タグ : W43S

W44Sでパケット通信料の誤課金&ヒツジの皮を被ったオオカミ携帯って?

ソニエリ製のauケータイについて、Virgoさんから以下のようなお便りをいただきました。

もうご存じかと思いますが、au不祥事ネタを2つ。
SDC2006の日に購入したW43Sなんですが、非常にユーザを無視した2回目のアップデート告知が13日にありました。最初からモッサリしていたはずなのに、使用しているうちにも悪化するので、アップデートしてくださいとのこと。しかも、ユーザには、別途準備出来次第、メールを送るのでそれに従って欲しいとのプレスリリース。待ってられなくて、手動アップデートで試すと更新の必要ありということで、無事アップデート出来ましたが、その束縛時間、40~50分。どうやら、大規模改修だったようです。ようやく普通の携帯に3ヶ月かけてなりました。
もう一つは、発売されたばかりのW44S、こちらはワンセグやデジタルラジオを使う際のサイト接続に定額ではなく、別途パケ代がかかるというもの。こちらは、改修が1月末とのこと。きっとこちらも大改修の匂いがします。モッサリ感はW43S譲りですから。
こんな欠陥商品を普通に売って良い国になったのでしょうか。不思議な携帯後進国ですよね、日本って。どう思われます?こちらにエントリーとしても書いてありますので、よろしければ。

まずは、お知らせ感謝です。ちなみに、W44Sについては、こちらが正式なお知らせですね>au携帯電話「W44S」におけるパケット通信料の誤課金について

最近の高機能ケータイはモックぐらいしか触ったことがないので、モッサリ感の程度もよくわからないのですが…。なんか、話を聞いている限りでは、ハードはすごいけど中身が伴ってない某社製品の典型みたいな事になっちゃってますね。もちろん、キャリアや開発スケジュールの問題もあるのでしょうけど、最近のアップデートでなんとかすれば良いという風潮はモノづくり復権をうたう企業としてどうよ、と突っ込みたくもなります。W44Sにいたっては、アップデートは来年になってからで、パケット通信料はひとまず請求された後に、翌月の請求で返還処理が行なわれるそうですね。これはひどい…。久々に機種変しようと思っていた気持ちが揺らいできました。

と、そんなところにKOMさんからこんな奇妙な言い回しの投稿が。

W44Sですか?電話なんて、話せりゃえーじゃないですか。
「ヒツジの皮を被ったオオカミ携帯」を作りました。
http://goteking.web.infoseek.co.jp/jyank/a101g/a101g.htm
機能満載で肥大化した姿は「オオカミ」と言うより「○は死ね」って感じですけど(^_^;

てっきり、今回のW44Sの不具合へのお怒りなのかと思ったら、ちょっとニュアンスが違う。
しかも、ケータイを“作った”ですと~。機能満載のW44Sへのアンチテーゼか?
ということで、お知らせいただいたURLへアクセスすると…
ぎゃ~っ!すげー!しかも、動画で大笑い。
これ以上は言えません。是非、皆さんも見に行ってください。

続きを読む

ソニエリ製au「W43S」に不具合~「ケータイアップデート」で対応

au携帯電話 [W43S (ソニー・エリクソン製)] をご利用中のお客様へのお詫びとお願い(au)

ソニエリ製のau「W43S」について、以下の事象が発生することが確認されたとして、同機ユーザーにアップデートを呼びかけています。

(1) キー・レスポンスが悪化する/EZアプリメニューの表示切替を保存できなくなる場合がある
→キー・レスポンスの悪化については電源OFF/ONの操作で一時的に解消することが可能
(2) Eメールの添付ファイルが自動受信できなくなる場合がある
→手動では正常に受信可能
(3) EZサービスの初期設定に失敗し、Eメールを受信できない場合がある
→譲り受けたW43Sを利用する場合に発生する可能性があるが、新規や機種変更の場合には発生しない

続きを読む

ソニエリ、国内で音楽配信サービスに参入

ソニー・エリクソン、EZwebで音楽配信サービスなど

ソニエリが日本でも音楽配信サービスに乗り出しました。EZwebの「SonyEricsson@ez」に「PlayNow powered by music.jp」を追加し、着うたや着信メロディの配信を開始したそうです。2007年1月を目途に着うたフルも提供する予定とか。なお、他のメーカー端末でも利用可能で、利用料は月額315円(30ポイント)、1曲10ポイント程度とのことです。また、メニュー画面などのテーマが変更できる「着せかえ@ez」、デコメ用の素材配信サイト「メールピクチャ@ez」もオープンしています。

携帯販売ランキング(11月20日~11月26日):注目の“巨頭対決”、制したのは?

