タグ : MGS4

PlayStation Homeがソニーの業績回復の起爆剤になる?

ソニー、PS3向けの仮想空間サービスをようやく開始 苦戦するテレビゲーム事業部門、業績回復の起爆剤となるか

SCEが12/11から全世界同時にサービスを開始したPS3向け「PlayStation Home」。遅れに遅れて始まったこのサービスがソニーの業績回復に貢献できるのか、的なコラム。

SCEJ、PS3「PlayStation Home」 ソフトウェアメーカーとのコラボアイテムを販売

βがとれない段階からせっせと課金。アバターを日本人好みにカスタマイズできるようにとの配慮なのかもしれませんが、にしても商魂たくましい…。

SCEがややこしいサービスに手こずっている間にコナミがiPhone陣営へ…ってなことは無いでしょうが、MGS4で痛い目を見たのは確かだろうなあ…>KONAMI、iPhone/iPod touch向けゲームに参入 「METAL GEAR SOLID TOUCH」など4タイトルを配信

続きを読む

SCE、PlayStation Awards 2008の発表授賞式をプレステの誕生日に開催

12月3日はプレイステーションの日――「PlayStation Awards 2008」発表&授賞式
SCEJ、「PlayStation Awards 2008」を発表 ダブルプラチナプライズは「モンスターハンターポータブル 2nd G」

昨日12/3で初代プレステが発売されてから15年。その記念すべき日に、PlayStation Awards 2008の発表授賞式が行われたそうです。同アワードは発売から2008/10/31までの累計出荷数に贈られる賞で、ゴールドプライズ(累計出荷本数50万本以上100万本未満のタイトル)が5本、ダブルプラチナプライズ(累計出荷枚数200万枚以上300万枚未満のタイトル)が1本が受賞。詳細は以下の通り。

ダブルプラチナプライズ
・カプコン「モンスターハンターポータブル 2nd G」(PSP)
ゴールドプライズ
・スクウェア・エニックス「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」(PSP)
・KONAMI「ワールドサッカーウイニングイレブン2008」(PS2)
・同上「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」(PS3)
・セガ「PHANTASY STAR PORTABLE」(PSP)
・バンダイナムコゲームス「スーパーロボット大戦Z」(PS2)

PSPに関してはまさにモンハン様々。AmazonでもWii Fitを押さえて堂々の売り上げNo.1です。PSPハードの売り上げにも恐ろしいほど貢献したことでしょう。セガのPSPもモンハン効果が手伝ったことは言うまでもないですね。PS3のMGS4は立派な数字ですが関係者の期待ほど売れなかったっぽい印象。ちなみに、受賞タイトルで自分が買ったソフトは3本。なかでも、MHP2Gのプレイ時間は圧倒的。先の授賞式ではカプコンの辻本PDが

社会人は時間がないというが、プレイ時間が500時間や1,000時間というのも見受けられる。時間の無い中でも面白いものには時間を割いてくれる。『モンスターハンター』シリーズは5年弱の歴史の浅いタイトルですが、PSPというハードに出逢えたのがすごく大きくとてもラッキーだったと思っています

とコメント。確かに今年の春から夏までは何はなくともモンハンでしたし、PSPとの相性の良さも実感できました。でもねえ、シリーズ三作目はWiiなんですよね。PS陣営にとってはこれが一番イタイのでは…。

続きを読む

ゲーム業界が金融危機や不況に強いってホント?

「PS3の売れ行きは予想以上」とソニー
Xbox 360、日本の月間販売台数で初めてPS3に勝つ

金融危機の影響を受けてもPS3の販売目標は達成できるだの、Xbox360が値下げで好調だのと、ロイターが報道してます。最近のゲーム機は複数の用途があるため、業界筋では不況の影響をさほど受けないという人が多いようです。しかしながら実際はソニーの株価は急落しており、ソニーのエレキ事業全般に対する懸念を理由にアナリストが同社株を格下げしたことも影響しているとか。そうえいば日本でもこんな報道がありました>[国際優良株関連] ソニーは“ショック”以来の3000円割れに肉薄

