タグ : PlaceEngine

クウジットの「PlaceEngine」が「セカイカメラ」の利用領域を拡大

“AR(拡張現実)インターフェイス”「セカイカメラ」のワールドプレビューを ファッション展示会「rooms」にて実施 ~AR+モバイルでの新次元の空間コミュニケーションの実証~

クウジットが、VAIO type Pにも標準搭載されている無線LAN電波で位置を推定する技術「PlaceEngine」を話題の「セカイカメラ」のワールドプレビュー向けに提供したと発表。頓智・開発の「セカイカメラ」は現実空間にコンピュータが作り出した情報を重ね合わせたAR(拡張現実)分野のiPhone 3G向けアプリケーション。ビジネスの観点からは、店舗へのナビゲーションや観光案内、将来的には広告など、企業とユーザーの新たなコミュニケーションツールとして注目されているそうです。

クウジットでは、今後もこのような屋内施設などでのイベントやキャンペーン向けに無線LANアクセスポイントを臨時に増設、配置し、環境に応じてカスタマイズすることのできる屋内位置測位ソリューションとして「PlaceEngine」をシステムパッケージ化して提供するそうです。(お知らせ感謝です>クウジット広報さん)

世の中、もはやGPSとPlaceEngineのハイブリッドは当たり前で、屋内での正確な位置情報の取得のために、アクセスポイントを戦略的に設置しちゃおうって事なんですね。

続きを読む

本日(2/3)13時からVAIO type P ワイヤレスWANモデル販売スタートです

iconicon2/14発売のVAIO type Picon ワイヤレスWANモデルの受注がソニスタでいよいよ本日13時からスタートします。同モデルの詳細はPC Watchの最新レビューに詳しいです。

ソニー「VAIO type P」ワイヤレスWANモデル~いつでもどこでもインターネットに繋がる利便性

NTTドコモFOMAハイスピードの定額費用はバカにならず、色々と制限もあるものの、通信機能内蔵による手軽さは大きな魅力とのこと。GPS内蔵による「PlaceEngine」とのハイブリッド測位で、PCで本格的なロケーションアウェアネスを実現したことも大きなトピックですね。

ノンサポートながら、b-mobile 3GのSIMカードで使えるという話もあるんですよね。自分は「どっちもなし」でカスタマイズしたので、通信&GPSのチップ部分だけ後付けできるとうれしいんだけどなあ…。

type Pといえば、プリインストールのx-radarを小寺さんがレビューしてくださってます。こちらも必見>モバイラーマストダウンロード 「x-Radar」

あと、昨晩のニュースJAPAN(CX)でソニーの名工さんの職人技が紹介されてましたが、匠な技が使われた製品の一例としてtype Pがちらっと写ってましたね。type Pの薄さ実現にはこうしたすごい精度の技術が必要不可欠だったんでしょうね。やっぱ日本じゃなければ作れないんですよ、type Pは!

続きを読む

極私的 VAIO type P 使い始めメモ

【セットアップ】
・11:11頃に到着。パッケージの中身を確認
・本体にバッテリーを装着しACアダプターで充電しながら起動(ACはウォールアダプターを使わず、Moenegalletに接続)
・Vistaの初期設定後、ネットワーク接続設定(ひとまず無線LAN)
・初回Windows Updateを実行しながら、VAIO Updateの確認(PlaceEngineやらマカフィやらのアラートも出て大変紛らわしい)
・Windows Update実行は計2回
・VAIO Updateは最初にインスタントモード最新ファイルをダウンロード
・インスタントモード1.0.3を手動インストール後、X-Radar最新版を自動インストール
・再起動後、各種設定を吹っ飛ばし、リカバリディスク作成(type U用に購入してあった外付けDVDドライブ使用。使うDVDは2枚、2層ディスクなら1枚)
・途中昼食を挟みながら、リカバリディスク作成まででざっと3時間
・なにはなくともFireFoxってことでインストールした後にCドライブの残量確認確認をし忘れていることに気がつく
・先述の各種アップデートとFireFoxの標準インストールでCドライブ(SSD・52.4GB)の残が30.9GBだった

