タグ : A820

WM-PORT搭載ウォークマンをX-Yマイク搭載のPCMレコーダーに変身させる録音アダプタ

WM-PORT搭載ウォークマン® がX-Yマイク搭載のステレオICレコーダーに早変わり! 電池不要、つなげるだけで使える録音アダプタが新登場!(ロジテック)

ロジテックは、録音機能を搭載したWM-PORT搭載ウォークマンAシリーズおよびSシリーズ対応の高性能X-Yステレオマイク搭載録音アダプタ「LIC-WMREC03P」を8月中旬より発売すると発表。“Designed for Walkman”ライセンスプログラム準拠の製品で、ウォークマンのWM-PORTにダイレクトに接続することで音声録音が可能になります。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7,980円前後の見込みとか。その他の特長は以下の通り。

  • lic-wmrec03録音中に音声レベルが一定以上になると赤色に点灯して知らせる「ピークインジケーター」搭載
  • 録音レベルを最大-20dBまで下げられる(減衰させられる)「アッテネータ」搭載
  • 入力音量の急激な変化にも対応する「オートゲインコントロール機能」搭載
  • 外部入力(AUX端子)を装備し、外部ソースからも録音可能
  • 録音データはSonicStage等のソフトウェアでパソコンへと簡単にバックアップ可能
  • EUのRoHS指令に準拠した、環境にやさしい製品。

iconiconこいつがあれば手持ちのウォークマンがPCMレコーダーに変身しちゃうわけですね。Xシリーズで使えないのが残念ではありますが、ともあれこうした周辺機器が出てくること自体はとても喜ばしいことですよね。

いかんせん、ロジテックやサン電子などいつもの顔ぶればかりが目立っていることも確か。他のメーカーさんにもがんばって欲しいもんです…。って、ソニー自身がもっとパートナーを増やさないといかんのですよねー、きっと。

続きを読む

ソニスタで2009年5月15日15時から全商品の送料が無料に

ソニースタイル、全商品の送料が無料に

Style Memberメール5/8号の冒頭にも記載があったけど、2009年5月15日(金)15時から、ソニスタで全商品の送料が無料になる。こういうご時世に、随分と思い切ったことをするもんだ。なにはともあれ、利用者にとってはありがたい。

ちなみに、「定額給付金を使ってお得なクーポンicon」の終了期限が、全商品が送料無料になるタイミングと同じ、2009年5月15日(金)15時までになってる。

iconicon

あとGW明けのタイミングでAV機器関連の値下げが目立ってきた。ウォークマンA820や最新のBlu-rayレコーダー、ロケフリHomeHDなどが安くなってる。上の定額キャンペーンを利用してお得に買い物したい>ソニスタ最新情報icon(価格変更のタブにて確認できる)

旧型クレードル(NWU3)を改造(破壊?)してウォークマンXシリーズで使えるようにする

その後のバリエーション展開を予測できないソニーの無計画性がたたって、A820シリーズ以降のWM-PORT搭載ウォークマンで使えない過去の遺物と化してしまったウォークマン専用の汎用クレードル「BCR-NWU3」。トップの黒いパーツさえ外れれば、もしかしてX1000シリーズでも使えるのではと思ったのが運の尽き。

nwu3_kaizo_1

マイナスドライバーで力任せにグリグリしたら、バキバキッと割れる黒パーツ。なんだ、スチール製じゃなくてプラ製だったのか…。中の基盤が見えて初めて黒パーツがビス留めされていることに気がつく俺。

「ねえー、知ってるー。底面の滑り止めラバーを剥がして、3カ所あるビスを外すと黒パーツはすんなり外れるんだよー」とグリーンピーしばに言われたかどうかはともかく、ちゃんと観察すれば壊さずすんだと後悔する俺。

そんなこんなで、基盤むき出しになり、妙にサーバーチックになったNWU3。手前に重しが入っててちょっとびっくり。プラ製でもズシリと重かったのはコイツのせいか…。てことで、X1000が入るかトライ。

nwu3_kaizo_2

標準で付属するクレードルアタッチメントはすっぽり入るも不安定。ま、当たり前。そんなもん無くともコネクタにぷすりと挿せば立つ本体。不安定で危ないけどよしとしよう。

アタッチメント無しではゆとりありすぎ。てことで、専用クリアケースや専用レザーケースを装着した状態で試したが、全然いける。ちなみに、シリコンケース(<それも買ったのか)はストラップホールが邪魔になるけど、使えなくもないという感じ。

ちなみに、A820シリーズも、本体のみ、クリアケース、クリップ装着時、全てOK。

以上、ここ数日、プチつぶやき(twitter)に書いているように、手持ちのウォークマンNW-X1000シリーズicon(X1060)のデジタルノイキャン機能の不調で募るイライラをKAIZOならぬ破壊で解消したというお話し。

真似してWM-PORTがいかれてもこちとら責任とれないのでそこんとこヨロピクー。
最後の最後に、KAIZOは自己責任で!

