タグ : AOR

2012/08/26のつぶやき


■ FIRST LIGHT / 松下誠■ YOSHINO FUJIMAL / 芳野藤丸
久しぶりに金澤師匠の「Light Mellow on the web ~ turntable diary ~」を覗いてみたら、松下誠&芳野藤丸両氏のソロが9月に、AB’Sのアルバム4枚が10月に再発されるとのこと。松下氏のソロは大傑作の1枚目「FIRST LIGHT」だけでなく、プログレに突き進む2枚目「THE PRESSURES AND THE PLEASURES」と、その後のParadigm Shiftへと繋がる重要な3枚目「QUIET SKIES」までもがCD化されると聞いて小躍りモード。松下氏のアルバムは諸般の事情により、タワーレコード限定で、1stアルバムはあのオリジナルジャケ写が使えないらしいが、もう出るだけで十分OKです。

続きを読む

2012/08/10のつぶやき


ハートエイク (SHM-CD生産限定紙ジャケット仕様)
渋谷のタワレコでようやくゲット。AORの名作中の名作と言われていたようだけど、実際に聴くのは初めて。82年の作品なら貸しレコード屋(!)で見かけていたはずなんだけど正直記憶に無い…。ともあれ、30年越しにこうして聴けることに喜びひとしお。聞きながら書いてるけど、いやー甘いね~。AirPlayのカバーもかっちりというよりまったり系で身構えずに聴けて良い。こりゃ名作と言われるだけあるわ…。

ソニー Xperia タブレット (仮) に新画像、薄型化&幅広ベゼル健在
570gのマグネシウム合金ボディでバッテリー容量は6000mAh。価格は16GBモデルが399.99ドル、32GBが499.99ドル、64GBが599.99ドルで9月発売らしい。日本は32GBで49,800円かな。国内向けはnasne連携が売りに出来るので初代よりは売りやすそう…。

ソニーが標榜する「ONE SONY」を具体化する「SONY Tablet」を試す
放送アナリストなる方がICS化したTablet Sを評価。前半はSENのサービス、後半にnasneとRECOPLAの話題。nasneとの連携は「次世代に向けたテレビ視聴スタイルの提案につながる可能性がある」とのこと。

ソニーが目指すのは人々の行動を変える新製品-平井CEO
平井氏がiPhoneのように人々の行動を変える新製品を展開していくと明言し、モバイル分野を中心に開発するための体制づくりに着手。課題の1つは「消費者の行動を根本的に変える製品」が投入できるかどうかの見極めとか。どんな製品を考えてるんだろう。人のふんどしを借りずに独自に(Vita OS?)で攻めて欲しいけどなあ…。

2万円以下で買える高音質ヘッドフォンを探せ!
ソニー製がXBA-3SL、XBA-4SL、MDR-NC33、MDR-NC100D。価格別ではBAシリーズが良いところまでいくがトップが取れない。

続きを読む

2012/08/06のつぶやき


※岩崎元是&Windyの再発CDがあまりに良いので、岩崎元是氏の07年リリースの最新アルバム「FOR A LONG TIME」と08年リリースのシングル「Summery」を速攻ゲット。どちらも素晴らしい出来。ウォール・オブ・サウンドが心地よくてもうたまらん。達郎さんを彷彿とさせる一人アカペラのクオリティも半端無い。WindyのCD含め今夏の愛聴盤になりそう。

※別口で注文してあったPlayerの82年リリースの4thアルバム「Spies Of Life」もようやく到着。紙ジャケット盤は韓国プレスの転用なのね。韓国もAORファンが多いのかしらん…。ところでというか、いまさらというか、浜省の「MIDNIGHT FLIGHT―ひとりぼっちのクリスマス・イブ(CLUB SURF & SNOWBOUND収録)」って「IT ONLY HURTS WHEN I BREATHE」と似てません?ちなみに、浜省の方が後出し(87年)です。

ジェフ・ポーカロ セッション・ワークスII
お、ルーム335も入ってる!70年代後半からの彼のロック、ポップス、フュージョンへの貢献度は半端無いなあ…。今も生きていたらどんなドラムを叩いてくれたことだろう。