【気がついたこと】
・スティックポインターの感度良すぎ…
・type U付属のディスプレイ/LANアダプターをインスタントモードの有線LAN接続に使えた
・type U用に買ったStowaway Travel MouseがVistaの標準Bluetoothドライバで動いた

※夕方に追記
その後、色々といじくっておりますが、Vistaに慣れなくて大変です。
ひとまず、サイトが更新できるぐらいまでの環境は作れました。
この追記もtype Pで書いてます。とりあえず今日はこんなところかなあ…。

VAIO type P体験会イベント~実機体験レポ&個人的な雑感

ソニービルのOPUSで開催された、VAIO type P体験会ですが、ソニー鈴木さんの「ポケットスタイルPC」開発秘話に引き続き、VAIO type Pの実機体験へと突入。

用意された実機はAtom Z520(1.33GHz)/60GB HDD搭載のワンセグ付き店頭モデルでソニスタ限定のブラック以外の3色。早い者勝ちということで、各人が好きな色を選択。自分はもちろんオーダー済みで16日到着予定のクリスタルホワイトにしました。

Warning: Division by zero in /home/ezeof/so-mo.net/public_html/wp-content/plugins/nextgen-gallery/products/photocrati_nextgen/modules/nextgen_basic_singlepic/templates/nextgen_basic_singlepic.php on line 13


(持参したクリエとのツーショット。どうせ自分ぐらいでしょ、こんなの撮るの…)

続きを読む

VAIO type P 体験イベント ~ 「ポケットスタイルPC」開発秘話のまとめ

1/10(土)の午後に、銀座ソニービル8F OPUSにてブロガー向けの「VAIO type P 体験イベント」が2回に分けて開催されたんですが、くだんの「みんぽす」さんから久々にお声がけいただき、15時からの部に参加させていただきました。当日は、開発に携わった方々のプレゼンテーション、type P実機を外に持ち出しての実体験をはさみ、最後にざっくばらんな意見交換というプログラムで、その後の懇親会を含め半日近くの長丁場となりました。

発表があった8日の午後にもソニービルに行ったし、10日のイベントまで色々とはしゃぎすぎで疲れちゃったところもありまして、終始放心気味というか夢心地な感じで細かい話を覚えてないという…。とはいえ、参加した人は最低一つはレポート書かなくちゃいかんってことなので、遅ればせながらまとめ作業やってます。てことで、今回は“「ポケットスタイルPC」開発秘話~カタログに書かれないtype Pの秘密~”のまとめ。

続きを読む

クウジット、VAIO type PにPlaceEngine提供~位置測定はハイブリッド時代に

クウジット、新発売ソニーVAIO 『type P』に無線LANによる位置推定「PlaceEngine」を提供 ~モバイルPCにプリインストール 位置測定は「ハイブリッド測位の時代」に突入~

クウジットさんから、本日ソニーが発表したVAIO type Pに、無線LAN電波で現在位置を推定する技術「PlaceEngine」を提供したとのお知らせをいただきました。GPSに加え、PlaceEngineの標準搭載により、ハイブリッド位置取得が可能になるそうです。

今後、公開版のPlaceEngineクライアントソフト自体も、GPSと無線LAN電波によるハイブリッド位置測位に対応し、屋内でも屋外でも使えるシームレスな位置情報基盤を目指して進化予定。

無線LAN/GPS位置情報履歴などのログデータアップロードが、「PlaceEngine」の推論データベースを拡充し、自動的に「PlaceEngine」対応地域を拡張、対応アプリケーションやサービスの利便性の向上に寄与していく可能性があるそうです。

なお、PlaceEngineプリインストールモデルは日本国内向けに加え、英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、ロシアと、欧州モデルでも利用可能とか。

昨年暮れに、VAIO New Mobileの国内向けティーザー広告が公開されたまさにその時、自分はクウジットさんにお邪魔していたわけですが、その時はみんな何も知らないって言ってたんですよ、マジで。末吉社長も嘘がうまいなあ、もう見事にだまされた…。

続きを読む