タグ : W170

ソニエリ、au向けBluetooth搭載サイバーショットケータイ「W61S」を正式発表

ソニエリジャパンがau向けの携帯電話新製品2機種を正式発表。カタログ情報が流出していたサイバーショットケータイ「W61S」だけでなく、GSM対応のグローバルモデル「W62S」も同時に発表されました。また、間もなく発売されるW54Sの製品情報も更新されています。

『Cyber-shot(TM)ケータイ W61S』の発売について
『Cyber-shot(TM)ケータイ W61S』(au)の製品情報を掲載
約180カ国・地域で使用できるGSMに対応し、素材にこだわった上質なデザインが特長の『W62S』の発売について
『W62S』(au)の製品情報を掲載
『W54S』(au)の製品情報を更新

W61Sは、「スマイルシャッターLite」、「顔キメLite」、有効511万画素のCMOSセンサー「Exmor」を搭載するほか、Bluetooth機能を使い、別売のソニー製ワイヤレスオーディオレシーバーで遠隔操作のシャッター操作も可能とか(クリエでもあったような…)。また、カメラメニューからすぐにブログやSNSサービスにアクセス、撮影後すぐに写真をサイトに投稿することができる「ブログアップ機能」もあるそうです。

W62Sは、約180カ国・地域で使用できるGSMに対応し、国内外で楽しく使える便利ツール集「GlobalAssort」を採用したグローバルケータイで、国内・海外で楽しめる様々な便利ツール集「GlobalAssort」の搭載が大きな特徴のようです。

BT15Pのレビューを準備している最中の発表だったみたいですね。ある意味ナイスタイミング。ソニー主導じゃないKCP+に不安を覚えつつも、W54Sほど無個性(ソニーらしさが少ないという意味)じゃないしってことで自分を納得させようかと。なんてったってサイバーショットが冠に付いてますから。本家の広角モデル(W170)登場で久々にサイバーへ回帰しようかと思っていたのですが、W61Sに乗り換えたらまさにサイバーづくしになっちゃいます。2月上旬以降発売とのことで今から楽しみです。

【追記1】Bluetoothという言葉が難しいものになってしまうので、“ワイヤレスミュージック”という言葉に置き換えて訴求していくそうです>【レポート】音楽、映画をワイヤレスで持ち運ぼう――au春モデル10機種が発表

【追記2】こちらの記事には、BT15PやRollyとの連携についても記載があります>写真で解説する“Cyber-Shotケータイ”「W61S」(外観編)

続きを読む

米ソニーがサイバーショットの新製品を発表~ついに出た広角ズーム機

米ソニー、顔検出を強化した「DSC-T300」、10倍ズーム「DSC-H10」

米ソニーが、サイバーショット新製品としてTシリーズ「DSC-T300」とHシリーズ「DSC-H10」などを発表。1010万画素CCD搭載のT300には撮影シーンを分析して自動的に最適な設定を選択する「intelligent scene recognition (iSCN)」機能が付いたそうです。ユーザー設定で撮影した後に、カメラが最適と判断した設定でも自動撮影させることが可能とか。また、顔検出機能が向上。子供と大人の顔を区別できるようになり、子供と大人どちらかを優先可能になったそうです。810万画素CCD搭載のH10はH3の後継で、液晶モニターが3.0型23万画素と大きくなったそうです。価格はT300が400ドル、H10が300ドル程度とか。

なお、ニュース記事で紹介されていない機種は、日本にはないエントリー機のSシリーズ2機種(S750、S780)とWシリーズの後継機2機種(W170、W150)。注目はW170が35mm換算で28-140mmのレンズを搭載していること。待望の広角ズームサイバーショットの登場です。

やっと、やっと、やっとだ。300ドルということは、日本だと34,800円ぐらいですかね。ちなみに、日本ではサイバーショットどころかα200の発表もまだですね。個人的にはG1の後継機にもちょっぴり期待しているのですが、出ますかね…。

続きを読む