ソニー「いきなり業績予想を下方修正」でやっぱり心配
平井体勢で4カ月経過したが、早くもガバナビリティ(統治力)のなさが問われているとか。「ソニーに対する関心を失ってしまった」のは投資家だけじゃ無いよね…。シャープも大変そう…>5000人削減でも見えてこない、シャープの“明るい未来”

続きを読む

2012/03/20のつぶやき


※Reader StoreやBookWebで取り扱いが始まった京極夏彦氏のデビュー作「姑獲鳥の夏」。電子書籍なのに分冊して販売されてます。両方あわせて671円ですが、1冊目が170円で2冊目が500円と、なにやら戦略的な価格設定。随分と昔に新書版は読んだものの、内容はほとんど覚えてない…てことでKinoppy&Reader対応のBookWeb版をiPhone 4S経由で購入。iPadでKinoppyだけで本棚が自動同期。あー、なんて便利なんだ。Reader版もダイレクトでダウンロードできるようになると良いなあ…。ちなみに、iPadもKinoppy上で液晶の輝度を下げるとなんとなく電子ペーパーっぽくなって読みやすくなります。フォントはReaderの方が読みやすいかな…。さておき、大沢在昌、京極夏彦ときたら、次は宮部みゆきさんに来て欲しいんだけど、電子書籍はご本人が嫌いなんですかね。ゲーム好きでいらっしゃるし、デジタル系には精通なさっているイメージもあるんですが…。


アン・アイ・フォー・アン・アイ(オリジナル・エディション)(生産限定紙ジャケ)
発売日から遅れること三日。AORファンが待ち望んでいたデジタルリマスタリングとオリジナルジャケット&曲順のByrne & Barnesの唯一無二の名盤がようやく到着。何よ、この音の良さ。こうじゃなくっちゃね。韓国産らしいけど、とりあえずそんなことはお構いなし。ピクチャーCDにオリジナルの解説付き(小さすぎて字が読めないけど)。金澤師匠の尽力と素晴らしい仕事に感謝です。ちなみに、アルバムの中では「Love You Out Of Your Mind」「Keep On Running」「Right Through The Heart」あたりが大変好みでございます。さて、そろそろPagesの1stも最新リマスターで再発どうでしょう>エピックソニーさん。

2012/02/21のつぶやき


アン・アイ・フォー・アン・アイ(オリジナル・エディション)(生産限定紙ジャケ)
うぎゃー、バーン・アンド・バーンズの大傑作アルバムが24-bit didital remasteringのオリジナルジャケットで再発ですか。自分の中ではAORアルバムで5本の指に入る作品って事で当然ポチっとな。角松のセルフカバーと同日発売ってのものにくい…>REBIRTH 1 ~re-make best ~

マウントシステムでポータブルナビ『NV-U37』の魅力が格段アップ
ソニーストアでサインハウスのNV-U37用バイクマウントシステムが販売開始とか~。

※ソニーストアと言えば、テレビ用に販売された外付HDDがいつの間にかディスコン。久々の純正品だったけど、これでおしまいなんですか…。

遊びの会社と、背徳の香りと
ソニーが開発したデジカメ用の裏面照射型CMOSセンサの新技術絡みのコラム。

マキシム・ド・パリ 元ソニー人事部長の「型破り」高級パン
「新しいライフスタイルを提供するのがソニーの使命でした」と言うマキシム社長の寺川尚人氏は元ソニー人事部長。

続きを読む

2011/01/16のつぶやき


※先週購入したCD2枚。ひとつは中田利樹先生のAOR本に取り上げられていたフランスのポップシンガー「SHEILA」のアメリカ上陸作品の第二弾「Little Darlin’」。3曲目の「Stranded」はお馴染みAirplayのカバー。どんな出来かと思ったらオープニングのハーモニーが完璧。って、Tom KellyにRichard PageにBill Champlinが参加してるんだもの、当然だよね。もう1枚は懐かしのDeodatoの新譜「The Crossing」。何の気なしに店頭で視聴したらこれが大当たり。1曲目のフィーチャリングAl Jarreauで即ノックアウトっす。浮遊感あふれるエレピの音がとにかく気持ちよい。しばらくベビロテ決定~。

※PS3のアドパ経由でMHP3仲間が増えたんですが、MHP3のアドパプレイのためにPS3を狩ったもとい買った人の実に多いこと。モンハン効果はPSPだけじゃなくてPS3にまでも影響するんですな…。