タグ : BT15

iOS4.1内蔵Bluetooth接続検証~ソニー製品編 【訂正あり】

先日実施された4.1アップデートでようやく実現したiPhone 4などのiOS搭載デバイスの内蔵Bluetoothでのリモートコントロール機能ですが、手持ちのBluetooth製品で接続検証してみた結果を備忘録的にレポートしておきます。

検証に使ったiOSデバイスは4.1適応済みのiPhone 4と比較対象として4.0以下のデバイスに3.2.2搭載のiPad Wi-Fiを使ってます。まずは一番数が多い、ソニー製品編から。

古い製品が中心ですが、ヘッドホンがDR-BT160ASとDR-BT50、レシーバーがDRC-BT60とDRC-BT15とVPM-BRM1、スピーカーが初代Rolly、合計6機種にてテストしてみた結果は以下の通り。

iOS4.1で実現した曲送りと戻しに関してはRolly以外は全く問題なしという結果となりました。また、AccuRadioなどのラジオアプリでは曲送りやチャンネル変更が可能な場合もありました。色々試すと面白いかも。ちなみに、BT50とBRM1のフォルダ送り・戻しボタンは全く無反応で使えませんでした。

【追記】Rollyですが、操作を勘違いしてまして、早送り・戻しともに全く問題ありません。できないのは、BT50やBRM1同様、アルバム単位の送り・戻しです。訂正してお詫びします。ご丁寧にご指摘感謝です!>Oさん@ソニー。

それと、これはソニー製品に限った話しではないのですがが、特に再生中の曲がない場合に、レシーバーやヘッドホン側から再生ボタンを押すと、OS関係なく全曲シャッフルモードでスタートすることを今頃発見しました。

曲送りと戻し、単純な動作ですが、できるとできないとでは大違い。iPadも早く対応して欲しいものです。

ということで、次回はソニー以外の手持ちの機器での検証結果をお届けしたいと思います。

続きを読む

Bluetooth機器との接続検証でわかったiPhone 4内蔵Bluetoothの性能

iPhone 4と手持ちのBluetooth機器のA2DP接続をざーっと検証してみたのでその結果をサラッとメモ。なお、内蔵Bluetoothの場合はAVRCPは再生開始とストップのみ対応。iOS4同様、ボリュームの調整は可能ですが、AVRCP経由では無く、iPhone側から送出する一定の音量を上げ下げしているだけっぽい。

【レシーバー】
○正常に動作:ソニーBT60、ソニーBT15、ソニーBRM1、リテールコムBSH18
△条件付きで動作:ソフトバンクSBM Headset(中央のプレイボタンで停止は出来るが再生が出来ない)
×ペアリングは出来るが動作せず:東芝reciever01(01TSQRA)

【ヘッドホン・ヘッドセット】
○正常に動作:ソニーBT50、ソニーBT160AS、Jabra8040

【スピーカー】
○正常に動作:リテールコムSTB2819(マイクが無いのでハンズフリー通話は不可)、リテールコムSTB2825、リテールコムSTB2820(マイクが無いのでハンズフリー通話は不可)、アビリティークリエイトSTB2819(マイクが無いのでハンズフリー通話は不可)、アドテックAD-MB80

手持ちのドングル(ソニーTMR-BT8iP、bluetribeSBT01、PCI BT-DockT)と上記機器との組合せはA2DP/AVRCPともに特に問題なく動作。HFP/HSPに関しては面倒なので全部は未検証だけど、A2DPが問題なく動くならおそらくほぼ大丈夫なのでは…。

続きを読む

Bluetoothヘッドセット・ワイヤレスレシーバーの新製品

スタイルメンバーメール経由で知りましたが、ソニスタでBluetoothヘッドセット・ワイヤレスレシーバーの新製品2機種の販売が始まりました。

iconicon iconicon

ソニエリ製「HBH-DS205MK2icon」はワンセグ・音楽・通話対応で、通話約8時間、連続待ち受け約600時間の密閉型インナーイヤーヘッドホン付き。税込9,980円。

ソニー製「DRC-BT30Picon」は5,980円という価格設定が魅力なカジュアルモデルながらも周囲の電波の影響による音切れが発生しにくいBluetooth Ver.2.1+EDRを採用。イヤホン・ヘッドホンは別売り。

HBH-DS205の後継で付属の密閉型インナーイヤーヘッドホンのデザインが変わりましたが、Bluetoothの バージョンは2.0+EDRと古いまま。DRC-BT30Pはクリップとストラップの2ウェイ装着スタイル採用でヒットモデル15Pの流れをくむ廉価版とうイメージ。付属のUSBケーブルで簡単充電可能とのことで、BT15よりは運用しやすくなったみたい。

