タグ : Windows Mobile

PalmのTreo ProもソニエリのX1も台湾HTC製

米Palm、Windows Mobile 6.1を搭載したスマートフォン「Treo Pro」を発表

Treoのフラッグシップ、「Treo Pro」だそうです。久々のPalm本家ネタ。というか、今じゃ本家も分家もないですね。しかもWindows Mobileだし。でもなんかそそられるデザイン。キーボード搭載ゆえのガジェット感がたまりません。Wi-Fi、Bluetooth、GPS標準搭載も魅力。

【台湾】HTC が Palm の新型スマートフォンを生産へ

でもって、このTreo Proは台湾HTCが生産してるんですって。ソニエリの「EXPERIA X1」もHTC生産。かつてPalm OSハンドヘルド市場を盛り上げてきたソニーとPalmがWindows Mobile搭載スマートフォンに関してはHTC頼みなんですねー。

(久しぶりに、Palm Japanにアクセスしてみたら、「Palmハンドヘルド端末のサービスおよびサポートにつきましては、Palmシンガポールサポート まで お問い合わせください」との表示が。突き放すよなあ…)

続きを読む

ソニ☆モバ mobile ver. 2nd 始まる

8/18のリニューアル後から、懸念となっていたサイトのモバイル機器対応ですが、各種プラグインの導入により、機器ごとに最適化された表示がどうにかこうにかできるようになりました。以前はモバイルバージョンは専用のURLでしたが、今度はすべて共通。どの機器からでも「so-mo.net」でOKです。

携帯電話向けと、CLIEのNet Frontと、画像はありませんがPSPのWebブラウザと見え方が共通してます(残念ながらmyloは未対応…)。また、iPhoneでは専用のオリジナルスタイルで表示されます。今までのシステムと違うので使い勝手等々、自分自身が把握しておりませんので、これから徐々に微調整していきたいと思います。

続きを読む

PDA工房、ヘビーデューティなGPS内蔵PDA『GETAC PS535E』の受注を開始

GETAC PS535E <<通常版 / カモフラージュバージョン>>:税込149,800円~
GETAC PS535E レビューページ

PDA工房がヘビーデューティなGPS内蔵PDA「GETAC PS535E」の受注を開始しました。同機は厳密かつ過酷な仕様として有名なMIL規格(アメリカ国防総省が規定する米軍採用品規格 Military Specifications and Military Standards)に準拠した耐久性・防水性・防塵性を備えており、通常の用途では「まず壊れることがない」といっても過言ではない堅牢仕様とか(レビューページにあるテストの様子を撮影したビデオ参照)。

通常のPDAと比較して少々高価ですがその耐久性を考えると充分に納得ができるとか。本来はプロ専用のモデルのため受注生産となるそうですが、期待を裏切らない堅牢なヘビーデューティ仕様のPDAとのこと。OSはWindows Mobile 5.0 日本語版でWi-FiとBluetooth搭載です。

また、PDA工房専売モデルとしてカモフラージュ仕様も計画中とか。GETACは堅牢型PCを各国の軍隊等に納入をしており、その際に行われるカモフラージュ塗装をPS535Eにも施したそうです。なお、このモデルについては注文状況によって実現するかどうかが決定されるとか。なお、お馴染みののオリジナル特典セットも用意され、地図ソフト付きが税込149,800円、ナビゲーションが可能になるセットが税込164,800円のことです。

カモフラバージョンがなにげにオトコ心を刺激します。「オトコは黙ってGETAC!」ってか。10万オーバーのPDAも実に久しぶり。PDA工房さんのチャレンジングスピリッツもすごいと思います。

20~40代の約3割がスマートフォンがノートPCの代わりに普及すると回答

スマートフォン、約3割が「ノート PC に代わって普及する」――アイシェア調べ

20~40代の男女が対象の「スマートフォンに関する意識調査」結果。気になる端末は「iPhone」が全体で6割、2位は、女性が「Willcom03」、男性が「WillcomD4」でそれぞれ約4割。「2台持ち歩く人が増える」との予想は全体の約3割で「減る(1台に集約)」は1割程度。スマートフォンがノートPCの代わりに普及すると思うか?という問では34.5%が「思う」と回答。「スマートフォンで使いたい機能」の1位は、男性が「ブラウザ(72.2%)」、女性が「メール機能(73.3%)」で、2位はその真逆。

