タグ : Skype

chumbyがネットラジオ「Pandora」に対応~ただし日本では利用不可?(iPhone Appの話も)

多機能ネット端末「Chumby」がネットラジオPandoraに対応

chumbyがUSで人気のパーソナルネットラジオ「Pandora」に対応したそうです。また、音楽ビデオWidget「Avot TV Music Videos」やRollingStone.comが提供する音楽ニュースやイメージへのアクセスなども追加されたとか。「Pandora」って、確か日本からはNGでしたよね。てことで国内向けの「chumby」買ってもおそらくは使えないのではないかと…。

Pandoraとえいば、iPhone専用Appもあるんですが、サービスインしてない日本からはダウンロードできません…>Pandoraの利用統計が証明。これはiPhoneのキラーアプリだ

なんというか、使えないとわかると、どうにかして使ってみたくなるのが人間の性。Pandoraで検索すると裏技っぽい記事も出てきますね。PCはともかく、日本でもchumbyとiPhoneで使えるようにする方法がないもんでしょうか。どなたかお知恵を!

iPhoneといえば、最近公開された「Fring」が話題ですね。ついにiPhone(&iPod touch!)でSkypeが使えるようになりました。こいつもひとつのキラーソフトですねー。ちなみに、自分が今はまっているアプリは鼻歌で曲検索ができるのが話題の「midomi」っす。鼻歌検索はともかく、単純検索から得られる情報がとにかくすごい。一部の楽曲は試聴可能だし、YouTubeへのリンクもあります。毎回毎回何か新発見があります。音楽好きならはまること間違いなしっす。

続きを読む

ソニー、10/1放送開始の「スカパー!HD」用受信セットなどを10/15に発売

ハイビジョン放送対応 スカパー!用デジタルCS放送受信セットなどを発売(ソニードライブ)

iconiconソニーは、10/1に放送開始する「スカパー!HD」対応デジタルCS放送チューナー「DST-HD1」と、同機にCSアンテナをセットにした「SAS-HD1SET」を10/15に発売すると発表。ブラビアリンクに対応しているほか、EPGやAVマウスによる連動予約録画機能も充実しているとか。市場推定価格はチューナー単体が37,000円前後で、アンテナセットが45,000円前後。

放送開始の二週間後に発売なんですね…。

スカパー、10月1日開始の「スカパー! HD」を正式発表

こちらは「スカパー!HD」の詳細。映像の解像度は1,440×1,080ドットで、1chあたりのビットレートが平均6~8Mbps程度。10/1の15チャンネルを皮切りに、約一年後に70ch、2012年に100ch以上が目標とか。おそらく放送開始時最も注目をあびるチャンネルは…

続きを読む

PSPとFONがコラボ~SkypeできたらPSP Phoneに…ならない?

~PSP®「プレイステーション・ポータブル」と世界最大級のWi-Fiコミュニティ「FON」がコラボレーション~ PSP®「プレイステーション・ポータブル」×FON 本日2008年8月22日(金)よりサービス開始(PS.com)
FONスポット×FONライブドアスポットでPSP(R)インターネットブラウザオフィシャルサイトにフリーアクセス(fon)

SCEJは、Wi-Fiコミュニティー「FON」の日本法人であるフォン・ジャパンが展開するFONスポットにおいて、PSPユーザーであれば誰でも手軽にPSPインターネットブラウザオフィシャルサイトに無料でアクセスができるサービス「PSP×FON」を開始。これにより、全国約44,000箇所のFONスポット及び約2,200箇所のFONライブドアスポット経由でPSP専用ソフトの体験版、動画、壁紙、カスタムテーマ、PS3の動画などの配信サービスを、簡単な接続方法で楽しめるとか。

利用する際に「FON」への登録は不要で、PSPから直接FONアクセスポイントの接続設定をするだけ(セキュリティは「なし」、アドレス設定は「かんたん」)で利用できるそうです。

[tmkm-amazon]B0012ZCPEQ[/tmkm-amazon]

マイク付きのPSP-3000と組み合わせたら「PSP Phone(PSP FON)」だ!って、Skypeが使えるかどうかはわかりませんが…

SCEJ、PSP「勇者のくせになまいきだor2」など2タイトルのダウンロード版とパッケージ版を同時発売

PSP絡みですが、SCEJが10月に発売予定の「勇者のくせになまいきだor2」など、PSP用ゲーム2タイトルのダウンロード販売を「PLAYSTATION Store」でもパッケージ版と同時に開始するそうです。ちなみに、パッケージ版よりもダウンロード版が1,000円ほど安価で提供されます。

ダウンロード提供=UMDディスクいらずってことですね。メモステの大容量化と低価格化で、こうした展開もしやすくなってきましたよね。UMDドライブ無しのPSP互換MIDなんかの可能性も出てきそう…。

続きを読む

SCE、高画質液晶とマイクを標準搭載したPSP-3000を2008年10月に発売

さらなる高画質化を実現し、マイクを標準搭載したPSP-3000 2008年10月に日米欧で新発売(SCE)
PSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000) 2008年10月に日米欧で新発売(PS.com)

SCEはPSPの新モデルとして高画質化を実現したPSP-3000を日本・アジア・北米・欧州市場に向け2008年10月より順次発売すると発表。日本での価格は未定で後日あらためて発表するとのこと。PSP-3000は、現行モデル(PSP-2000)の本体重量・サイズ・基本機能を踏襲しながら、携帯機器で最高クラスのコントラスト・応答速度・広色域を実現した液晶ディスプレイを標準搭載。反射低減技術の採用により、明るい場所でも画面が見やすくなり、屋外での使い勝手が一段と向上。ビデオ出力機能を拡張しゲームのインターレース出力にも対応。プログレッシブ映像入力に対応していないテレビでも専用ケーブルでPSPのゲーム画面をアナログ出力できるようになるそうです。また、対応ゲームやSkypeなどに使える内蔵マイクも標準で搭載されています。

