「NetJuke」カテゴリーアーカイブ

ウォークマンS710/610シリーズとネットジュークの組み合わせで不具合~ネットジューク本体ファームアップデートで対応

「HDDコンポ “ネットジューク” およびハードディスクオーディオレコーダーからウォークマンへの転送に関する不具合のお知らせとお詫び」(ウォークマンサポート)

iconiconソニーは、ウォークマンS710F/S610Fシリーズiconをネットジュークおよびハードディスクオーディオレコーダーの組み合わせで使うの場合に、ネットジュークおよびハードディスクオーディオレコーダーに保存された一部の楽曲がウォークマンに転送できない症状が発生することが判明したとして、対象ネットジュークの本体ソフトウェアアップデートを実施するよう呼びかけています。

ウォークマンS710/610シリーズユーザーで、以下の製品と組み合わせて使っている方が対象になります。製品名に直接アップデートのご案内をリンクしておきますので、対象製品をお持ちの方はご確認ください。

【対象製品】
NAS-D5HD, NAS-M7HD, NAS-M7HDS
NAS-D50HD, NAS-M70HD, NAS-M90HD
NAS-D55HD, NAS-M75HD, NAS-M95HD
NAC-HD1

こちらの記事によると、4製品でエニーミュージックからダウンロードした楽曲が転送できない不具合が、また、その他の6製品でも一部の楽曲の転送不具合が解消されるそうです>ソニー、ウォークマン/ネットジューク連携に不具合-ネットジュークの修正ファームを公開

まあ、ウォークマンS710/610シリーズを持っていようがいまいが、対象機器を立ち上げた時点でアップデートのお知らせが表示されるはずなので、サクッとアップデートしてしまいましょう。

オリジナルTシャツが当たるウォークマン×ネットジューク限定コラボキャンペーン

ソニー製品情報|“ウォークマン”|プレゼントキャンペーン

ソニーがウォークマンとネットジューク新製品購入者向けの限定コラボキャンペーンを11/17から実施するそうです。抽選で“Walkman”オリジナルTシャツを2.000名に、「Closet Full Of Love」/PUFFY RYUKYUDISKO Remix音源(未発表曲)ダウンロード権が10,000名に当たります。対象モデルを購入後、カスタマー登録の手続きを行ったうえで申し込みをするそうです。

キャンペーン期間/締切
・2007/11/17(土)0時~2008/1/10(木)14時
【第1回応募締切:2007/11/30(金)24時、第2回応募締切:2008/1/10(木)14時】

対象モデル
ウォークマンA910シリーズicon
S710F/S610Fシリーズicon
ネットジュークicon(NAS-M95HD/M75HD/D55HD)

オリジナルTシャツがよさげですねー。そういえば、RYUKYUDISKOは、Rollyのパーティー夜の部で演奏していましたよ。

ネットジューク旧機種用アップグレード~新機種へのデータ移行に対応

「NAS-D50HD」「NAS-M70HD」「NAS-M90HD」本体ソフトウェア Ver.4.00.00 アップグレードのご案内
「NAS-D5HD」「NAS-M7HD」「NAS-M7HDS」本体ソフトウェア Ver.3.00.00 アップグレードのご案内
「NAC-HD1」本体ソフトウェア Ver.2.00.00 アップグレードのご案内

ネットジュークカスタマーサポートで、「NAS-D50HD」「NAS-M70HD」「NAS-M90HD」「NAS-D5HD」「NAS-M7HD」「NAS-M7HDS」の旧機種並びにハードディスクオーディオレコーダー「NAC-HD1icon」の本体ソフトアップグレードの案内が公開されています。いずれも、アップグレードにより、ネットジューク間での音楽データ移動機能が追加されますが、移動先の対象機種は新ネットジュークicon「NAS-D55HD/M75HD/M95HD」のみ。なお、音楽データを移動すると、移動元のネットジュークから移動した音楽データは削除されるそうです。また、「NAC-HD1」に関してはデジタルイン録音時のレベルシンクレベルの調整機能も追加されます。

旧機種ユーザーで新製品を購入した、また購入予定の方限定の機能って感じですね。うーん、12音解析までとは言いませんが、旧機種のリッピング時の著作権保護前提を解除するとかできないもんですかね・・・。

iconicon

そういえば、最近気がついたんですけど、ウォークマンEシリーズiconの4GBモデル(E016)が15,800円に値下げされていたんですね。当初19,800円でしたから20%の値下げになりますでしょうか。ということで、新機種登場間近なんですかね・・・。

