タグ : LF-PK20

ロケフリ新製品体験前の一苦労

前回担当したロケフリ体験ブログを始めたのは昨年(2005年)の夏。その頃と比べると、我が家のリビング環境も随分と様変わりしました。昨年の今頃は、こちらにもあるようにテレビもビクター製のブラウン管だったし、HDDレコーダーもPSXと東芝のRD-X2の2台体制でした。その後、ブラウン管テレビが壊れたため、念願のハイビジョン対応の液晶ベガ32インチ(型落ちです)を購入。HDDレコーダーも妻が東芝「RD-X5」を購入しましたので、PSX以外の機材はがらりと変わっています。ということで、この一年ほどの間は「PSX」と「RD-X5」を「LF-X1」と「LF-PK1」に繋いでロケフリを楽しんできました。

10月に発売された新製品、ベースステーション「LF-PK20icon」とPC用のプレイヤーソフト「LFA-PC20icon」の組み合わせでは、16:9のハイビジョン放送も楽しめるのが特長ですが、先述のように我が家にはまだハイビジョンレコーダーが無く、新製品の魅力を体感することができません。(厳密には無いわけではないのですが、液晶ベガに直接接続するiLinkのHDDレコーダーなのでロケフリとは繋がらないのです。)

そこで、ソニーマーケティングさんに相談したところ、スゴ録の最新機種「RDZ-D900Aicon」をお借りできることになったというわけです。ということで、最近は出番がめっきり減っていた「PSX」をそのまま「スゴ録」と入れ換えて使うことにしたのですが、実はここからが苦労の連続だったのです。

地上波はマンションに備え付けのCATVで地上デジタル放送のバススルーに対応しているのでPSXに繋いでいたアンテナをそのまま流用。BSアンテナはベガに直接繋いで使っていましたので、それをスゴ録の入力端子へつなぎ替え、スゴ録付属の同軸ケーブルを使い出力端子からベガに繋いでやればそれで終わり、と思っていたのですがここからが大変でした。

地デジ、地アナは全く問題ないのですが、BSデジタルが全く写らない。実は少し前から調子が悪く、放送を受信できないことが多かったのですが、原因が良く変わらず、アンテナの設置場所やもしかしたら季節的な問題かなあと思っていたのです。なので、アンテナの場所を変えてみることにしました。元々北側なので条件は良くないのですが、角度的に良さそうな場所を選び、6メートルほど移設(延長)して試したのですがNG。隙間ケーブルに問題があるのかと思い、ダイレクトに繋いで見るもNG。とにかく何をやってもダメ。アンテナレベルがピクリとも触れてくれません。しかも、外はもう夜で灯りはないは寒いはでイライラもピークに。

格闘すること数時間後、もしかしたらアンテナ自体がいかれたのではないかと思い、コンバータを確認してみることにしたのですが、コンバータ出力端子を塞いでいたビニールテープを外して唖然。アンテナの金属部分が腐食してボロボロになっているではありませんか。これじゃあ、信号が送れませんってば。

原因がわかったので作業を中断。速攻で自転車を飛ばし地元の電気屋で新しいBSアンテナを購入してきました。電気屋で話をしたら、この辺は海が近いですからね~と一言。マンションが海まで数キロだし、一年中風も強い土地ではありますが、それほどまでに影響するとは想像もしていませんでした…。ということで、放射器とコンバータ一体型は危ないと思い、コンバータがリフレクタの裏側にあるTDKのアンテナを購入。1万円の出費。とほほ…。ちなみに、壊れた前のアンテナは一年も使ってません。

帰宅後、夜の寒さと戦いつつ新しいアンテナを取り付け、スゴ録に繋いでみたところ…何の問題もなく受信できちゃいました。しかも、壊れたアンテナを最初に取り付けた場所で…。隙間配線経由でもばっちり。あの苦労は一体何だったのだろうって感じです。

lfblog_061126_2.jpg

新しいロケフリを本格的に体験する前段階でしょうもないトラブルに遭遇してしまいましたが、実はこのトラブルの間にもロケフリは活躍してくれていたのです。アンテナを設置しているバルコニーとリビングは離れた場所にあるため、バルコニーから直接テレビ画面を見ることはできません。なので、PSPのロケフリプレイヤーを使って、アンテナ信号の受信状況をバルコニーで確認するのに使ったのです。

lfblog_061126_3.jpg

ぎりぎり無線LANが届く範囲内だったこともラッキーでした。若干のタイムラグはありますけど、なんども家の外と中を行き来する必要が無いので本当に助かりました。上の画像は今日の日中に撮影しましたが、PSPの液晶はバックライト付きですし、夜の屋外でも視認性が良く便利でした。

