タグ : Bluetooth

2014/01/15版ソニー関連トピック~現行機の1/4になった小型4Kハンディカム

4k_handycam

現行機比約1/4に小型化した4Kハンディカム™を発売~大型で高感度な1.0型イメージセンサーを搭載し、暗所での高画質撮影も実現~
備えた大型で高感度な1.0型 有効約1420万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor Rを搭載し、暗所でも低ノイズで高画質な撮影が可能。新世代画像処理エンジンBIONZ X採用により、見たままの質感や高精細な描写が可能。その高速処理能力によって「全画素超解像ズーム」(最大24倍)や、「4K静止画出力」、高画質フルHD対応のAVCHD動画と、スマートフォンなどへの共有・転送に便利なMP4動画の「同時ビデオ記録」といった、これまでにない新規機能も搭載。高精細な描写を実現するために新開発した最大広角29mmZEISSバリオ・ゾナーT*レンズで最大12倍の光学ズームなども可能。

1.0型イメージセンサーを採用し、暗所でも明るく、美しいぼけ表現が可能なハイエンド機など、高画質・多彩な撮影機能を搭載したハンディカム™ 計5機種発売
HDR-CX900は大型で高感度な1.0型Exmor R CMOSイメージセンサーやBIONZ Xの搭載により、暗所でも明るく、印象的で美しいぼけのある映像表現が可能。HDR-PJ800、HDR-PJ540、HDR-CX535は手ブレ補正幅を約13倍に高める独自技術を採用した「空間光学手ブレ補正」機能を搭載しブレやすいズーム時でも高画質の安定した映像が撮影可能。HDR-CX420は広角撮影時の手ブレ補正幅を約13倍に高める機能を実現。

Sony Mobile、普及モデル「Xperia T2 Ultra」と「Xperia E1」を発表
ソニー、Xperia T2 Ultra と Xperia E1発表。6インチと4インチ、デュアルSIMスロット、ウォークマンボタンなど
6インチ(1280×720)のT2 Ultraは中国やアフリカなどの新興国市場向け普及モデル、ウォークマンボタン搭載のE1は音楽機能にフォーカスしたミドルレンジ端末でいずれもデュアルSIMモデルが用意されるとか。

続きを読む

2014/01/14版ソニー関連トピック~音に連動するライトシンク機能付きNFC対応Bluetooth搭載CDラジオが登場

zsrs70bt

ソニー、低音に連動して光るBluetooth対応CDラジオ 短波の「ラジオNIKKEI」対応ホームラジオも
NFC対応のBluetooth搭載CDラジオ「ZS-RS70BT」(予想価格15,000円前後)と、短波放送「ラジオNIKKEI」の受信に対応したホームラジオ「ICF-M780N」(予想価格10,000円前後)がでるそうです。CDだけじゃなくてUSBメモリなどにも対応するんですね。手軽にFMやCDが楽しめそうなのがよさげ。1台あると便利かも。買ってみようかなあ…。

ハイレゾ&スマホ共存のウォークマンが上位を独占――ビックカメラに聞く
ビックロ ビックカメラ新宿東口店では、ソニーのウォークマンが全体的に好調だそう。また、「ハイレゾが大きなトレンドになりつつあるのは確かで」「一般の方からも『ハイレゾって何?』とよく質問をいただきますし、試聴コーナーも人気」と店員がコメント。

ソニーがスマートウェア『Core』に挑む本当の理由:CES2014
スマートウェア、スマートフォン戦略を語るソニーモバイル黒住氏
まあ、やりたいことができるようになってきたと言ってもほとんどがいつもの後出しじゃんけん。ハイレゾにしても何にしてもやることが1年以上遅いのが今のソニー。

続きを読む

2013/12/14のつぶやき~BMLにてOlasonic TW-BT5のレビュー公開中

2014_calender

※外出から帰宅したらソニー(ソニーストア)と任天堂(クラブニンテンドー)からの郵便物がポストに。中身は来年のカレンダー。ソニーのは好例になっている世界遺産カレンダーで任天堂の方は同社お馴染みのゲームキャラメインのカレンダー。実用度で言うとソニーの方が上だけど、遊び心的には任天堂が上かな…。