続きを読む ネットジューク旧機種用アップグレード~新機種へのデータ移行に対応

ネットジューク新製品全機種にWM-PORTが標準搭載~WA1ライクなワイヤレスプレーヤーも登場

ウォークマン(R)専用の転送ポートを標準搭載。パソコンなしでHDDに音楽を「貯める」「聴く」ウォークマン(R)へ「持ち出す」HDDコンポ”ネットジューク”3機種 発売

iconicon

ソニーは、HDDコンポ「ネットジュークicon」の新製品計3機種を10/20から順次発売すると発表。ウォークマン専用転送ポートを標準搭載し、操作性とデザイン性を追及した「ワイド&ロー」スタイルの採用。従来どおり、DLNAに対応しミュージックサーバー機能も標準搭載。加えて、ネットジューク内の音楽を家中の好きな場所で聴けるワイヤレスプレーヤーも発売。これらのを通じて新しい音楽の楽しみ方を提案するとしています。

価格はオープンで市場推定価格は、HDDの容量が250GBの『NAS-M95HD』が120,000円前後、80GBの『NAS-M75HD』が80,000円前後、80GBでMDスロット無しの『NAS-D55HD』が60,000円前後、ワイヤレスプレーヤー『NAS-C5』は30,000円前後。

「12音解析技術」などの基本的な機能は現行モデルを踏襲しつつ、デザインは一新されており初代NAS-A1をどこか彷彿とさせます。高級オーディオで使われている技術の採用など音質をアップグレードしているほか、「WM-PORT」搭載や「おまかせチャンネル」を含むワンボタンでの高速転送など、ウォークマンとの連携強化が大きな売りでしょうか。

新たに周辺機器として加わったワイヤレス プレーヤー『NAS-C5』は、バイオエクステンションライン「WA1」のまさにネットジューク版ですね。音響特性に優れた木製キャビネットを採用し、高磁力マグネット使用のフルレンジスピーカー搭載で10W+10Wの大出力とか。どことなくですが、かつて訪問販売のみで扱っていたラジカセ(でしたっけ。型番も失念)の風情もあるようなないような(どっちだよ)。

さまざまな音源からワンタッチでウォークマン(R)に録音できるオールインワンコンポ 発売

iconiconMD・CD・カセットテープ・FM/AMチューナー一体型で、ウォークマン専用のUSB端子搭載のオールインワンコンポ『CMT-M35WMicon』も11/21発売。本体の前面にあるウォークマン専用のUSB端子に対応ウォークマンを接続し、CD・MD・カセットテープ・FM/AMチューナー・外部入力の音源をワンタッチでウォークマンへ録音できるのが最大の特長。ほかにも、見やすい3行表示のディスプレイに分かりやすい日本語表示を採用し、操作部分を分かりやすくするなど、初心者が手軽に楽しめるよう、使いやすさ・便利さを追求したとのこと。

価格はオープンで市場推定価格は38,000円前後。なお、対応ウォークマンは、E30xシリーズ、E00xシリーズ、A60xシリーズ、S60xシリーズ、S70xFシリーズ、S20xFシリーズ、E01xシリーズ、A80xシリーズ、S61xF/S71xFシリーズで、CDからウォークマンへの録音は最大約4倍速とか。

オールインワンコンポはさておき(<おくなって)、ネットジューク新製品はデザインこそ大きく変わりましたけど、内容的にはマイナーバージョンアップ止まりのような・・・。(追記:新機種はDLNAサーバーになるんですね。ちょっと勘違いしてました。あとは旧機種向けのアップデートサービスがあれば良いんですけど、やらんだろうなあ・・・)

HDDは1TB以上。そのHDD部が取り出せて、それがまるごと(HDD)ウォークマンに変身。転送の手間すらいらずに、リアルPCMの高音質がそのまま楽しめる。で、当然Bluetoothは内蔵していて(以下省略)、みたいなネットジューク×ウォークマンは・・・やっぱ出ないか~。

続きを読む ネットジューク新製品全機種にWM-PORTが標準搭載~WA1ライクなワイヤレスプレーヤーも登場

新ウォークマンSシリーズはノイキャン付きでATRAC対応の日本独自仕様で登場

「ノイズキャンセリング機能」を本体に内蔵し、クリアな音質を追求 高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を採用した”ウォークマンSシリーズ”発売(ソニードライブ)

wms710610.jpg

ソニーは、1.8型カラー液晶でビデオ再生も曲検索も快適なボディに、ノイズキャンセリング機能やクリアオーディオテクノロジーを搭載したウォークマン「S710F/S610Fシリーズicon」を10/20に発売すると発表しました。また、同時発表のネットジュークや、USB端子搭載のオールインワンコンポ「CMT-M35WM」と組み合わせれば、PCを介さず、ウォークマン”へ手軽に音楽を転送できるとしています。新Sシリーズの主な特長は以下の通り。

1.原音を忠実< に再現する、5つの「クリアオーディオテクノロジー」 ①音楽もビデオもクリアな音質で楽しめる「ノイズキャンセリング機能」(S710Fシリーズのみ) ②原音を鮮やかに表現する「大口径13.5mmEX ヘッドホン」付属 ③高音域をクリアに再現する「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」 ④左右の音の混在を抑制し、本来のステレオサウンドを実現する「クリアステレオ」 ⑤音量を上げても、ひずみのないメリハリのある重低音を再生できる「クリアベース」 2.高画質ビデオ・写真再生 3.CD/MD プレーヤーなどから直接録音できる「ダイレクトエンコーディング」対応 4.1.8 型大画面液晶で、使いやすい操作性・検索性を実現