ソニーのおでかけBlu-rayレコーダー新機種はアクトビラ ビデオにも対応~プレイリストのおでかけ転送も可能に

好みのテレビ番組の録り逃しを防ぐ多彩な録画機能を搭載。 「アクトビラ」に対応し、ハイビジョンの映画やドラマなどを家にいながら購入できる ブルーレイディスクレコーダー2機種発売~業界で初めて録画したテレビ番組も「アクトビラ」映像も、“ウォークマン”やPSP®などに転送可能~(ソニー製品情報)

ソニーがおでかけ対応Blu-rayディスクレコーダー「Aシリーズ」iconの新製品2機種、『BDZ-A950(HDD500GB)』と『BDZ-A750(HDD320GB)』を4/24に発売すると発表。従来までの便利で多彩な録画機能や独自の高画質回路“CREAS”搭載に加え、新たに「アクトビラ ビデオ」に対応し家にいながらハイビジョンの映画やドラマなどをレンタル・購入が可能に。録りためた番組は、「アクトビラ ビデオ・ダウンロードセル」で購入した映像を含め(業界初)、ウォークマンやPSPなどにワンタッチで簡単に高速転送可能。家庭内LANを通じてDLNA対応テレビやパソコンへレコーダー内の映像を伝送できる「ホームサーバー機能」も搭載。市場推定価格はA950が170,000円前後、A750が140,000円前後。

iconiconちなみに、地上・BS・110度CSデジタル放送、地上アナログ放送、「アクトビラ ビデオ・ダウンロードセル」などの映像が転送可能なウォークマンはA820、S730、S630シリーズとPSPは全機種。ウォークマンA910シリーズ以前のビデオ対応ウォークマンと一部の携帯電話はコピー制御信号を含まない映像(アナログ放送の録画番組など)のみ転送可能となっています。

2機種の違いはHDD容量だけみたいですね。個人的には我が家の環境では使い物にならないアクトビラ対応はどうでも良いとして、デジタル放送のプレイリスト映像のダビング/「おでかけ転送への対応がうらやましいです。これって当然再エンコード無しでってことですよね、たぶん。最近、我が家のスゴ録D900Aの調子がすこぶる悪く、録画失敗が頻発中なんです。次に買うなら絶対Aシリーズなんですけど、14万はまだまだ高いよなあ…。

続きを読む

ウォークマン旧機種を久しぶりに使ってみた

久しぶりにデスク周りを整理。しばらく使っていなかったソニーのポータブルオーディオ機器達のバッテリーを充電してみる。

NW-205Fを久しぶりにジョギングのお供に使ってみる。バッテリーの保ちは今ひとつだけど、シンプルで使いやすいし、とにかく軽いのが良い。スポーツ仕様はこれからも続けて欲しいなあ…。

ちょっとしたお出かけのお供にNW-S705Fを使ってみる。A820付属のロングケーブルとの組み合わせでも問題なく動作。このサイズでノイキャン内蔵はやっぱスゴイ。持った感じも見た目も個性的。そうだ、これが森澤デザインだ。

A808+NWB1やCDウォークマン+トランスミッターの組み合わせでBluetoothスピーカーを鳴らしてみる。ワイヤレスはやっぱ便利。NWB1が出たのってNW-S705Fと同時だったよな確か。でもって今だに販売される息の長い商品。ある意味スゴイ。

どれも発売から日がたつものばかりだけど、今更ながらどの機器も個性的だなあと思います。こいつらはよほどのことがない限り手放さないつもり。

ウォークマン系は新製品が出るとすぐに飛びついてしまいますが、昔のモデルも味があって良いモノですね。これからも気分に合わせて使い分けていこうと思いまーす。

ウォークマンA800絡みの小ネタとちょっとした告知

最近はビデオレコーディングクレードルやジョギング用途で使うことの多いウォークマンA808。専用の純正クリップがあるんですが、こいつをA820シリーズのクリップのようにスタンドにして使う方法を発見。たいした内容じゃないのでつぶやきにてメモ代わり。

用意するものは5円玉(1円玉でも可)ひとつ。手順は、クリップを開いて5円玉を垂直に挟み込むだけ。これでA808が縦型のまま自立します。このスタンドが良いところは「NWB1」を装着したままでもちゃんと自立できること。Bluetoothスピーカーと組み合わせた時に便利なんですよねー。ちなみに、ミニスピーカー「NWT10M」装着時は本体を逆にして使います。角度は緩いですが、角度が付いて若干のバッフル効果が期待できます。

続きを読む