これから買うならコストパフォーマンスに優れた後者かなあ。それはそうと、Bluetooth+ノイキャン、そろそろ出てもよさそうな気が…。

続きを読む

Bluetoothケータイの増加でBluetoothレシーバーに注目集まる

最近の携帯はワイヤレスのほうが便利? 「DRC-BT15」

iconiconソニーのBluetoothレシーバー「DRC-BT15Picon」のレビュー。防滴構造を持つ端末との相性が良いのではとのこと。なるほど、確かにそうですねー。ちなみに、BT15の発売は一年以上も前の2008年1月ですが、キャリアを問わずBluetooth採用のケータイが増えていることもあって、こういうタイミングで取り上げられるんでしょうね。

「Walkman Phone, Xmini」ロードテスト:第6回 「Bluetoothなどいらん」……なんて言わないで

ソニエリのWalkman Phone, XminiロードテストもBluetoothネタ。こちらは「DR-BT21G」との組み合わせ。

シグマA・P・O、ステレオミニ接続のBluetooth送信機 -実売6.980円。ホワイト/ブラックの2色を用意

Bluetoothといえば、シグマA・P・Oがステレオミニプラグのアナログ音声入力を備えたBluetoothオーディオトランスミッター「SBT04」を4月上旬に発売するとか。Bluetooth Ver.2.1準拠、A2DP対応、リチウムポリマーバッテリ内蔵で連続約10時間の利用が可能。店頭予想価格は6,980円前後。iPod用はノイズが気になりましたが、今度のは大丈夫なのかなあ。

続きを読む

スポーツ仕様のBluetoothステレオヘッドホン「DR-BT160AS」を試す

大変遅くなりましたが、Bluetooth2.0+EDRに対応した防滴仕様のネックバンドタイプのステレオヘッドセット「DR-BT160ASicon」のプチレビューをお届けします。ちなみに、コードの露出が一切無い一体型はBT50に続いて2機種目で、防滴仕様のBluetoothヘッドホンはソニー初でございます。

■パッケージと本体デザイン

海外のS2シリーズの流れなんですかね。パッケージがそれっぽいです(画像で男性が腕につけているDAPはもしかしてiPod?)。中身はヘッドホン、イヤーピース(S/L)、ACアダプター、取説。アダプターのプラグはBT50やBT15、CDウォークマン付属のものと同じ。

ハンガー部で両耳の後ろに来る黒いパーツがこのヘッドホンの大きなデザイン要素。このパーツにBlueotooth関連の回路やアンテナ、バッテリが入ってるわけですね。

左耳側にACアダプター用のプラグがあるので、おそらくこっちにバッテリーが入っているんでしょう。また、主な操作は右耳側のジョグスイッチから行なえます。

イヤーレシーバーはカナル型でイヤーチップには最新のハイブリッドシリコンイヤーピースを使用。ただし、イヤーレシーバー部に限っては防滴仕様では無いそうです。汗水が付着したら乾いた布で拭き取って乾燥させろと取説に書いてありました。

ちなみに、内蔵バッテリーの充電は左耳側のパーツ下部にあるゴムを外してACアダプターのプラグを差し込んで行います。スポーツでの利用の際はこのゴムがしっかりと止まっていることを確認したほうが良いです。なお、バッテリー残量は他のシリーズ同様、電源が入っている状態でPOWERボタンを押すことで点滅する赤色のLEDで確認できます(多い:3回>2回>1回:少ない)。

続きを読む

ソニー製が2割を占めるITmediaの「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ

2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(ヘッドセット編)
2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(音楽対応モデル編)

iconiconITmediaのバイヤーズガイド。2008年秋冬版の「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログだそうです。ソニー製は、ヘッドセット編でソニエリ製の「HBH-PV703」と「HBH-PV708」と「HBH-IV840」が、音楽対応モデル編ではソニー製の「DRC-BT15P」と「DR-BT140Q」と「DR-BT21G」とソニエリ製「HBH-DS205」が取り上げられています。

自分が持ってる製品はBT15のみなので参考になりました。全体的にさらっとしたレビューですけど、全部で30機種以上も検証しなくちゃいけないんだもの、そりゃ大変ですよねー。

ちなみに、ヘッドセット編では個人的に最近一押しのJabra BT8040も取り上げられています。紹介されている20機種のヘッドセットのうちA2DP対応はこいつと同社BT530のみ。意外に貴重なんですねー。

【追記】その後、「2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(ハイエンド/特殊モデル編)」も公開されています。こちらは残念ながらソニー製は皆無でした。

続きを読む