タグ : NW-X1000

デジタルノイキャンヘッドホン「MDR-NC300D」のレビュー集

フルデジタルNCイヤフォン ソニー「MDR-NC300D」を試す

ITmediaによるインナーイヤータイプのデジタルノイキャンヘッドホン「MDR-NC300Dicon」のレビュー。

iconiconノイキャン効果も高く、フルオートのモード切替も自然なようですが、S-Masterに関してはあまり効果が感じられなかったとしています。フラットで耳障りの良いサウンドは万人向け。ウォークマンNW-X1000のような音響特性(解像感の高さや、きらめくような硬質感)には期待しない方がよいとしていました。インナーイヤータイプで強力なNC効果が欲しい人で宅内や航空機内での利用がメインなら自信を持って勧められるとか。

とりあえずこれで大手のIT系メディアのレビューが出そろったでしょうか。てことで、良い機会なのでNC300Dがらみのレビューをまとめてクリッピングしておくことにします。

各社のレビューを読んで買わない理由を見つけてます。自分もゲットしてレビューしたいところなんですが、先立つものが無い状況なもんで…。

続きを読む

手持ちのプレイヤーにNC300Dを組み合わせるか、トータル性能が高いウォークマンXにするか…

ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す – ノイズキャンセリング効果とサウンド
デジタルノイズキャンセングヘッドホン「MDR-NC300D」

iconiconマイコミジャーナル、村田修さんのコラム「暮らしのサウンドビジュアル」で、NW-X1000シリーズiconとデジタルノイキャンヘッドホンの新製品「MDR-NC300Dicon」が取り上げられていました。

前者はこちらで取り上げた内容の続きで、ノイキャン機能と音質に関するレビュー。後者は「インテグレーテッドDNCプロセッサ」がウォークマンXでも使われていると言うことで、両者の比較コメントが多い点に注目。

MDR-NC300Dは、高性能なノイズキャンセリング機能と高音質を求める方向けの選択肢で、すでに何らかのオーディオプレーヤーを持っている人や航空機に乗る機会が多い人にとって、高音質なノイズキャンセリングシステムになるだろうとしていました。

iconicon一方、ウォークマンXのデジタルノイキャンの部分は、NC300Dの単なるローコスト版でなく、本体を含めた一つのシステムとしてまとまっているとか。プレーヤー込みで購入検討するならトータル性能が高いウォークマンXもお勧めしたいとのこと。

ちなみに、村田さん的にはどちらも音の傾向は似ているとのことでした。NC300Dについてはこちらで取り上げているレビューも参考になると思います。

ウォークマンXシリーズ専用クリアケースの改善品無償交換受付がスタート

“ウォークマン”専用 クリアキャリングケース 「CKH-NWX1000」 無償交換と販売再開のお知らせ(ウォークマンサポート)

ウォークマンNW-X1000シリーズicon(NW-X1050/X1060)専用クリアキャリングケース「CKH-NWX1000icon」の改善品の生産が開始されたとかで、既購入者向けに改善品の無償交換の受付が開始されてます。該当製品をお持ちの方はソニー「ウォークマン”専用コールセンター」(0120-320-424)に電話して2010年1月26日までに手続きを行ってください。

iconiconなお、改善品は構造変更によりケースの装着方法が(コインなどを使うタイプに)変更されています。また、改善品の発送並びに現在停止している販売再開は7月上旬予定とか。

早速電話してみたら、本体のシリアルNoまで聞いてきたので、何でそんなものが必要なんだと突っぱねたら、今度は1060か1050かどちらか教えろと聞いてきた。メモリー量の違いで何か差があるのか?腹立たしくなってきたので、電話以外に申し込む方法はないのかと聞いたら無いだって。いたずら防止なのかもしれないが、一人あたりの対応時間も長くなるだけ。無駄が多すぎだよ…。ちなみに改善品に同梱の封筒で不具合品を返送するそうな。

つーか、Xシリーズがらみではホントついてないな、俺。

ソニー、SonicStage最新版とWシリーズサポートページとXシリーズユーザー向け無線LAN使い方ガイドを公開

ヘッドホン一体型ウォークマンWシリーズの出荷が始まった6月11日、同機のサポートページの掲載、並びに同機に対応したSonicStageの最新版ver.5.2公開、並びにウォークマンXシリーズユーザー向けの無線LAN使いかたガイドが公開されました。

