ウォークマンがソフマップ秋葉原(本館一階)で7割のシェア

ウォークマン、音楽プレーヤーの売れ筋トップに――ソフマップに聞く

iconiconソフマップ秋葉原本館(一階)の携帯オーディオプレーヤー売れ筋ランキングTOP6のうち、ウォークマンがなんと4モデルを占めたとか。多機能高音質なNW-X1000シリーズiconへの注目が原動力になって他のシリーズに目を向ける人が増え、ブランド全体で盛り上がっているのが今の状況らしいですが、iPodの潜在需要がiPhoneに流れている状況もかなーり影響している感じ。ちなみに同店シェアは「ウォークマンが7割で、iPodが2割、残り1割が他のブランド」とのこと。

iconiconある意味iPhone様々ですね。全国規模や他店でのランキングはまた違うんでしょうから何とも言えませんが、それでも7割って結構すごいですよね。しかもアキバで。昔は真逆でしたもの…。意外にEシリーズも人気なんですね。さらに安価な「Bシリーズicon」の国内投入も今ならアリなんじゃないですかね…。

【追記】色々コメントいただきましたが、記事に修正が入ったようですね。全館合計ではウォークマンがiPodに肉薄という表現に変更されています。色んなツッコミが入ったのかなあ。ま、トレンディですから…ね。

そういえば、先週の「ウォークマンWシリーズ開発秘話~ウォークマンは一つの塊であるべき」というエントリーに対してtomooさんからこんなコメントをいただいてます。

Walkman Chronicle、正直ガッカリな内容でした。
10年前に20周年記念で刊行された「ウォークマン年鑑」、
こちらと比べると「ウォークマンへの愛」を感じ取ることが出来ないんですよね。
最も気になったのは肝心のウォークマンの画像が小さすぎることです。
オッサンのグラビアにページを割くのは違うんじゃないでしょうか。
ウォークマンの行く末が不安になるような、そんな一冊でした。

いまだに読み込んでませんが、ぱらぱらめくってみると確かにインタビューを受けている人の写真が8ページほどありますね。130ページで税込3500円だからページ換算で約200円。オッサンのグラビア代にしては高い?

それそうと、メモリータイプのウォークマンって今年で10周年なんですねー。MS7の発売が99年ってことで、30周年以外にこんな節目になっているのでした。まあ、そういう事実を把握できるという意味では役に立ってくれたかなWalkman Chronicle…。

【関連ニュース】
至上最高峰をうたう“ウォークマン”がついに登場! ソニー「ウォークマン NW-X1000シリーズ」 徹底レポート

  • トラックバック 停止中
  • コメント (1)
    • imo
    • 2009 8/19

    iPodはモデル末期だからかな〜とか思いましたが、コメント読んで吹きました。
    これはSPAさんも訂正入れた方が良いレベルでは?

コメント 停止中