カテゴリー : PS4

2014/01/10版ソニー関連トピック~変化する方向に走り出したソニー

ソニー「Life Space UX」が提案する“部屋まるごと臨場感”とは?
数あるCESの展示でも最も面白いのがソニーブースだそうで、中でも目玉になっているのが、「Life Space UX」というショウルームスペース。プレス発表会でも全く触れられなかった“ソニーの隠し玉”的な展示だそう。「テーブルトップスクリーン」は正に映画の中の世界。

【CES】ソニー平井CEOが語る“変わりだしたソニー” ー リスク取ってイノベーティブな製品づくりを
変わったという過去形ではなくまだ道半ばで、「変化したというよりも、変化する方向に走り出している、変わったと宣言するようなタイミングにはなった」と平井CEO。まあ、カメラ以外は特に大きな成果出せてないもんね…。今年は医療とPS4ビジネスの飛躍が期待できそうだけど、日本では今回の一連の発表受けても株価あまり上がらないね…。

続きを読む

No tags for this post.

2014/01/08版ソニー関連トピック~失敗を恐れずにチャレンジ

4Kpj_2014

空間を活用した新たな映像体験を提案する 4K超短焦点プロジェクターを開発~リビングの壁際に置くだけで、壁面に最大147インチの大画面映像を投影可能~
普段何も存在しないリビング空間の壁に、大画面・高精細な映像を出現させて新たな体験を提供可能な4K超短焦点プロジェクターの開発を発表。最大147インチの高解像度映像を投影可能とか。下の記事でも採り上げられてます。

「感動を生み出す商品を」。ソニー平井社長単独インタビュー 好奇心を刺激し、チャレンジをかたちに
「ユニークな商品というのはどんどん議論して出していくことが、これからのソニーにとっては大事」との力強いお言葉。失敗プロダクトの中に、mylo、Rolly、VAIO type U、Chumbyなどがありますが、失敗を恐れずチャレンジするのがソニーだということなのでしょう。ところで、CLIEは成功でも失敗でもない、箸にも棒にもかからないプロダクトだったのか…。

ソニー、11.6型液晶搭載の2-in-1ノート「VAIO Fit 11」を発表~小型ウェアラブルデバイス「SmartBand SWR10」も
搭載CPUはPentium N3520(2.166/2.42GHz)。より幅の広いユーザー層をターゲットにするためにスペックと価格を抑えた構成に。「トリルミナスディスプレイ for mobile」採用の液晶は11.6型ながらフルHD対応で「デジタイザースタイラス」も利用可能。メインメモリは8GB、ストレージは256GBのSSD。そういえば、暮れにオーダーした同居人のFit 13の納期が1週間早まるとの通知が来ていたっけ。

続きを読む

2013/12/13のソニー関連トピック~USB 2.0とmicroUSB両対応のスマホ用フラッシュドライブが米国で発売

usb_sa

Sony Global – Memory Media & External Hard Drive Portal – USB Flash Drive for SmartphoneUSB 2.0/microUSB両対応の"2-in-1"フラッシュドライブ – ソニー
USではこんなUSBメモリーが出てるんですね。Android 4.0.3以降に搭載されているUSB On-The-Go (OTG)機構を用いることで”ホスト”として動作させるとUSBフラッシュの読み書きが可能になるそうです。

「スマホと2台持ち」の不満は解消? 「ウォークマンM」を試す Bluetoothでスマホ連携するNW-M505の実力とは
AV WatchのNW-M505レビュー。操作性に関するツッコミは実際に使っている人誰もが感じるところなのでは。というか、ソニーの開発者はこの操作性に疑問を感じなかったの?と問い詰めてみたい衝動にかられて幾久しや。

スマートフォンと繋がるウォークマン「NW-M505」を購入!Xperia Z1とともに1週間使って分かった魅力を写真を交えて解説【レビュー】
こっちもM505レビュー。M505に限った話ではないとの前置きはあるが、「受話を再生・一時停止ボタン、終話をサイドのHOME・BACKボタンを使って行うため、慣れが必要であり、急に電話が掛かってきた際対応ができない恐れがある」との記述。

続きを読む

2013/12/10版ソニー関連トピック~NW-M505は2台持ちが苦にならない携帯性を兼ね備えているのか?