5.HDDコンポ<ネットジュークから、音楽をワンボタンで高速転送

細かいところですが、個人的に注目したところは既発売のA800シリーズとの以下の違い。

・何はなくともノイキャン。専用スイッチ搭載で手軽にON/OFF操作可能
・ビデオ転送用の新ソフト「Media Manager for WALKMAN」が付属
・CD/MD プレーヤーなどから、直接録音できる「ダイレクトエンコーディング」機能
・約33時間の音楽連続再生と約9.5時間のビデオ連続再生(A800は30時間と8時間)
・FMラジオチューナー搭載
・マルチコーデック対応でリニアPCMに対応(WMA DRMには非対応)
・「バーチャルホンテクノロジー(VPT)」に、豊かな臨場感を得られる「マトリックス」、ボーカルを減衰させる「カラオケ」のモードを追加
・対応アクセサリーとして、定番の各種ケースや液晶保護シート、クリップ、アームバンド以外にWM-PORT 専用USB ポータブルケーブル『WMC-NWP10』なども用意

市場推定価格は、『NW-S718F』(8GB)が27,000円前後、『NW-S716F』(4GB)が21,000円前後、『NW-S715F』(2GB)が17,000円前後、『NW-S616F』(4GB)が18,000円前後、『NW-S615F』(8GB)が14,000円前後。なお、ソニスタでは最上位機種のS718Fに初のプリインストールモデル「Organic Style」の限定発売も行われるようです。

iconicon

もしかしたら出ないかと思ったのですが、出ましたね~。しかもノイキャン搭載でATRACにはフル対応、WMA DRMには非対応ながらリニアPCMの再生も可能と、規格的にはほぼフルオープンとなりました。スタミナ性能もA800シリーズと比較して少しですが向上しており、Aシリーズには無いFMチューナーも内蔵するなど、機能的にはA800シリーズを凌駕しそうな勢いでありますが、それらの新機能はあの筐体の厚みがあったからこそ搭載できたのかもしれません。海外で発表されたA810シリーズにノイキャンが載った日本独自仕様版は回路的に厳しいのかなあ・・・。とにもかくにも、日本市場をちゃんと意識して、対応フォーマットも押さえ、なおかつ競合のiPod nanoの新製品には無いノイキャンを載せることができた(S710Fシリーズのみですが)のはひとつの大きな差別化要素になりますね。

とはいえ、世界レベルで総合的に見ると、手堅くそして斬新ながらも一本筋の通ったiPodラインナップと比較してウォークマンの製品戦略には迷いが見られるし、どこか一貫性に欠けている節が感じられます。それが、自ら生み出したATRACの呪縛にとらわれているためとすればこんな悲しいことはないです。今こそ、次の一手に向けた大胆な改革が必要な時なのかもしれませんね。ソニーに付いていくべきか、離れるべきか、その選択を私たち日本の消費者が迫られる日はもしかしたらそう遠くはないのかもしれません。

続きを読む 新ウォークマンSシリーズはノイキャン付きでATRAC対応の日本独自仕様で登場

ネットジュークでMDを一気に整理~CDからの録音なら曲情報の取得も正確

鈴木桂水氏が体験する「NETJUKEのある生活」 - 第6回:MD→HDDダビング機能を活用する

iconicon鈴木桂水氏の「NETJUKEのある生活」の第6回は、MDのHDDへのダビング機能を紹介。LP4モード録音のMDが効率よくダビングができると感じたとか。曲情報の取得もCDを録音したMDはすべて正確にタイトルが入ったそうです。結論としては、「MDを一気に整理するということなら、これほど便利な機器はないだろう」とのこと。

自分はネットジュークを手にする前に手持ちのMDをほとんど処分してしまったんですよね…。もう少し待っていれば良かったなあと今さらながらに後悔してます。それはそうと、Hi-MDには対応しないのですかね。「MZ-RH1icon」で高音質を楽しみたいという人も多いと思うのですが…。

また、CNETのEditor’s Reviewには鈴木さんのPS3レビューが掲載されています。現段階ではPS3ならではのソフトが少なく、ゲーム機としては今ひとつでもAV機器としては魅力的との評価。ゲーム機へ路線変更したのにこの手の評価が多いのがなんとも皮肉な感じです…>わが家にPS3がやって来た–ゲーム、ネット、BDプレーヤーを全方位から徹底チェック

とはいえ、高級AV機器路線のPS3登場も示唆されるなど、ゲーム機とは違ったベクトルを特化させる流れも生まれてきそうです。ハード的なモノづくり以外にCell向けのソフト開発も重要になりそうですが、ネットジュークとPS3の良いところをうまく合体させれば、最強のオーディオ母艦マシンを作れるんじゃないでしょうか…。