自分にぴったりのカナルタイプイヤホンを探そう、と思ったけど選択肢にソニー製無し

バイヤーズガイド:自分にピッタリのイヤフォンを選び出す――カナル型編

ITmediaのバイヤーズガイド。オーバーヘッド編に続き、カナルタイプのイヤホンの製品選びのポイント、試聴する際の良し悪しの見分け方、オススメ製品を野村ケンジさんが紹介。製品選びで重要なのは、妥当だと思える価格帯のチョイス、音質の好み、装着性の3点。「思ったよりも安く済んだらそのメーカーのハイコストパフォーマンスぶりをたたえ、高かったら自分の耳の高性能さを恨むことにしよう」というコメントに思わずうなずいてしまいました。

iconiconでもって、野村さんオススメのソニー製品は何かなあ、と思って探してみたのですが皆無。1万円以下もそれ以上でも、ひとつもありません。前段のケーブル断線に注意というくだりで、ソニー「MDR-EX500SLicon」の画像が挿入されていますが、しっかりしたケースが付属しているという一例紹介にとどまっているのみ。うーん、残念。というか、どれも評価に値しないんでしょうか…。

【関連ニュース】
カナル型イヤホン全盛、めまぐるしく変化するヘッドホンのトレンド
「秋のヘッドホン祭2008」の出展にみる 岩井喬氏がオススメする今冬の“ベストヒット・ヘッドホン”

コメント 停止中