国内家庭用ゲーム市場、21.3%減 4―9月民間調査

国内ではエンターブレインが、2008年度上半期(4-9月)の国内家庭用ゲーム市場の動向を発表。規模は前年同期比21.3%減の2388億7000万円で、ハード販売が33.5%減の952億3000万円に落ち込んだことが響いたとか。機種別販売台数ではPSPが158万台で首位、2位はニンテンドーDSの131万台。据え置き型ではWiiが111万台、PS3が35万台、Xbox360が14万台。

今、PS3はMGS4が投げ売り状態。AFRIKAも初速はすごかったみたいですが、大きな盛り上がりは無いような…。自分はといえば、もう随分とパッケージソフトを買ってないし遊んでもいないです。一応、「リトルビッグプラネット」のクローズドβに当選したのでちょこちょことプレイしてますがあくまで短時間。ソフト自体にはかなりの可能性を感じますが、毎日テレビの前に鎮座ましましてPS3に向き合う余裕は無いっす…(<食うために稼げ!)。

PSPも今月発売の新ハード(PSP-3000)が、初代PSPからの乗り換え需要でそこそこ売れると思いますが、ここに来てニンテンドーDSiの発表もあったので様子見層が増えるんじゃないでしょうか。あと、iPhoneに続きニンテンドーDSiもアプリダウンロードサービス展開ってことで、PSP向けもラインナップの拡充が急がれますね。ぶっちゃけ、PS陣営もゲームだけやってたらダメでしょ、もう。誰か「PS C.A.M.P」に応募して、CLIEのようなアプリビジネスをPSP向けに展開、もしくは大人PSP企画をぶちあげてくれないもんでしょうか。(…っていっそ自分で立候補してみるか)>SCEJ、「PlayStation C.A.M.P!」インタビュー これまでにないゲームを作り出す人材を発掘する 新クリエイター発掘支援プログラム

続きを読む

PS3 40GBモデルは猛暑に弱い?

hiroyanさんからPS3に関して以下のようなお便りいただきました。(感謝です!)

突然ですが、先日の休日(7/21)に自分のPS3(40GB黒)が突如故障しました。(/ω\)
MGS4を2周目プレイ中に突如ディスクを読み込まなくなり(画面左上に円盤と?マークが出現)、再起動してみるとBDやDVD、音楽CDやクリーニングディスクすら読み込んでくれなくなりました。PSクリニックに連絡後、着払いで直ぐに送付して後は修理見積もり待ち状態です。(もっとも保証期間内だから金額はあまり心配していません…多分)

症状の検証用として発生時に使用していたディスクを送付してくれとのことで、MGS4も一緒に送付。あと、HDDもつけたまま送付して下さいとも言われました。説明書によれば外して送付するように書いてあったのでちょっとびっくり。(ちなみに換装前の40GBと換装後の160GB(HGST製)の双方を送付しました)

送付後、ネット巡回してたら2ちゃんねるで結構40GBモデルの故障情報が出てるみたいです。
(参考>http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1215688540/l50)

暑くなってきたせいで一気に噴出したんですかね?初期モデルはサウナにも耐えたというのに(–;)
とりあえず居間用(主に弟が使用)の60GBモデル(中古)を没収し代替機として使用するようにしましたが・・・MGS4送っちゃったYO…orz

てなわけで熱対策はしっかりしましょうということで。

我が家のPS3は初代の60GBモデルですが、季節にかかわらずゲームやDVDのアップコン時にファンがブンブン回ります。冬は逆に暖房いらず…とまでは言い過ぎですが、それだけCellのパワーがすごいのでしょうね。にしても、熱対策が施されたはずの40GBモデルに不具合が出てしまうとは…。夏本番で確かに暑いですが、暑い国は日本だけじゃないですからね。

今後は熱暴走対策にCPUにリミッターをかけるようなアップデートとかも必要になるんですかね。ともあれ、夏場のPS3利用時にはユーザー側もある程度の熱対策(冷房)を考えた方が良さそうですね。結果、経済的にもエコ的にも優しくないゲーム機として、PS3の評判が落ちていくと…。

こんなことでは、Life with PS=「いつでもプレステのある生活」なんておくれませんよね…>日々是遊戯:「PLAYSTATION Signature」で“いつでもプレイステーションのある生活”を

PSPシステムソフトが一週間でver.4.1に~検索・動画再生を一部改善

PSP®システムソフトウェア バージョン 4.01 アップデートについて(PlayStation.com)