初登場のドコモ「SO903i」は週末2日間のみの集計も関わらず5位にランクイン。auでは京セラ「W44K」がソニエリ「W43S」に迫る人気とか。まもなく発売されるデジタルラジオ+ワンセグ+3インチワイド液晶搭載の「W44S」の投入でランキングがどう変わるかに注目ですね。

w44s_cat.jpg先週土曜日に外出した際、地元のauショップに立ち寄ったのですが、そこで初めてW44Sのモックに触りました。あのヒンジってどうよ、と思っていたのですが、さほど気にならず、ガジェット然としたたたずまいとヒンジのギミックそのものに惹かれちゃいました。ソニエリから東芝(W21T)に浮気して2年近くたちますが、久々に機種変しても良いかなあという気になってきましたです。これでBluetooth搭載なら文句なしなんだけどなあ…。ちなみに、価格は2万円台後半ぐらいみたいですね。

続きを読む

ソニエリ関連ニュース~ソニエリの敵はソニエリ?

ソニエリの敵はソニエリ、シャープの敵はシャープ?

ITmedia +D モバイルがまとめた11/13~19の携帯販売ランキング。au端末のランキングではソニエリ製「W43S」が独走状態とかで、ワンセグ+デジタルラジオ+3インチワイド液晶搭載の「W44S」がその地位を脅かすかどうかに注目が集まっているようです。ドコモは「SO903i」の動向が気になるところですね。

エリクソン、ソニーとの協力分野をモバイル・テレビに拡大へ (ロイター)

ソニーとエリクソンが、事業協力分野を携帯電話からブロードバンドを利用したモバイル・テレビへと広げるそうです。自社製品をワイヤレスで結ぶソフトを共同開発する予定との記述もあります。モバイル・テレビは、2年以内に大衆市場化するという見込みらしいです。ちなみに、大衆市場はケータイでテレビを常時楽しむ人の割合が全体の3割を占める状態と定義されています。

モバイル・テレビって要はロケフリのことなんでしょうかね…。

続きを読む

au、ソニエリ「W43S」の不具合を正式にアナウンス

au携帯電話 [W43S (ソニー・エリクソン製)] をご利用中のお客様へのお詫びとお願い(auからのお知らせ)

ソニエリ製のau「W43S」について、以下の不具合が発生することがわかったそうです。不具合は「ケータイアップデート」で改善済みソフトウェアに更新が可能とのこと。

・W43S以外のMS Duo対応機種(W21S、W31S、W32S、W41S、W42S)で受信したEメールをMS Duoに保存し、W43SでMS Duo内のEメール受信ボックスにアクセスすると、以下の事象が発生。
(1)Eメール受信ボックス内のメールが重複して表示される。
(2)MS Duo内のEメール受信ボックスにアクセスすると「読込中」表示のままとなる。
※事象が発生しても、Eメールデータが毀損したり、消失したりする事は無い。
※「読込中」表示のままとなった場合は、電源のOFF/ONやMS Duoを抜くことで待受け状態に戻る。

・メールやメモ帳等のご利用時に編集中の文字列のコピーや切り取りを行った場合、以下の事象が発生する場合がある。
(1)切り取りを行うと電源がリセットする場合がある。
(2)コピーした文字列が貼付できない場合がある。
※保存していない状態で電源がリセットした場合、作成中のメールやメモ帳等の内容は破棄される。

先だってVirgoさんがお知らせくださった不具合そのまんまっすね。W43Sユーザーの方はご注意ください。

続きを読む

ソニエリ「W43S」、初期ロットの一部に不具合?

先週土曜日にW43Sを入手、不具合に遭遇なさったVirgoさんからその後の経過についてお知らせいただきました。(感謝です!)

W43Sのメモステの件は、ソニエリ本隊でも数件確認されており今、設計に立ち返って調査中だそうです。私のW43S は、更に充電完了するとメイン液晶のバックライトが墜ちて、フリーズするのでそうそうに交換と相成りました。今、SHOP経由au経由でソニエリに戻って調査が入るようです。2台目はなんともないので、化粧箱の出荷日が1日違いで何かあったのかもしれません。いずれにしろ、どんどん高機能、薄型化する中で、発売スケジュールに無理があるのかもしれませんね。

とのこと。Virgoさんご自身も事の顛末についてサイトで書かれていらっしゃいますので、同様の症状に見舞われている方、またW43Sを入手しようと思っている方は参考になるのではないでしょうか。売りのあかり機能に関連する不具合ってのもなんですね~。全てのロットでは無いにしてもきっちり改善して欲しいものです…>とても気になる「あかり」を動画で見たい─「W43S」

そうえいえば、以前もニュースになっていましたが、ソニエリが楽曲を携帯電話にダウンロード可能な音楽配信ビジネスへの参入を正式に発表したようです。サービス名は「M-BUZZ」で、当面はアーティストやバンドを毎月人数限定で紹介するとか。また対応機能はウォークマンケータイ「W850」「W950」が最初に搭載。年末にかけて欧州、アジア、ラテンアメリカ諸国への出荷が予定されているとのこと。日本にはまず縁のないサービス&端末になりそうですね…>Sony Ericsson、「M-BUZZ」でデジタル音楽配信市場に参入

続きを読む