タグ : EX500

2009年度グッドデザイン賞を受賞したソニーグループ製品

液晶テレビ<ブラビア>ZX1シリーズ(最薄部9.9ミリ) グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)候補に選出 ~ テレビの背面含め、総合的なデザイン性で高評価。他13製品がグッドデザイン賞を受賞 ~(Sony Japan)

一昨日のリリースですが、2009年度のグッドデザイン賞受賞製品についてアナウンスしていました。< ブラビア>ZX1シリーズ「KDL-40ZX1」が「グッドデザイン賞ベスト15」および「大賞」候補に選出されたほか、VAIO type P/type T、サイバーショットG3/T700、α900/380/330/230、インナーイヤーレシーバーEX500SL、BDレコーダーA950/A750、デジタルフォトフレームX1000 /X800など、計13製品シリーズで「グッドデザイン賞」を受賞したそうです。

ファインダーで検索すると、SCEやソニエリの受賞分と合わせて20製品が表示されますね。ウォークマン系はダメだったんですねー。W202なんか面白いと思うんですけどねえ。PSP goも発売前に受賞しましたが売れ行きに影響するとも思えません。ぶっちゃけGマークの存在感というか権威自体がほとんど無いような気が…。

ちなみに、あのPlaceEngineもグッドデザイン賞を受賞したそうです。(お知らせ感謝&おめでとうございますです!クウジット広報様)>クウジット、「PlaceEngine」が『2009年度 グッドデザイン賞』を受賞

続きを読む

ソニー、「iF product design award 2009」で3製品が金賞受賞~アクティブスタイルヘッドホンとサイバーショット2機種

ソニーのアクティブスタイルヘッドホンと“サイバーショット” 「iF product design award 2009」の「Gold Award(金賞)」を受賞~ 3製品が「金賞」、14製品が「iF product design award 2009」を受賞 ~(Sony Japan)

iconiconソニーの「アクティブスタイルヘッドホンicon」シリーズとサイバーショット「DSC-T700」と「DSC-T77」が、世界的に権威あるデザイン賞とされるドイツの「iF product design award 2009(以下、iFデザイン賞)」の「Gold Award(金賞)」を受賞したそうです。

また、<ブラビア>「EX1」、有機ELテレビ「XEL-1」、ホームシアターシステム「DAV-F500」、ハンディカム「DCR-SR85/75/65/55/46/45/36/35」とキャリングケース「LCS-SRC」、HDVカムコーダー「HVR-Z7」、α350、α900、Canvas Online「CP1」、デジタルフォトフレームS-Frame V、スピーカーシステム “Sountina”「NSA-PF1」、インナーイヤーレシーバー「MDR-EX500」、リニアPCMレコーダー「PCM- D50」、ウォークマンS、ポケットビット「USM-LX/L」、計14製品/製品シリーズで、iFデザイン賞を受賞したとか。

ヘッドホンはAS50Gを買おう買おうと思っているうちに時が過ぎ、Bluetooth内蔵のBT160ASをゲットしたのでスルーしてしまったなあ…。サイバーショットはT700もT77も新機種発表で思い切り値下がりしたようですが、今回の受賞で多少は盛り返すのでしょうか。

ちなみに、T700もT77もソニスタではすでに販売終了しています。Amazonでは3rdパーティー経由で結構安いっすね>T700T77

続きを読む

自分にぴったりのカナルタイプイヤホンを探そう、と思ったけど選択肢にソニー製無し

バイヤーズガイド:自分にピッタリのイヤフォンを選び出す――カナル型編

ITmediaのバイヤーズガイド。オーバーヘッド編に続き、カナルタイプのイヤホンの製品選びのポイント、試聴する際の良し悪しの見分け方、オススメ製品を野村ケンジさんが紹介。製品選びで重要なのは、妥当だと思える価格帯のチョイス、音質の好み、装着性の3点。「思ったよりも安く済んだらそのメーカーのハイコストパフォーマンスぶりをたたえ、高かったら自分の耳の高性能さを恨むことにしよう」というコメントに思わずうなずいてしまいました。

iconiconでもって、野村さんオススメのソニー製品は何かなあ、と思って探してみたのですが皆無。1万円以下もそれ以上でも、ひとつもありません。前段のケーブル断線に注意というくだりで、ソニー「MDR-EX500SLicon」の画像が挿入されていますが、しっかりしたケースが付属しているという一例紹介にとどまっているのみ。うーん、残念。というか、どれも評価に値しないんでしょうか…。