Olasonicブランド初のBluetoothスピーカー「TW-BT5」を試す~外観・仕様確認編

すでにご覧いただいているかもしれませんが、Olasonic初のBluetoothスピーカー「TW-BT5」のレビューをBluetooth Music Laboにて公開中です。興味ある方はどうぞ。

続きを読む

2013/12/11版ソニー関連トピック~GoogleがSony Z Ultraを米国で発売開始

googleplay_zultra

米Google、「Z Ultra」「G Pad 8.3」のGoogle Play Edition販売Z UltraのGoogle Play Editionと白のNexus7(2013)が発売開始
Google PlayでXperia Z Ultraっぽい「Sony Z Ultra Google Play Edition」の情報が掲載されています。「Sony Z Ultra Google Play Edition」のページにアクセスすると、「お住まいの国ではご利用いただけません」とのアラート表示。ということでZ Ultraの日本での発売は未定ですが、日本語のページが用意されているということは、そのうちに販売されると思っていてよいのかしら…。米国版についてはEngadgetに関連情報あります>Google、ソニー (Xperia) Z Ultraと LG G Pad 8.3をSIMロックフリーで直販。素Android搭載のGoogle Play Edition

ワイヤレススピーカーでぱっと変わる!もっと遊べる!スマホ時代の音楽ライフ|アクティブスピーカー|ソニー
SMOJが「プレゼントに関する意識・実態調査」を実施。スマホ関連商品なら「欲しい」と回答した人が89%と非常に多く、スマートフォン関連グッズの中でも具体的に欲しい商品について聞いてみたところ、充電器/バッテリー、スマホケースに次いでワイヤレス(Bluetooth)スピーカーが3位に入ったとか。

続きを読む

2013/11/30版ソニー関連トピック~スマホとの2台持ちが苦にならないウォークマン「NW-M505」

m505

「ウォークマンM」は“スマホと2台持ち”の不満を解消 12月7日発売。S-Master MX強化で「非ハイレゾはF880同等」
Bluetoothレシーバー機能内蔵ウォークマン「NW-M505」の製品説明会レポ。ポータブルオーディオプレーヤーとスマートフォンの“2台持ち”をする人が新たなターゲットで、「2台持ちが苦にならない、携帯性と操作性の実現」を目指し開発されたそう。ま、なんだかんだで、買いましたけれども、もっと早くに出せた(出すべき)製品だったと思いまふ…。
【追記】ASCII.jpなどにもプチレビュー&レポ発見>久しぶりのスティック型ウォークマン「NW-M505」はスマホ連携&アンプ強化で攻める!ソニー、ハイレゾアップスケーリングなどウォークマン独自の高音質化技術を説明スマホとの2台持ちを狙う! 新型ウォークマン「NW-M505」の特徴を紹介

ウォークマンZX1/F880で“圧縮音源もハイレゾ相当”にする「DSEE HX」の狙いと効果
導入理由について、「ビット拡張により、CDや圧縮音源では薄くなりがちなピアノの消え際、人の声などの微小部分で音が薄くなることを、元の厚みがあるしっかりした音にしたい」と説明。NW-ZX1には搭載した状態で発売。NW-F880もアプデで12月中旬より対応。

続きを読む

東和電子、OlasonicブランドのBluetoothスピーカー「TW-BT5」を12月中旬発売~NFC対応で9,980円

twbt5_001

高音質Bluetoothモバイルスピーカー Olasonic TW-BT5

東和電子が、OlasonicブランドのBluetoothスピーカー「TW-BT5」を12月中旬に発売します。同機は2010年春発売の「TW-S7」以来同社が培ってきた小型スピーカー技術にBluetoothワイヤレス接続の使い易さを組み合わせた商品。Bluetooth対応スマートフォンや音楽プレーヤーなどの音源を同機だけで簡単に広い音場感を持った高音質で楽しめるとのこと。価格はオープンで市場推定価格は税込9,980円。

続きを読む