タグ : NEX

2013/02/21版ソニー関連トピック~SRS-BTX500/BTX300の音質比較等

srs-btx

コンパクトサイズながら高音質でスマホと一緒に持ち運ぶのに最適 – ソニーのワイヤレススピーカー「SRS-BTX500」「SRS-BTX300」を聴き比べた
Bluetoothスピーカー「SRS-BTX500」と「SRS-BTX300」の音質比較レビュー。300の方は音の定位や臨場感はそれほど高くなく、低域の量感ももの足りないかもしれないとのこと。500の方は300はと明らかに別物のサウンドで、広がり感やライブ感をうまく表現でき、低域もバスブーストをオンにしなくても十分な量感とか。両モデルの違いは、サイズと磁性流体スピーカー、サブウーファーの存在、Clear Phaseテクノロジーだけだが、音質的には比べ物にはならないことがよく分かるとのこと。まt、あ500はポータブルモデルとはいえ、日常的に外に持ち歩くのは少々辛いとのコメントも。

フランスPlayStation Vita、成人男性に的を絞った物議を醸すプリント広告 | ブログタイムズBLOG 【海外広告事例】
パッと見わかりにくいけど、しばらく経つとドキッとする。フランスだからOKなんだろうか。

ソニー「E 35mm F1.8」、繊細な描写でボケ味も上々の単焦点レンズ
Eマウント用単焦点レンズ「SEL35F18」のレビュー。44,800円もするけど、作例見るだけで欲しくなってくる…。標準ズームレンズのNEXに飽きてきたら、このレンズを買うことをお薦めするそう。「まるで別のカメラのように感じられるはず」とのこと。

バランスド・アーマチュア型もついにここまで安くなった! 3,000円台で手に入るソニーのBA型イヤホン「XBA-C10」を試した
今は2.1万以上の次に3,000~6,000円の価格帯が激戦区らしい。縦レイアウトのドライバーから出てくる音とその装着感を試してみたいな…。

続きを読む

ソニー、αシリーズ10機種のファームウェアをアップデート

ソニーストア

本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ) | ソニー

ソニーがαシリーズ10機種のファームウェアアップデートを開始。対象機種はSLT-A99/77/65/57/37、NEX-7/5R/6/5N/F3。対応レンズの追加が大半。

続きを読む

ソニーストア販売価格変更情報~ウォークマンやNEX、BDレコが値下げ

wmf807gm
ウォークマンやNEXシリーズ等、先週末2/1付けでソニーストアで色々と価格変更があった模様。以下、主立った製品を箇条書きにて。価格は全て税込。

ウォークマンF「NW-F807/ガンメタリックシルバー」:37,800円→34,800円(-3,000円)
ウォークマンS「NW-S774/スノーキルト」:15,800円→13,800円(-2,000円)
ウォークマンE060シリーズ:8,980円→6,980円(-2,000円)
NEX-5R:77,800円→67,800円(-10,000円)
BDZ-ET1000:104,801円→99,800円(-5,001円)

続きを読む

2013/01/18版ソニー関連トピック~実売9千円のBluetoothヘッドセット登場

dr-btn200
ワイヤレスステレオヘッドセット DR-BTN200
ソニー、NFC対応/40時間動作のBluetoothヘッドフォン スマホをかざしてペアリング。実売9,000円
NFC機能搭載の廉価版Bluetoothステレオヘッドセットが登場。AAC対応で、通話時のノイズを防ぐノイズサプレッションとエコーキャンセレーション機能も。内蔵バッテリで40時間の連続音楽再生が可能とか。

xba-c10
密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-C10
ソニー、4,935円のアーマチュア型イヤフォン 遮音構造採用のカナル型「XBA-C10」
こちらはバランスド・アーマチュア(BA)ドライバユニット採用のカナル型イヤフォンの新機種。独自開発のフラット形状のエアーダクト構造採用により、振動板から鼓膜までの広い音道を確保でき、ダクト内の共振が取り除かれることで、周波数帯域が広がり、広帯域に伸びのある音楽再生が可能になったとか。

続きを読む

2012/11/27のつぶやき


「Xperia Tablet S」の防滴・薄型軽量・長時間駆動はいかに実現したか
結果として9.4型に落ち着いたであるとか、額縁が狭いと意図せずに画面を触れてしまい使いにくいだろうという結論にいたったであるとか、そこを技術で解決しようとしない、iPad mini(アップル)との発想の違いが面白い。くだんのリコール騒動のことを考えると「並々ならぬ意欲」も「徹底した作り込み」もかえって徒になってしまっているような…。Tablet P投げ売り状態にしても、利益追求のためなら極端に短い期間でのスクラップビルドをもいとわない今のソニーを体現している。今後、2画面サポートなんてする気さらさら無いでしょ、たぶん。

米国の感謝祭商戦、モバイル利用は「iPad」と「iPhone」がけん引
タブレットを利用した顧客のうち88.3%が「iPad」を利用、オンラインショッピング取引の18.5%を「iPhone」とiPadが占めた。ブラックフライデーのオンラインショップへのアクセスは、スマートフォンの利用が60%近くを占め、タブレットの利用が40%だそう。果たして、Xperia Tabletはどれぐらい人と物と金を動かすことが出来たのだろうか…。

NFCでスマホと簡単接続!! ソニーのハイエンド向けヘッドセット「MDR-1RBT」を試す
有線と無線で音の違いが分からないってサラッと書いてるけどそれは無いなあ…。じっくり使い込んだという印象も無し。基本スペックをなぞるだけのレビューだから仕方ないか。

続きを読む

2012/11/22のつぶやき


Sony Tablet PのWi-Fi版が19,800円にプライスダウン。ちなみに3G対応版は55,800円のまま。なんだこの価格差は。iPad mini登場で時代は7インチ前後の小型タイプが主流になりつつあるが、リスクの多い2画面端末はフェードアウトだとして、ソニーはこのジャンルをどうするつもりなんだろうか。リコールで新Sのローンチは失敗だし、重要視している4スクリーンビジネスの1つがこんな状態で良いのか…。

※PS Storeの映像コンテンツっていまだにiTunes Storeより高いのね。HDコンテンツも少ない。Unlimited含め、価格を見直す時期なんでは。

進化し続ける“5”は「未来に生きるカメラ」へ ソニー「NEX-5R」
もう3代目か~。随分と進化してるんだね…。

続きを読む