DSC06832

スマホユーザーが喜ぶ“ウォークマン”とは? ソニー「NW-M505」
レビューかと思ったら違った。M505って見た目以上に重くて、ワイシャツのポケット程度では暴れてしまってうまく使えない。スーツのポケットでも結構厳しいと思う。個人的には「2台持ちが苦にならない携帯性」に関しては正直微妙と感じてます。

PlayStation®Vita/PlayStation®Vita TV システムソフトウェア バージョン3.01 アップデートについて
動作の安定性を改善のみ。そういえば、先日Music Unlimitedアプリがアプデでバックグラウンド再生に対応してくれました。これはうれしかった。

[小野憲史のゲーム時評]PS4とXboxONE ソフトに見る戦略の違い
スマホアプリの普及でを踏まえた対応策が両者に求められている。特に日本ではモバイル・ソーシャルゲームのF2P市場が大きく、パッケージを超えたという調査データも出ているとか。

続きを読む

2013/12/06版ソニー関連トピック~国内未発売の「SBH52」をExpansysがレビュー

sbh52

【EXPANSYS SIMフリー情報局】第24回:BluetoothヘッドセットSony SBH52 – 音楽を聴くのはもちろん、スマホの子機としても利用可能
Expansys担当さんが、国内未発売の「SBH52」をレビュー。スマートフォンの子機としても利用可能な点が最大の特徴とか。防滴対応も良いけど、国内ではFMラジオが使えないのかな。Xperia UltraのWi-Fiモデルの噂があるし、こちらも国内発売に期待でしょうか。

ウォークマンのハイレゾが生み出す、複雑なクラドニ図形。六本木で体験イベント開始
圧縮音源を可視化した時の差が見てみたい。ところで、可視化されたもの(図形)を見て音の善し悪しが判断できるのでしょうかね…。そもそも、音が良いのと音楽(楽曲)が良いは全然違うし…。

ソニー・ミュージック、楽器メーカーZOOM主催の新人オーディション「1st DEMO SONG」開催
Zoomとえば、ソニー「HDR-MV1」のライバルになりそうなハンディ・ビデオ・レコーダー「Q4」の発売を発表したばかり。ギターのヘッドにマウントできるってのが良いなあ。ってオーディションの話には一切触れてないし…。

続きを読む

2013/12/04版ソニー関連トピック~PS4の実売累計が半月で210万台越え

「プレイステーション 4」(PS4™)、世界累計210万台の実売を達成~記録的な売上を達成した北米の勢いが欧州、オーストラリア、ニュージーランド、ラテンアメリカでも持続~
SCEが12月1日時点での全世界(32カ国)でのPS4実売累計が210万台以上を達成したと発表。売りの一つであるシェア機能もこれまでに650万以上のコンテンツが共有されたとか。うーん、すごさが実感できない…。

「PlayStation® Awards 2013」受賞タイトルのご案内
100万越えのPlatinum Prizeが「グランド・セフト・オートV」、50万越えのGold Prizeが「龍が如く5」や「METAL GEAR RISING REVENGEANCE」を含む8タイトル。ユーザーチョイス賞はともかく、他の賞は数の論理。実際の評価が低いタイトルも多いぞ…。

「Xbox One」レビュー(後編)–リビングの中心に置く次世代エンターテイメントシステム
PS4の話もちらほら。価格差を踏まえた全体的なお得感はPS4に軍配が上がるも、PS4に無いライブテレビの統合が目的ならXbox。いずれにしても、どちらもプラットフォームとして成熟するまでには時間がかかるので、独占タイトルに食指が動かないなら待ちとの結論。

ビデオや音楽も楽しめる手のひらサイズのゲーム機~PlayStation Vita TV
日経トレンディ2014年1月号からの転載。確かにサクサク動くけど、非対応ソフトの問題や現段階でYouTubeが見られないのが残念。ポケステなんてどうでも良いから、みんGOLぐらい対応しようぜ…。

続きを読む