクラッシュ~これも何かの啓示か…

8/1の朝にVCLへと旅だった「type T(TX90PS)」のその後ですが、本日午後にVCLから電話連絡がありました。なんのことはない、HDDがお亡くなりだったそうです。データ救出も不可能とのこと。恐れていた最悪の事態でございます。はー(溜息)。それ以外に不具合は無いようで、単純な話、HDDの交換でおしまいということでした。交換費用もソニスタの3年保証でカバーできるということでしたが、見積もり費用の3,150円だけは徴収されます。

ちなみに、HDDのクラッシュは人生初体験。使ってきたPCは二桁を超え、外付HDDやらNASを何台も使ってきましたが、今の今まで一度もクラッシュしたこと無かったんですよね。過信は禁物。何が起こってもおかしくないのがHDDってことなんでしょうか。

悔やんだところでお仕事のデータは戻ってこないということですっぱり諦めますが、お付き合いいただいた方々の連絡先まで失ってしまったのはつらいし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。名刺をもらっていない人も多かったんで…。(人間関係もリセットできたらどれだけ楽か…ってそれを言っちゃあ、おしまいよ)

あとHDD交換後のtype Tは工場初期出荷状態らしいので、環境の再構築にもかなりの時間がかかりそうっす。Windowsアップデートの手間を考えただけで嫌になります。余計なアプリは入れるつもりはないのですが、お仕事絡みでどうしても必要なものがあるんですよね…。

いずれにしても、今回のバイオトラブルはいろいろな意味で貴重な経験になりました。これも何かの啓示と勝手に解釈して、身の回りの事を見直し始めました。まずは契約しているレンタルサーバー。仕事絡みを含め、三社と契約していたんですが、年間の維持費もバカにならないので一社にまとめることにしました。うまくいけば年間で5万円以上の節約になりそうです。だからといって、type ZやiPhoneが買えるわけではないのですが…。また、これを機に当サイトの更新に使っているシステムなども見直そうかなと思ってます。

ということで、クリクラのサーバーについてはすでに作業に入っておりまして、DNSの変更に時間がかかるため、一時的にサイトが表示されない状態になってます。そのうちにまともに動くようになると思いますのでしばしお時間をくださいませ…ってもう誰も見てないか。また、今後どこかのタイミングで当サイトも表示されない、表示されてもどこかおかしい、といった不具合が起きる可能性がありますが、先述の理由ゆえ何とぞご了承くださいませ。

てなことで、久しぶりにドメイン管理やDNSの変更やサーバーの各種設定、CMSの勉強といった慣れない事に手を出して、頭がパンク気味。バイオのHDDに続き、今後クラッシュする可能性があるのは自分自身なのかもしれません…。

(私信:なかなか返信できないですいません>最近メールをくださった皆様)

VCLが法人向けWindows XPダウングレード情報を掲載~低価格PCの話題も

Windows XP ダウングレード情報(VAIO | 法人向けサポート)

バイオ法人サポートに「Windows XP ダウングレード情報」が掲載されました。製品に添付される「Windows XP Professional インストールディスク」を使用して、購入時のOS(Vista Ultimate/Buisiness)を Windows XP Professional Service Pack 2にダウングレードすることができるそうです。対象製品は、VGN-BZAAFS・BZAAPS 、VGN-SR90FS、VGN-G2ABFS・G2ABPS、VGN-Z90FS・Z90PS。なお、ダウングレードした場合、一部機能に制限が発生するそうです>XP ダウングレードにおける制限事項

iconiconあくまで法人向けなんですね。にしても制限事項がすごい。そこまで制限されるなら素直にVistaで使った方がむしろ快適だったりして…(>「Vistaは使いにくい」は、真実なのか)。そういえば、ソニスタの「type Zicon」受注は本日13時だそうですー。

依然として続くWindows XPの駆け込み需要~PC販売台数は前年上回る、Macは12カ月連続2桁増

今も続くWindows XPの需要に関してはこんなニュースも。MSのOEM版提供終了による駆け込み需要や低価格PCにXPが搭載されたことが主な要因。ちなみに、7月の量販店店頭におけるPC販売台数で低価格PCの販売比率が約3分の1を占めているそうです。

時代に逆行、なぜデジタル機器は値下がり続ける?

こちらは大河原克行さんのコラムですが、パソコンに関しては、「原材料費の値上がりを背景にした部品価格の上昇」、原油高を背景にした輸送コストの上昇」などが生産コストに影響しはじめているとして、価格下落がこのまま続くとは言いがたいとまとめていました。

アップルの新製品が何かを考察してみた
Lenovoも小型ノートPC参入。399ドルから

低価格PCといえば、タッチ式画面搭載の小型Macの噂が話題に。本体価格は800ドル未満ですって…。あと、ついにLenovoも低価格小型ノートに参入だそうで、驚きの399ドルから。さあどうする、ソニー…。

続きを読む