AV Watchの報道では、「PSP-2000がすぐに販売終了となる事はなく、店頭在庫などでしばらくは併売され、順次PSP-3000に切り替わる」とあります。一部のボタンの形状が楕円に、HomeボタンがPSボタンに変更になるなど、微妙にデザインが変わっているようです。(お知らせ感謝です>Fighter-KOUさん)

続きを読む

PSP-2000専用リモコン付きヘッドセット「PSPJ-15012」を試す

PSPの話題が連日続いておりますが、PSP-2000専用リモコン付きヘッドセット(PSPJ-15012icon)をゲットしましたのでプチインプレをば。

psp_headset_1.jpg

保証書を兼ねる紙製パッケージに入っている中身は、ヘッドセットとリモコン、取説、PSPの音声入力機能を使って遊べるソフト紹介のチラシだけ。

ヘッドセットのレシーバーはまさにソニーの耳かけ(イヤーフック)タイプのヘッドホン。「PSP-270」という専用型番が付けられてます。マイク部はフレキアーム採用でマイク位置を調整可能。コード長は1mで重量は約40gだそうです。ちなみに、このヘッドセットに限り、PSP-1000専用リモコンにも対応しているそうです。

コイツをリモコンと組み合わせれば、トークマンなどの音声入力機能対応ソフトやSkypeを楽しむことが出来るわけですが、今回の購入目的はリモコンにのみあるので写真撮影後にサクッと箱にしまってしまいました。ということで、レシーバーの音質、マイクの使用感については割愛させていただきます。すいません。

psp_headset_2.jpg

ということで、こちらがリモコンです。操作部は初代PSPのそれと比べてかなりコンパクトになりました。コードは汚れが目立たないマットブラック。純正のリモコン付きヘッドホン(PSP-S140)のホワイトよりは確実に汚れが目立たないはず。

操作ボタンはシルバーパーツの上下にボリューム(+-)、同右に送りと戻し、中央のブラックパーツ部が再生(ポーズ)、右側面にホールドスイッチとなっています。また背面のシルバーパーツ部がクリップを兼ねています。話が前後してしまいますが、右から2番目の画像はヘッドセットのプラグの拡大です。通常のステレオミニと違い、マイク入力を兼ねていることが確認できます。

psp_headset_3.jpg

PSP本体にヘッドセットを装着してみましたがコードがこれまた長い。リモコンとヘッドセットのケーブルあわせて1m85cm。床においてみましたがどうです。長いですよね。ゲームプレイ時は通常PSP本体を両手で抱えるわけですが、その場合はちょっと手に余るというか、長すぎるような…。ま、ヘッドセットは使わず、手持ちのヘッドホンを使うつもりなのでいいんですけど。

iconiconで、肝心のリモコンの操作性なんですが、ボリューム操作が手元でできるのは良いとして、他のボタンは正直ほとんど使えないです。プレイボタンが決定ボタンを兼ねているようですが、送りと戻しはXMBと連動しないのでほとんど意味無し。ゲームプレイ時はPSP本体でボリューム操作する方が速いという噂も…。ぶっちゃけ、あまり買う意味はなかったかもというのが個人的な結論。なんだそりゃ。

ちなみに、純正クレードルと組み合わせて使うことも出来ました。クレードル付属のリモコンはPSP本体のボリューム操作ができませんが、ヘッドセットリモコンからは操作可能でした。音声もちゃんと出力されます。とはいえ、有線のリモコンと無線のリモコンを併用するというのも変な話ですよね。

ということで、今後、面白そうな音声入力対応ゲームが出てきたら評価も変わるのでしょうが、現段階で常用するようなことは無さそうです。購入を検討中の方にはなんの参考にもならないインプレになってしまいました。申し訳ございません!

photo_studio.jpg(今回のレビューでいつもと雰囲気の違う画像が一枚あると思いますが、実は撮影用の簡易フォトスタジオなるものをゲットしたんです。で、買ったことを忘れていて途中で思いだし使ってみたとそういう訳です。とはいえ、肝心の照明が我が家にはなく、あまり良い写真が取れませんでした。相変わらず、写真には無頓着なSPAでございます…)

PSP-2000専用リモコン付きヘッドセットが6/19発売~Skypeや対応ゲーム向け

PSP®「プレイステーション・ポータブル」専用周辺機器「リモコン付きヘッドセット」発売決定(SCEJ)

SCEJは、PSP-2000シリーズ専用周辺機器として「リモコン付きヘッドセット」(PSPJ-15012)を希望小売価格3,800円(税込)にて6/19(木)に発売すると発表。イヤーフック型デザインでリモコン部分はヘッドセットに合わせがブラックカラー仕上げ。マイク部にはフレキシブルアームを採用しており、Skypeや対応ゲームソフトをクリアな音質で楽しめるとか。なお、リモコン操作部には再生・一時停止、FF、FR、音量+/-、Holdスイッチが用意されています。

対応ソフトはTALKMANシリーズとP-karaって、後者はもう買えないしオンラインサービスも終了していますからねー。なんだかんだ言いつつも買うと思いますが、今後は音声チャットが可能なソフトなどが出てくるのでしょうかね…。

続きを読む