SCEがPSPシステムソフトウェア バージョン 4.01のアップデートを開始。一部の言語において、 (インターネット検索)の検索結果が正しく表示されない現象と一部の動画が正しく再生されない現象を改善したそうです。ver.4.0の大台に乗ってからまだ一週間ですが実はこれは最短ではありません。v3.0とv.3.1へのアップデートの間隔はなんと一日。これを超えるには一日で2回アップデートしかありませんよ、SCEさん。

それはそうと、PLAYSTATION Storeのゲームアーカイブスについにスクエニタイトルが登場したそうです。個人的にPS1プラットフォームでベスト5に入る「ゼノギアス」がラインアップされたのが超うれしーっす!>SCEJ、「ゲームアーカイブス」。スクエニのタイトルが初めて登場

ゲームグッズ研究所の第164回でPS3とPSPの一連のアップデートでPSPのリモートプレイが快適になったとのレポもありますね。よっしゃー、ゼノギアス購入けてーい!>PS3&PSP、最新Verでリモートプレイが快適に 「MGS4」のちょっと面白いヘッドセット活用ほか、PS3用ヘッドセット比較など

PSPといえば、先週末に参加してきたゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲の先行体験会でご一緒したブロガーさんのレポートがアップされとります。(リンクのお知らせ感謝です>ルナシェイドさん)

ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲 イベントレポート(ありがたいカオスなブログ)

上の空で詳細を聞き逃したPSPのリミッター解除についての質問は、「PSPのファームウェアで3.50から222MHzで動作していたところを333MHzで動かせるようになったのですが今作では333MHzで動作しているのか?」というもので、「333MHzで動作している。333MHzが解禁になったことでできる表現が増えた」というのが回答。v.3.5からリミッター解除されたんですね。消費電力が大きくなるのがネックらしいですが、予備バッテリーが山ほどあるので問題なし!

続きを読む

CRI・ミドルウェアがファイルマジックPROをPS3ゲーム開発者に無償提供

CRI・ミドルウェア、ミドルウェア製品 『ファイルマジック®PRO』をPLAYSTATION®3向けゲーム開発者に無償で提供

5/31のエントリーでお伝えした、ゲームのロード時間を半分以下に削減するCRI・ミドルウェアの「ファイルマジックPRO」ですが、PS3の開発者向けになんと無償提供されるそうです。PS3ライセンサーは、ライセンス費用の負担なくファイルマジックPROを実際のタイトル開発に活用できるとか。なお提供開始は2008年10月を予定しているとのこと。(お知らせ感謝です>匿名希望さん)

ちなみに、ファイルマジックPROの効果検証デモ映像なるものも公開されているようです。PS3やPSPだけでなく、WiiやXbox360のデモも用意されています>CRI、ゲームのロード時間を2倍以上速くするデモ映像を公開ゲーム開発者向けミドルウェア 『ファイルマジックPRO』

なんと太っ腹。ロード時間って、一時的にゲームプレイを中断することもあり、集中力がとぎれて興ざめしてしまうこともありますからね。直接的ではないにしても、同ミドルウェアを採用するソフトが増えれば、ユーザーにも十分恩恵があると言えるのではないでしょうか。

最近話題にしている「ゴッド・オブ・ウォー」ですが、PS2版はロード時間がほとんど無いのが大きな特徴になってます。プレイした人しかわからないと思いますが、これ本当に気持ち良いんです。PSP版もそうなのかなあ…ってそういうことを大原プロデューサーに聞くべきだろ。

各所で絶賛のMGS4ですが、始めはともかく、各章の合間にもHDDへのデータインストールがあるのがちょい残念。さすがにこれはファイルマジックPROでも解決できない問題なのかな…。ゲーム自体はそれを補ってあまりある内容なんですけどね…>PS3ゲームレビュー「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」

国内向けソフトとして初めて「BD-Live」に対応した「メン・イン・ブラック」のBlu-ray版が出たそうですが、現在唯一の再生機であるPS3のゲームになれてしまうとBD-Liveのゲーム機能が見劣りするとか。それはともかく、BDも光ディスクですので必ずロード時間が発生しますよね。今後はファイルマジックPROのようなソフトがBD-Liveにも採用されることになっていくのかもしれません>日本初のBD-Live対応ソフトを体験 マルチプレイゲームができる「メン・イン・ブラック」

続きを読む