タグ : PRS-G1

Sony Readerオーナーは電子書籍をどこで買うのが一番お得なのか


Readerで読める電子書籍が買えるのは、2012年3月5日現在、ソニーReader Store紀伊國屋BookWeb楽天イーブックストアRabooの3つ。このうち、紀伊國屋BookWeb扱いの書籍だけがkinoppy(Win/Android/iOS)とReader両対応(当然全てではない。その辺の話は後述)。AndroidやiOSデバイスも持ってる自分にとっては当然両対応の方がコスパ高い。

最初から意志があれば別だけど、普通はトイレにReaderは持ち込まないが、ケータイ(iPhone)はトイレに入るときも普通に胸ポケットに入ってたりする。最近はスマホやタブレット専用の防水ケースもあるので、それこそトイレでもお風呂でも、いつでもどこでも自分のタイミングで読書の続きが楽しめる。なので読みたい書籍があったらまずはBookWebで探すのが習慣になった。

BookWebでの書籍購入はクレカの登録が必要だけど、登録さえ済んでしまえば、AndroidやiOS版のkinoppy経由で直接購入できる。いつでもどこでも書籍が買えるという意味では、持ち歩く頻度が高い分、Readerよりもスマホの方が上だと思う。さらに、Android版とiOS版では既読ページの同期も可能。

なお、iOS版kinoppyは手数料の関係かわからないけど、書籍の価格がちょっとだけ高い。でも、たまにセールが実施されるiTunesカードでデポジットできるので、運用によっては現金で買うよりもお得になるケースもあったりする。

なので、読みたいと思った電子書籍は出来うる限りBookWeb経由で買いたいんだけど、実際はこれがかなり面倒。

続きを読む

文庫サイズのSony Reader本体と専用カバーをセットにしたバリューパックを発売


電子書籍リーダー Pocket Edition バリューパック PRS-350KIT

ソニーが文庫本サイズのSony Reader「PRS-350」と、同機専用ブックカバー「PRSA-SC35」をセットにしたバリューパック『PRS-350KIT』を3/1からソニーストア、家電量販店などで販売。価格はオープンでソニーストアでの販売価格は税込10,980円。本体カラーはシルバー、ブルー、ピンクの3色でブックカバーはシルバー/ブルーはブルー、ピンクはピンクが付属。

また、バリューパック発売に合わせ、電子書籍の購入などに使える最大1,500円分のソニーポイントをもれなくプレゼントするキャンペーンを3/31まで実施。対象商品は、PRS-G1、PRS-T1、PRS-350(バリューパック含む )。

続きを読む

Sony Reader「PRS-G1」を使っていて不思議に感じること


購入してから早2ヶ月半。Sony Readerでの読書も随分と慣れましたが、使っていて不思議に感じることがちらほら。

■文字(フォント)がジャギる

Reader Storeで購入した、小学館刊菊地成孔氏作の「歌舞伎町のミッドナイト・フットボール」では「嘘」と「噂」の文字が(フォント)がジャギってる。どちらの文字も内蔵辞書やPDFではちゃんと表示されるので、小学館側の電子書籍化に問題があると思われ…。小さいことだけど文字を拡大すると結構顕著なので気になるっちゃ気になる。よくわからんけど、iOS版も用意されてるってことで、外字処理とかその辺でわざとそうしてんのかしら。いずれにしても、どのストア向けでもちゃんと検証してしっかりしたもの出して欲しい。

続きを読む

Sony Reader G1/T1専用ライト付きブックカバー「PRSA-CL20」を試す


絶賛愛用中のSony Readerですが、本体購入後ほどなくして、PRS-G1/PRS-T1共用のライト付きブックカバー「PRSA-CL20」もゲットしております。本体保護に加え、暗い場所でも読書が出来るLEDライトが内蔵されているカバーでございます。

説明するまでもないですが、Readerにはバックライトの類は仕込まれておりませんので、暗いところではリアルな紙同様に電子ペーパーの視認性が落ちます。そんな暗い場所での読書時に手元を明るく照らして読書を快適に楽しむためのアイテムってことになります。

続きを読む

いつでもどこでも本が買える3G対応Sony Reader「PRS-G1」レビュー (6)


今回はReaderの音楽再生機能について検証。初代のReader「PRS-650」からあった機能ですが、G1やT1でも本体やmicro-SDカードにに保存した音楽データを再生できます。

底部の電源ボタンの隣にステレオミニ出力端子があり、こちらにヘッドホンやイヤホンを接続して音楽を楽しむのが基本スタイルになります。

続きを読む

いつでもどこでも本が買える3G対応Sony Reader「PRS-G1」レビュー (5)


Reader対応の電子書籍を扱っているのはソニーの「Reader Store」だけではありません。紀伊國屋書店が運営する「紀伊國屋書店BookWeb(以下BookWeb)」と楽天運営の「Raboo」で扱っている書籍も全てではありませんがSony Readerに対応しています。

続きを読む