ということで、苦労の末に我が家のリビングは以下のような構成になりました。

lfblog_061126_1.jpg

前置きの前置きのようなエントリーになってしまいましたが、これからしばらくの間はこれらの環境をベースに体験レポートをお届けしていきたいと思います。

#なお、無線LANでも5GHz帯(IEEE802.11a)は屋内での使用に限定されているようですので注意が必要ですね。ちなみに、前のアンテナを調整した時は、Bluetoothのヘッドセットを使ったこともあります。ステレオミニプラグ対応の送信機をベガにつけて信号音をバルコニーで確認しながら作業しました。

ロケフリベースステーション「LF-PK1」を新製品のTVボックスと液晶モニターに対応させるアップグレードソフト

ロケーションフリーベースステーションパック「LF-PK1」システムソフトウェアアップグレード(バージョン 4.000)

iconiconソニーは、ロケフリベースステーションパック「LF-PK1」のシステムソフトウェアの最新版(バージョン 4.000)のダウンロード提供を開始しました。アップグレードにより、新発売のTVボックス「LF-BOX1icon」と液晶モニター「LF-12MT1icon」を受信側の機器として使用可能になります。

iconicon新製品の「LF-PK20icon」は学習リモコン機能やAVCに対応していますが、基本的な機能はPK1もほとんど大差はありませんからね。まだまだ現役で使いこなしていらっしゃる方も多いでしょう。

ということで、TVボックスまたは液晶モニターを購入した、あるいは購入予定の方は必須のアップデートになりますね。家庭内で使う場合は、X1/X5同様MPEG-2に対応するので、PCやPSPよりも高画質で楽しめるようになりますよ。

#後日、体験ブログの方でPK1、TVボックス、液晶モニターの接続レポートもお届けします。

続きを読む

ロケフリ新製品の体験レポート始めます

突然ですが、ロケフリの新製品の画像です。左から、ベースステーション「LF-PK20icon」と、PC用プレイヤーソフト「LFA-PC20icon」をはさんで、TVボックス「LF-BOX1icon」です。TVボックス以外は発売から随分と時間がたっていますが、今のタイミングで手元に届いたのには少々理由があります。

lfblog_01.jpg

実は昨年担当させていただいたロケーションフリー体験ブログ「X1、X5スタイル徹底比較」が意外にも好評だったらしく、ソニーマーケティングさんからのお誘いもあって、新製品版の体験レポート(ブログ)を担当することになったからなんです。で、打ち合わせや貸し出し機材やスケジュール等の調整もあってこんなタイミングになってしまいました。

昨年は、So-net blogをインフラにした複数名のブロガーさんの集合コンテンツでしたが、今回の体験レポートは単独でしかも当サイト(ソニ☆モバ)上で通常と同様の更新スタイルによる公開で良いとのこと。内容についても、前回と同様、常識の範囲内で(公序良俗に反しなければ的なことですね)あれば何を書いてもらって良いと言われており、具体的に何を書いてくださいというリクエストもありません。

ということで、前回よりも気楽にできるかなあと思っていたのですが、自由な分、どうやってレポートしていくか悩んでいるところです。しかも、今回は先述のベースステーションとTVボックスの他に、モニター「LF-12MT1icon」と同機専用の「お風呂ジャケット」に加え、なんとスゴ録の最新モデル「RDZ-D900Aicon」まで貸し出していただいております。ただ、ベースステーションとTVボックス以外は貸出の期限が決まっており、年内には返却しなくてはいけません。何かとあわただしくなる暮れも近く、書く内容が前後したりするかもしれませんが、その際は何とぞお許しを…。(<PS3やWiiでゲームやってる暇などないぞ、自分!と言い聞かせておく)

lfblog_02.jpg

ということで、今までにあまりない長期のレポートになると思いますが、興味のある無いにかかわらず、おつきあいの程よろしくお願いします!