「SonicStage V(ver.5.2)ダウンロードサービス」のご案内
NWD-W202の製品別サポートページ
無線LANの設定や使いかたがわかる「無線LAN使いかたガイド」

SonicStageの対象機種は、A80x/A82x/A91x、S20x/S60x/S70x/S61x/S71x/S63x/S73x 、E00x/E01x/E02x/E04x、X1050/X1060、W202のほか、Rolly2機種(SEP-50BT、SEP-10BT)。画面解像度「1024 x 600」と、Windows Vista SP2 にも対応しています。

wm202_090611

自分のところにもW202が届きました。まだまだ使い始めたばかりですが、ハード、ソフト含め、割り切り方が面白いです。短所も多いですが、克服できる内容も多く、発展のさせ方によっては結構大化けするかも…。とりあえず現時点で一番気になるのは音漏れかなあ…。ボリュームが全体の半分ぐらいで音漏れが顕著っす。自分はジョギングにしか使うつもりがないので気にはならないのですが、通勤通学の車内で使おうと思ってる人は注意が必要かも…。てことでインプレはもう少し使い込んでから。

続きを読む

ウォークマンXの操作性は画面右下の「オプションメニュー」がキモ

ウォークマン最高モデル Xシリーズを試す – 操作性と付属機能

マイコミジャーナル、村田修さんの「暮らしのサウンドビジュアル」にウォークマンNW-X1000シリーズiconが取り上げられました。初回は 操作性と付属機能編。Xシリーズの基本操作はタッチパネルですが、どのモードにあっても画面右下にある「オプションメニュー」で各種機能にアクセスできたり、反対にどのモードでもHOMEボタンでトップメニューに戻れるのが便利とのこと。

iconiconFMチューナーの感度が良い話とWebブラウザがいまいち的な話をはさみつつ、搭載されていない機能として、ボイスレコーディング、外部ストレージの利用、ネットワークメディアプレーヤーをあげ、ネットジュークやBDレコーダーで採用済みのDLNAが搭載されるとさらに便利になるだろうと締めくくっています。次回は、デジタルノイズキャンセリングヘッドホンと音質編とか。

再生できるフォーマットが増えたこととD&D対応が相乗効果となって使いやすさに繋がっているっぽいような話も出てきますね。個人的には色々とあるかもしれないけどそれでもBluetooth積んで欲しかったなあという気がしてます。

WALKMAN NW-X1000シリーズ用シェルジャケット

ウォークマンXといえば、あのレイ・アウトがまたも専用ケースの新製品を発表。シルエットを損なうことなく背面と側面を保護するポリカーボネイト製のハードケース「シェルジャケット」だそうです。iPhone用のエアジャケットのように背面に装着するタイプのようです。液晶保護シート付きで1,980円。6月中旬発売とか。(Amazonでは6/6現在、1,477円で予約受付中)

[tmkm-amazon]B002C4U0F2[/tmkm-amazon]

ウォークマンと言えば、メルマガでソニスタのWシリーズ「NWD-W202icon」の先行販売が6/8 13:00に決定したとの連絡が入りましたね。どれぐらい売れるんだろうなあ…。

続きを読む

ソニスタ、ウォークマンX&Wシリーズの海外向け最新モデルを販売

今頃気がつきましたが、ソニスタでウォークマンWシリーズ『NWZ-W202/JEicon』とXシリーズ『NWZ-X1050/JEicon』のオーバーシーズモデルが発売されるんですね。価格は税込で前者が10,479円、後者が41,790円。

iconiconW202は国内モデルにはない、バイオレットカラーを加えた5色展開になるようです。バイオレット、良いですねー。値段も国内モデルとさほど変わらないし…。X1050はメニュー言語に日本語もあります。航空機アダプターが付くなど、国内と付属品も色々違うようです。

ちなみに、Xはスタメンクーポン&elio決済で3%オフ対象ですが、Wは記載がありません。受注する時点で対応するのかなあ…。