スマホでやりたいことって男女問わず、ブラウザとメールなんですね。スケジュール管理、少なっ!スマホがノートPC代わりになると答えた人は、PCはブラウザとメールぐらいしか使わない(=それしか必要ない)ということなんでしょうかね…。

ついででなんですが、ビサビがSymbian OS用ソフトウェアのダウンロード発売を開始したそうです。一気に30タイトル以上をラインナップ。今後はWindows Mobile用ソフトも大量に取り扱い予定とか。

ウィルコムストア
ウィルコムストア

iPhone 3Gと、増えてきたBluetoothケータイ──Bluetoothはようやく日本で普及するのか

20~40代の6割が気になるというiPhone。iPod touchには無いBlutooth内蔵ということで、そっち方面でも注目が集まりそうですよね。日本プラントロニクスの村田浩志社長は、iPhone上陸がBluetooth市場拡大のトリガーになるとして、国内におけるBluetooth製品市場の現状と展望について熱く語っていらっしゃいます。

ソニーがBluetoothに力を入れるようになって久しいですが、iPhone上陸でますます拍車がかかる事になると。2008年が日本でのBluetooth普及元年となるのか。リテールコム社のスピーカーなど、優秀で安価な製品の登場に期待です。

あと、ソニエリが4~6月期の業績について「需要減速の悪影響を受ける」との見通しを発表したそうです。7月以降はiPhone 3G発売の影響も懸念材料か…>ソニエリ、第2四半期業績への懸念を表明――ハイエンド端末への需要減速などで

(iPhone買う気満々なんですが、色々考えるとMNPで完全乗り換えは厳しいかなあと。タバコやめれば金銭的な点はクリアできるんだよなあ。iPhone買う前に「禁煙セラピー」読むのが先か…)

続きを読む

Windows Mobileスマートフォン/PDA向けナビソフト「Route Finder」

音声ガイド付きルート案内が可能なWindows Mobile用ナビソフト『Route Finder(ルート ファインダー)』を発売

PDA工房でお馴染みのユニバーサルシステムズが、Windows Mobile搭載スマートフォン/PDA向けのナビゲーションソフト『Route Finder』を6月に発売すると発表。同ソフトを利用することにより、スマートフォン/PDAが高性能なナビになるそうです。

ユーザーの用途に合わせたモード切り替えや、音声ガイドによる案内も可能で、3400万件の住所データ・780万件の電話番号データ・42万件のPOIデータによる豊富な検索機能も搭載。簡単に持ち運びのできるナビシステムとして、レジャーなどのパーソナルな用途はもちろん、ビジネスにも活用できるとか

Windows Mobile 5.0日本語版または6.0日本語版を搭載したスマートフォン/PDAで、画面解像度がQVGA(320×240)のモデルで動作(GPS機能を内蔵していない機器は外付けのGPSレシーバが必要)希望小売価格は税込27,800円。PDA工房 および全国の量販店・小売店で販売予定とのこと。

ソニエリの08年第1四半期は売り上げ減~国内ではW62Sの販売がスタート

ソニエリ、「1~3月期は売り上げ減」との見通し発表

ソニエリが第1四半期(1~3月期)の業績見通しを発表。出荷台数は2200万台。売上高は前年同期を下回り、税引き前純利益は1億5000万~2億ユーロ程度となる見通し。欧州のミドル・ハイエンド端末の市場減速や、中価格帯の人気機種の部品不足が、売り上げの減速につながったとか。小宮山秀樹社長は、新機種やWindows Mobileへの対応などに触れ、「下半期中にプラスの効果が見え始める」とコメント。

au、GSM対応の「W62S」を沖縄で発売

auで初めてGSM方式に対応したソニエリ製「W62S」の販売が沖縄エリアでスタート。他のエリアでの発売日は未定。KDDIは「スムーズに販売するため準備を整えている段階と説明し、端末のバグや流通の影響を否定しているとか。

少し前に店頭でW62Sのモックを触りましたが、コンパクトで大変好印象でした。GSM対応云々関係なく女性受けするのではないでしょうか。同居人もこれが出ると知っていたらW61Kにしなかったろうなあ…。

続きを読む