(今回のロケフリ体験レポートは、サマリーがあった方が良いだろうということで、So-net blogに新たにページを設けて、エントリーのコピーを置くことになっています。そのページにロケフリのオフィシャルサイトなどからもリンクが貼られる予定とのこと。ソニーマーケティングさん側の準備もあり、サマリーサイトの公開は来週~再来週を予定していますが、正式な公開日が決まり次第、改めてこちらでもお知らせします)

ソニスタ、ロケフリ周辺機器の先行予約発売を開始

ロケフリの新しいベースステーション「LF-PK20icon」の周辺機器として一緒に発表されたロケーションフリー TVボックス「LF-BOX1icon」と、ロケーションフリー液晶モニター「LF-12MT1icon」ですが、先週末からソニスタで先行予約発売が開始されていたようです。

iconicon iconicon

iconicon両機ともに前機種の「PK1」にも対応するということで、発売を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。特に、TVボックスは出先のテレビ自体を自宅のリビングに変えてしまう魔法のようなキカイで、個人的にもとても楽しみにしていた商品です。X1とX5のディスコンで、単体で完結するロケフリ商品は無くなりましたが、LF-12MT1と組み合わせればそれも解決ということで、結果的には組み合わせの幅が広がり、隙が無くなったとも言えますね。ちなみに、モニター用のお風呂ジャケット「LFA-F2icon(右画像)」の発売も始まってます。Windows Mobileやケータイへの対応なども控え、ロケフリの本格的な盛り上がりはまさにこれからですね。

ロケフリに見るソニーらしさ

ソニーは本当にダメなのか?

iconiconバッテリーリコール問題でマスコミのソニーバッシングが横行する今、あえてソニーらしい点(製品)を探してみたとかで、その代表格としてロケフリを取り上げています。ロケフリは、「テレビのインターネット放送がなかなか進展しないことを逆手に取ったビジネス」であり、「ソニーのような大企業が何年も前からロケーションフリーのような新しいアイデアに基づき、技術と製品群を着実に世に送り出しており、それをベンチャーが後追いしている、という点」に注目なさっているようです。

また、バッテリー問題では苦境に立たされているものの、数年前のような製品戦略のブレが小さくなってきているとして、「マーケットをドライブする大きな要素としての技術と、それを有効に使う戦略がブレなく機能し始めると、ソニーというブランドが再び、力を発揮するのではないだろうか」とまとめていました。

最近では、ロケフリ以外にも、バイオ「type U」やmylo、ローンチは危ういながらスクラッチで仕上げたPS3などもソニーらしい製品と言えるのではないでしょうか。PS3に関しては製品戦略(というか久多良木氏)にブレが無くても組織的にブレちゃうのが一番の問題なのかもしれませんね。最近の自分もソニーに対して切れ気味が、ファン心理以外にプライベートな事へのストレスなどもあるのかもしれません。不快に感じていらっしゃる皆様には深くお詫びいたします。(ぺこり)

ところで、ロケフリの話題に戻りますが、ソニスタのソフトウェアダウンロードに「Home AV」カテゴリーiconが追加され、「ロケーションフリープレイ ヤーPC用 ダウンロード版icon」の販売が開始されているんですね。ダウンロード版なのにパッケージ版と全く同じ価格(税込1,980円)なのが少々納得できませんが、取り扱いが始まったことは素直に歓迎したいと思います。って、その前に「LF-PK20icon」をまずはゲットせねば…。

【追記】バッテリーの次はこんな問題が浮上しているようです。やれやれですね…>米司法省、ソニーも SRAM 市場における独禁法違反の調査対象に

続きを読む

画質と使い勝手が大幅に向上した新ロケフリ

MPEG-4 AVC採用でより高画質に 使いやすさも進化したソニーのロケーションフリー「LF-PK20」

iconicon清水理史さんがロケフリ新製品「LF-PK20icon」をレビュー。どのビットレートでも画質は向上しており、LF-PK1と比べてワンランク上になっているようです。「LF-PC20icon」のワイド対応もうれしいですが、元がデジタル放送だと映像もキレイでうれしさ倍増みたいです。また、クライアントにもなる無線LAN機能やセットアップウィザードなどのおかげで使い勝手も大幅に向上しているとか。なお、別売りの「LF-BOX1icon」は次回に取り上げるそうです。

評判いいですね~。PSPとの互換性も全く問題ないようです。PSPのH.264対応にも期待がかかりますね。あと、「LF-12MT1icon」のレビューも読みたいなあ…。

続きを読む