タグ : type P

VAIO Z2 まったり日記 第2回~「Quick Web Access」はホントにクイックか


昨日届いたばかりのVAIO Z2。まだまだセットアップ序盤ですが、電源が入っていない状態でキーボード最上部にある「WEB」ボタンに意図せず指が触れたら、ボタンがうっすら白く光ってWebブラウザーの設定画面が起動。初期設定を済ませると「Quick Web Access」モードに突入して全画面にWebブラウザーが立ち上がりました。

初代のVAIO P(type P)搭載のインスタントモードをWebアクセスに特化したパターン。確かtype PのブラウザーはFirefoxだったと記憶してますが、最新のZ2では「Sprashtop Browser」なるタブブラウザーが採用されてます。

電源オンからホームページに設定されているVAIOオフィシャルサイトの表示まで18秒程度。電源オフは画面左下の電源ボタンかキーボード最上部のWEBボタンに触れるだけ。ただボタンの感度が良すぎて誤動作の心配も。付属のクリーニングクロスをキーボードに載せた時に反応して起動することもありました。

続きを読む

2011/05/14のつぶやき


引越まであと数日。荷造りと整理も最後の追い込みってことで、古いカタログ関連も結構思い切って処分してますが、中にはどうしても捨てられないものもあるわけで…。特にCLIE関連。調べてみたら、初代のS500から最後のVZ90まで、ほぼほぼ揃ってました。もちろん、初代PalmTopのカタログも残ってます。この手のカタログってソニーでもちゃんと保管してるのかなあ…。


こちらはCLIE専用の純正Bluetoothアダプター「PEGA-BT700」と当時の対応モデルだった“ソニー”ブランドのau「C413S」のカタログ。ちょうど10年前になりますが、2001年の6月頃はこれが最先端の通信スタイルでした。(キャリアもまだこの頃は単なる土管屋だったような…)

続きを読む

VAIO P 2nd専用スティックポインタ交換カバー「Cap P! P! for VAIO P」

Cap P! P! for VAIO P(VPCP11X)

ミヤビックスが、VAIO P 2nd専用のスティックポインタ交換カバー「Cap P! P! for VAIO P(VPCP11X)」の取扱を開始しました。初代VAIO type Pの周辺グッズとして販売された初代「Cap P!P!」の後継商品。

初代同様、品質管理に優れた国内工場で生産。カバーは角型と丸型の2タイプ。表面に凸型の滑り止め加工を施した角型が4ケ。端の部分が丸みを帯びた丸型が4ケ。初代より2個増量の8ヶ入りで1,260円。

カラーはVAIO Pのビビッドな本体カラーにあわせてオレンジ、ピンク、グリーンの3パッケージを用意。対応機種は最新のVAIO Pシリーズ(VPCP119KJ/D・P・W、VPCP11ALJ、VPCP11AKJ、VPCP11AVJ)。

ということで、M谷店長からサンプルを送っていただきましたので簡単にご紹介。パッケージはグリーン、オレンジ、ピンクの3つ(丸型と角形それぞれホワイト、ブラック、レッドは共通)。初代に同梱されたVAIOカラーの角形の代わりにパッケージと同色のカバーが2個入っているという感じです。

 

あいにく今回はVAIO P 2ndを購入しておりませんので検証らしいことができないのですが、非対応とされている初代type Pで試したところ、なんとなく使えてしまいましたのでご報告。

続きを読む

PS2専用縦置きスタンドが初代VAIO Pに最適な件【工夫すればiPadもOK】

昨日、池袋に行った際に、ヤマダ電機のモバイルドリーム館にちょっくら立ち寄ってきました。お目当ては6Fに展示されているPS3用「サラウンドサウンドシステム(CECH-ZVS1)」・・・だったんですが、ケースイさんが言うほどそのすごさが体感できず。俺の耳はもうダメなのかな。いや、すんごい音は出てたんですよ、実際。ただ自宅ではとてもこんなでかい音出せないし…ってことでファーストコンタクトでは物欲は刺激されずに終わりました。

でもってとっととその場を後にしようとしたんですが、片隅にあったワゴンセールの中に定価1,500円のPS2(SCPH-90000シリーズ)専用縦置きスタンドが100円で売られているのを発見。ピピっと来るモノがあり、一つだけゲットしてみたんですが、これが大当たり。

初代VAIO type Pの大型バッテリー装着時のみにドンピシャ。ええ、もちろん標準はダメです。ちなみに、VAIO Xの大型バッテリー装着時は微妙ながらも何とか、VAIO Wもちょっときついですが何とか使えました。先日ゲットしたiPad用にはとしても使えるかなとも思ったのですが、XEL-1のリモコンスタンドほど重量がないので無理っぽい…。

続きを読む

初代type Pオーナーの皆さんは新VAIO Pに買い換えますか

「VAIO P」2010年夏モデル徹底検証(前編)――新世代ポケットスタイルPCの実力は?
VAIO P、最強スペックなら快適か?

5/15のエントリーで取り上げたあともチラホラ見かける新VAIO Pレビュー。

Sony Style(ソニースタイル)初代type Pの短所を丁寧につぶしただけあってバランスとキレのあるプロダクツに仕上がっていると思うんですが、初代の強烈なインパクトに惹かれて即買いしたアーリーアダプターな人たちの買い換えを促すまでに至っているかどうか…。新VAIO Pの受注初日のソニスタサーバーがどうだったのかも気になるところ。

自分は初代Pの下取り価格がそこそこなら考えても良いかなあと思ったんですが、調べたら自分のマシンスペックだと上限一万円だったのでやめました。1年ちょっと前に10万出して買ったものの価値があっという間に10分の1になってしまう世の中も考え物ですね…。

続きを読む

VAIO Pシリーズ新製品開発秘話カミングアウトレポート(後編)

「VAIO New Urtra Mobile」絡みのシークレットイベントにて行われた、ソニー関係者による新Pシリーズのプレゼンレポートの後編です。前編まだ見てないっていう方はこちらからどうぞ。また、youtube動画も用意しました>プレゼン3

ソニーVAIO Pシリーズ新製品プレゼン

(伊藤)
最後になるんですが、このような商品ですので、より外に持ち出して欲しい、持ち出したくなるデザインを追求してきました。ここに関してはデザイナーの田中から話しをしたいと思っています。

(田中)
私のところに依頼が来たのが去年の3月でですね、type Pとして出た時に絶好調で、バックオーダー抱えている状態で次のPをお願いしますと…。どの辺が変わるんでしょうかと言ったら、やっぱりジャストキーボードサイズはくずせないので、小型化された分は全部バッテリーにもって行かれているんですね。サイズは全く変わりませんと…。

続きを読む