カテゴリー : ソニーモバイル

2014/02/13版ソニー関連トピック~ウォークマンを逆さに持った人がアップルを語る

ジョブズに教え、競い、そして学んだソニー
林信行さんの『スティーブジョブズは何を遺したのか』からの引用。ソニーとアップルの運命が交差した瞬間があったとして、ソニー元社長の安藤国威氏へのインタビューを通じて、当時のアップルというかジョブズ氏とソニーの関係を浮き彫りにしています。ジョブズ氏のソニースタイルへの並々ならぬ関心と、そこからのアップルストアへの展開は初耳でした。確かに当時のソニスタは素晴らしかった。今のストアはもう…(自粛)。

新興勢力のファブレット! Xperia Z Ultraは予想以上の出来で“買い”だ
辛口のあの方が珍しくべた褒め。確かに出来は素晴らしいと思います。自分も出先ではiPhoneのテザリングで便利に使わせてもらってます。

Xperia Z2来ちゃう? ソニーモバイル、MWC2014で新型Xperiaを発表か?
2/24、SOMCがMWC2014にてプレスイベントを開催予定。Xperiaの次期フラグシップ「Z2」や「E2」、タブレットの新型などが発表されるとの噂。

XPサポートと“ソニーのVAIO”の終了がほぼ同時にやってくることで危惧すべきこと
危惧すべきは、Windows XPのサポート終了によって、消費者がもうパソコンはいらないという判断をくだし、スマートフォンやタブレットで代替するようになってしまうこと。XP終了まで8週間だそうです。あっという間ですね…。

Dellは好調、ソニーは苦戦――明暗分けた2013年国内PC市場
2013年の国内クライアントPC市場の出荷台数は、家庭市場が586万台(前年比22.3%減)、ビジネス市場は976万台(同比21.4%増)。家庭市場の落ち込みが尋常ではありません。それゆえ、家庭市場向け出荷比率の高いソニーが大苦戦を強いられたと。

続きを読む

2014/02/12版ソニー関連トピック~プロオーディオにおけるレコーダー事業の立ち位置を失ってしまったソニー

diips

「ニコ玉」から「ニコ生」へ閃きの承継 “向谷クオリティ”がもたらす人という財産
元カシオペアの向谷さんが「技術進歩の流れの中で、何度か転換のチャンスがあったと思われるSONYは、プロオーディオにおけるレコーダー事業の立ち位置を失ってしまった」とつぶやいている。ニュアンスはちょっと違うけど、一昔前、アキバのMIDI関連ショップに行くと、ラック(ハーフもあった)マウントタイプのエフェクターとかが結構な存在感を持って販売されていたものだ。今や見る影も無し…。最近のサンレコとか見てもソニーの名前を見ることはほとんど無いもんなあ…。

MIDEMレポート(2) - 音楽制作者に“ハイレゾ”の魅力をアピールしたソニー
50年近い歴史をもつ国際音楽産業見本市「MIDEM」にソニーがエレクトロニクスメーカーとして初めて参加、ハイレゾオーディオの優位性をアピールしたとか。ソニーがやるべきはプロまたはプロシューマー向けのオーディオだったのではなかったのか…。

続きを読む

2014/02/04版ソニー関連トピック~MSC会員でXperiaオーナーにお得なキャンペーン

xperia_msc_cam1402

Xperia™ × My Sony Clubプレゼントキャンペーン
Xperiaスマートフォンオーナーでキャンペーン応募者の中から抽選で1,000名にソニーポイント2,000ポイントもしくは250組500名に「アメイジング・スパイダーマン2」劇場鑑賞券をプレゼントだそうです。対象は日本国内で発売されたXperiaスマートフォン全機種とXperia Tablet Z SO-03E。募集期間は3月31日(月)23:59まで。

大画面&全部入りなのに持ちやすい! 死角が少ない「Xperia Z1 SO-01F」
「難点といえば、本体の大きさと重さが挙げられるものの、これが気にならないのならば広くお薦めできる製品」との結論。Xperia Z Ultraの大きさになれるとZ1など小さく感じるのかしら。UltraのWi-Fi版の電池の保ちも良いっすね。

続きを読む

2014/01/31版ソニー関連トピック~Xperia Z Ultraはフォントをあと2段階大きくできれば大ブレイク?

xperia_ultra_z

デカスマホ Xperia Z Ultra の挑戦
山田祥平さんの「Xperia Z Ultra SOL24」実機インプレ。ご自身は少数派で「常用しようとは思わなかった」そうです。理由は「表示される文字がちょっと小さいから」とか。フォントサイズに「超特大」と「最大」を追加し6段階にしてすれば気に入って手放せなくなるユーザーはさらに増えると予想なさってます。

ソニーはなぜ“投機的”か
経済ジャーナリスト、片山修氏のコラム。「過去の成功に背を向け、リスクをかけてでも、新たな事業モデルを築き上げようとする、挑戦の姿勢が感じられないことが、あげられるのでは」とか。CESであれだけの発表してこの反応ですからね…。こちらもあわせてどうぞ>ソニー、ジャンク級に格下げ 海外経済紙が指摘する、独特のジレンマとは?

ソニーのPS Vita TV、未完成との見方も
PS Vita TVを海外ジャーナリストが評価。コンセプトは魅力的も粗削りの試作品といった感じ。ソニーがまだ解決していない短所がその可能性を損なっていると手厳しいです。

続きを読む

2014/01/29版ソニー関連トピック~重さ以外のトータルバランスがVAIO Fit 11Aの魅力か

vaiofit11a

「VAIO Fit 11A」――11.6型“2in1”新モデルを徹底検証 Bay Trail-Mの実力は?
ソニー「VAIO Fit 11A」ファーストインプレッション – 意外とパワフルだった「Bay Trail-M」
昨日国内発売が正式発表されたVAIO Fit 11Aのメディアレビュー。VAIO Pro 11タッチパネル搭載モデルとフットプリントはほぼ同じでも重さがかなり違うんですよね…。前者では、重いけど「完全にこれまでと同じモバイルノートPCのスタイルで持ち運びつつ、タブレットとしても活用できる2in1を、より入手しやすい価格帯にまとめていること」が強みとまとめています。後者では「FFXIV」のベンチマークソフトのテスト結果が載ってます。後者では総合的に標準的なUltrabookに比べパワーの面で劣るもBay Trail-Mが意外にもパワフルで、日常的に使うPCとしてはまったく問題ないとまとめています。

新機構でタブレットになるフルサイズノート「SONY VAIO Fit 15A」
こちらはFit 15Aで、厳しい戸田さんのレビュー。「性能は文句なしだが、逆に気になるのが拡張性」だそうです。また、「キーボードは、残念ながらあまり打ちやすくない」とか。結論として、価格も高く「太鼓判を付けないことにした」とのコメントで終わってます。

続きを読む

No tags for this post.

ミヤビックス、米CruzerliteブランドのXperia Z1 f(SO-02F)専用ドロイド君ケース

z1f-cir_1

Cruzerlite Bugdroid Circuit Case for Xperia (TM) Z1 f SO-02F

ミヤビックスは、SOMC製ドコモ「Xperia Z1 f(SO-02F)」専用で、「ドロイド君」が背面に
描かれた米Cruzerliteブランドのケースを発売開始しました。価格は1,680円で、ビザビにて本日より出荷開始。

続きを読む