apt-X対応の高音質Bluetoothヘッドホン「Creative WP-350」を試す(3)


クリエイティブメディアのPure Wirelessシリーズのマイク内蔵Bluetoothワイヤレスヘッドホン「WP-350」のモニターレビューも今回で打ち止め。最終回は携帯電話での通話品質やマルチ接続、その他雑感と要望などで締めたいと思います。(レビュー1回目はこちら2回目はこちら

■マルチ接続について

1回目のレビューに書いたとおり、WP-350が対応しているBluetoothのプロファイルはA2DP、AVRCP、HSP/HFP。今時のケータイやスマホの大半が対応している最もポピュラーなプロファイルで、前2つはオーディオ系で、後者はマイクによる通話系。

要はこれらのプロファイルに対応していれば、任意のBluetooth対応機器の音楽をWP-350で聴いている途中で、携帯電話の着信があると、自動的に音楽を停止して、ヘッドホンだけで受話と通話が可能になります。

WP-350は複数の機器とのマルチ接続が可能なので、ウォークマンのようなマイクを持たないBluetoothオーディオ機器とA2DP接続した状態で、Bluetooth内蔵の携帯電話やスマートフォンなどとHSP/HFPで接続できます。


最近は携帯電話を2台持ちする人も多いですが、iPhoneで音楽を再生させながら音声通話はBluetooth対応ガラケー経由、Xperiaで音楽再生しながらiPhoneで待ち受け、なんてこともできちゃいます。ま、実際にやる人はほとんどいないと思いますが…。

apt-X対応の別売オプションのiPod用Bluetoothアダプター「BT-D5」やPC用Bluetoothアダプター「BT-D1」をA2DPで、Bluetooth内蔵の携帯電話やスマートフォンなどとHSP/HFPで、という組合せももちろんOK。

なお、BT-D5とBT-D1の同時使用は出来ません。いずれも音楽再生のための専用アダプターなので、iPad+BT-D5で音楽を楽しみながら、PC+BT-01で音声通話という組合せはできません。そもそも、専用ドングル2つ同時にWP-350と接続出来ません。

また、ひとつのドングルを共用してZiiSound D5とWP-350、両方を使う場合は、最後にペアリング再生していた機器が優先されるようです。D5はオートパワー機能付きなので、WP-350で使いたいと思っても、先にD5に接続されてしまうケースも考えられます。回避するにはいったんD5の電源を落としWP-350と接続すればOK。逆の場合も同じ考え方でいけます。

■マイクの使用感

通話品質はかなり良いほうです。au同士で試してみましたが、電話で直接話すよりは劣りますが、ヘッドホン経由でも相手の声はそこそこクリアに聞こえましたし、先方(同居人)もこちらの声がはっきり聞こえると言ってました。

これが、「ClearSpeech Engine」によりノイズを抑制して通話の音質も向上するという全指向性のノイズサプレッションマイクの威力なんでしょうか。ただ、性能がよい分、周りのノイズも拾うようなので、外で使う場合はちょっと注意が必要かも。

クルマの走行音や風切音など、こちらはオーバーヘッドホンなので聞こえないし、相手の声も聴きやすいですが、相手はノイズまみれで自分の声が届いている場合もあるので…。

ちなみに、これまで色々なBluetoothヘッドホンやレシーバーを使ってきましたが、同居人に音が良く聞きやすいと言われたものは意外と少ないので、かなり優秀と言えるんじゃないでしょうか。

参考までに、WP-350とPSP goの組合せではSkype通話も可能でした。なお、PSP goは音楽再生とSkypeを同時に使うことは出来ませんので、念のため…。

■雑感・要望


・apt-Xの威力はライブコンサートや映画などの動画で実感できます。唄や台詞もほぼ完璧にリップシンクしてくれます。ドラムやギターカッティングなどのリズムを刻む楽器も限りなくジャストに近いので全く違和感がありません。それでいて音が良いんだから言うこと無し。

・ハウジングがコンパクトなんですけど意外に密閉度が高いってことに、ソニーBT50と比較してみて気がつきました。1回目のレビューで音漏れについて書きましたけど、ボリューム抑えめなら電車やバス内での利用も全然アリです。実際に持ち出して使いましたけど、特に周りからの視線は感じませんでした…。

・バッテリーの残量を確認する手段がないのが残念です。ソニー製品は電源ボタンの短押しによるLED点滅回数で、3段階程度とおおざっぱながらも、残量が把握できるので、同様の手法で対処してもらえるとうれしいかも。ちなみにバッテリー切れ直前にはLEDと警告音で知らせてくれます。

・充電用のmicro-USBコネクタですが、雨や汗などが入りにくい位置にはあるんですが、コネクタ自体がむき出しなので、防塵対策(ビニール製カバー等)があると安心かも。ってこんなこと言うのは日本人ぐらいか…。

・ここまでできるなら是非NC(ノイズキャンセリング)機能も…。

・ブラック1色はあまりに選択肢として少なすぎるので、Bluetoothスピーカー同様のカラバリ展開を望みます。


ZiiSound D5もシンプルで高品質な製品でしたけど、WP-350も負けず劣らずシンプルで高品質。このクオリティで9,800円は安い。BT50の約半値ですからね。

最後の最後に、こうしてまたモニターの機会をくださったクリエイティブメディア関係者の皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。今後も、良い意味でソニーを刺激してもらえるような製品を届けていただけることを願っております。

また、今後発売されるあらゆるBluetooth対応機器がapt-X対応になってくれることを切に望みます。apt-X聞いちゃうと、もうSBMには戻れないっす!

【参考リンク】
Creative WP-350発売のお知らせ(プレスリリース)
Creative WP-350 マイク搭載 Bluetoothワイヤレスヘッドホン(Amazon)

エクスパンシス
コメント 停止中