続きを読む

幅広い音楽を魅力的に再生できるインナーイヤーレシーバー「EX500SL」

人気のカナル型イヤフォンがリニューアル カナルの枠を越える低音。ソニー「MDR-EX500SL」

AV Watchの新製品レビューに、密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式採用のインナーイヤーレシーバー(<相変わらず長っ!)「「MDR-EX500SLicon」」が取り上げられました。自分のいい加減なプチインプレとは違い、EX90とEX700との比較を交えつつ、EX500ならではの特性を浮き彫りにしてます。個人的に注目したポイントを以下に箇条書き。

  • EX90SLからEX500SLに付け替えた途端に「音漏れがかなり減った」。高域から中域まで、漏れる音全体が低く、高域はマスキングされたようにこもり、気にならない
  • EX90SLとの最大の違いは中低音にあり、特に中域のボリューム感はユニットサイズが同口径とは思えないほど違う。純粋に低い音が出るだけでなく、低音再生時でもユニットが暴れず、他の帯域に悪影響を与えていないところに関心した

iconicon結論的には、「幅広い音楽を魅力的に再生できるモデルであり、多くのユーザーにオススメ」」とか。また「“低域の量感”というダイナミック型ドライバの魅力を再確認できるモデル」との記述もあります。

音漏れが少なく、コードのタッチノイズも少ないのはナイス。EX90を超えるヒット商品になるかどうかにも注目です。

(レビューでハイブリッドシリコンイヤーピースの内側の部分が硬いシリコンだから内部を通る音に悪影響が出るのを防いでいるとの解説もありますね。スペアイヤーピースのレビューで「心なしか全体的に音が締まるというか、タイトに聞こえる感じがします」と書きましたが、理由はまさにこれだったのか?)

スペアーイヤーピース「EP-EX10M」を非対応インナーイヤーレシーバーで試す

先日発売開始されたスペアーイヤーピース「EP-EX10icon」が届きました。手持ちのインナーイヤーレシーバーのイヤーピースはどれもブラックなんですが、お試し買いだし、いつもと気分を変えたいってことでホワイトにしてみました。

iconiconこれまでのスペアイヤーピースとの違いはサイズ別で4種類、カラー別で合計8種類のパッケージが用意されたこと。同サイズのイヤーピースが4つ、つまりは2セット同梱になりました。自分が買ったのはMサイズ。パッケージにもサイズを表すアルファベットが大きくプリントされています。このイヤーピースはサイズごとに芯のカラーリングも違うのですが、2個が裏返しにパッケージングされており、この芯の色でサイズを把握できるようにもなっています。

ちなみに、対応製品は現段階でEX700SL/EX500SL/EX300SL/EX76LP/EX33LP/EX33SP/EX35LP/EX33SP/EX36VF。自分はEX700しか持ってませんがそんなの関係ありません。そもそも同イヤーピース採用の先駆けとなったEX700はだとイヤーピースが外れにくく、無くす可能性が大いに減ったんです。なので、過去に発売されたEX90とかNC32やA820付属のノイキャンヘッドホン用に使うつもりで購入。

EX90もNC32NXも非対応ですが、グニュグニュッと押し込めば使えます。しかも、新しい仕様の芯の構造からか、がっちり固定されます。軽く回転させればこれ以上ないぐらい固まります。従来型と構造が微妙に違うので、実際に出てくる音にも微妙に変化があるようです。科学的な検証はできませんので確証はありませんが、心なしか全体的に音が締まるというか、タイトに聞こえる感じがします。まあ、そうした音質の変化を楽しむというよりも、イヤーピースがちょっとやそっとじゃ外れないという安心感が手に入るのがとにかくうれしいというのが正直な感想です。

ということで、少々古めのインナーイヤーレシーバー(実際は世代によって仕様が変わっているようですがその辺は感覚的にご理解を)を愛用している方で、イヤーピースがちょくちょく外れて困るという方はお試しあれー。劇的に安定しますですよん。

続きを読む

ソニスタ、インナーイヤーレシーバー新製品「EX500」と「EX300」の先行予約販売を開始

ソニスタで、10/10発売予定の密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式採用のインナーイヤーレシーバーの新製品「MDR-EX500SLicon」と「MDR-EX300SLicon」の先行予約販売が始まりました。販売価格は、EX500が9,980円、EX300が4,980円。

iconicon iconicon

iconiconまた、上記新製品を含むソニー製インナーイヤーレシーバー(EX700SL/EX76LP/EX33LP/EX33SP/EX35LP/EX33SP/EX36VF)に対応するハイブリッドシリコンイヤーピースの新製品「EP-EX10icon」の発売も始まってます。価格は480円。これまでのスペアは3サイズの1セットでしたが、今回から同サイズの4個セットになってます。これはうれしい。

まずはEP-EX10の大量購入だな、これは。対応機種に入ってないものが多いけど、手持ちのインナーイヤーレシーバーのイヤーピースを全取っ替えしてみようかなと…。