タグ : HDMI

ハンディカム、空間光学式手ブレ補正搭載機が4機種に拡大~プロジェクター内蔵機にHDMI外部入力搭載

handycam_130109
広角から望遠まで全範囲でブレを抑える独自の「空間光学手ブレ補正」機能を4機種に拡大 撮影後の楽しみを広げる内蔵プロジェクターの性能を高めた“ハンディカム” 計6機種発売

「空間光学手ブレ補正」機能搭載商品を4機種へ拡大するとともに内蔵プロジェクターの輝度向上などにより高画質撮影と高機能を充実させた“ハンディカム”計6機種(HDR-PJ790V/HDR-PJ630V/HDR-CX630V/HDR-CX430V/HDR-PJ390/HDR-CX390)が発売とか。

全機種がハンディカムとして初めてMP4記録方式に対応。ワイヤレスアダプター『ADP-WL1M』(別売)の使用でWi-Fi機能に対応。これにより、MP4記録方式で撮影した動画や写真をスマートフォンへ転送し、SNSやクラウドサービスへアップロードして公開できるとか。

続きを読む

スマホとも繋がるバッテリー内蔵モバイル液晶モニター「On-Lap 2501」シリーズ


ON-LAP 2501M|テックウインド株式会社
15.6インチモバイルモニター「On-Lap 2501」を11月に発売 ステレオスピーカーを内蔵、バッテリー搭載モデルも用意

可搬性に優れた高解像度セカンダリモニターとして人気の”On-Lap”に15.6インチワイド液晶採用の「On-Lap 2501M」と「On-Lap 2501A」の2製品が登場。「On-Lap 2501M」の最大の特長は9300mAhの大容量バッテリ内蔵。電源がない環境でも約10時間の連続使用が可能。


映像入力インターフェースとしては、HDMI入力、VGA入力に加え、「On-Lap 2501M」ではスマートフォン用のMHL入力端子を搭載。また、ステレオスピーカも内蔵しており、従来機ではできなかったHDMIからの音声入力も可能。

続きを読む

Ultrabookで復活したTシリーズやZのVAIO15周年記念モデルなど、2012年VAIO夏モデル6シリーズ20機種


パーソナルコンピューター VAIO夏モデル群 全6シリーズ20機種 発売 新ラップデザイン採用のノートPC、Ultrabook™、AV機能の進化したボードPCなど~ネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne(ナスネ)™』との連携で家中どこでもテレビ視聴が可能に~

ソニーがVAIO夏モデル、ノートPC 4シリーズ14機種とボードPC 2シリーズ6機種を6/9より順次発売すると発表。

Eシリーズ14P
iconicon筺体に包み込むようなやわらかなイメージのラップデザインを採用し、デザインをさらに際立たせるアクセントカラーを配した、14型液晶搭載ホームノートPCのプレミアムモデル。デザイン性と高い基本性能を両立。本体と同じ2トーンカラーのキーボードウエア、マウス、キャリングポーチなどの別売アクセサリーも。店頭販売モデルの市場推定価格は90,000円~。

■Tシリーズ 1311
iconicon外出や出張の機会が多いモバイル志向のユーザーに便利なUltrabook。アルミニウムを用いたフルフラットの薄型筺体に、「Rapid Wake + Eco」搭載によるスリープモードからの高速起動や、独自のデータ保護テクノロジーに基づいた作業中データの自動保存が可能。VGA、HDMI、LANなど接続端子も豊富。店頭販売モデルの市場推定価格は13.3型ワイドが120,000円、11.6型ワイドが110,000円。

Lシリーズ
iconicon〈ブラビア〉で培った高画質(X-Reality)・高音質(S-Forceフロントサラウンド3D・S-Master)の技術を備えたボードPC。「Giga Pocket Digital」用に3波対応デジタルチューナーを2基、「スグつくTV」用に地上デジタルチューナーを1基搭載。3D専用メガネ無しで3D映像が楽しめるグラスレス3Dに対応。店頭販売モデルの市場推定価格は180,000円~。

続きを読む

ソニエリ Xperiaワールド タッチ&トライ ブロガーミーティングレポート(2)


1/17に都内で開催された「ソニー・エリクソン Xperiaワールド タッチ&トライ」ブロガーミーティングのレポートの続きです。プレゼン終了後の実機の体験会について。


会場中央はペリフェラル関連のショーケースを挟み、実機は2カ所の島展示で。壁沿いは主にソリューション展示で、会場にはとにかくかなりの数の実機が用意されていました。なので、触れないという人はおそらくは一人もいなかったのではないでしょうか。

続きを読む

ソニエリ Xperiaワールド タッチ&トライ ブロガーミーティングレポート(1)

昨晩、1/17に都内で開催された「ソニー・エリクソン Xperiaワールド タッチ&トライ」ブロガーミーティングに参加してきたので簡単にレポをば。イベントはCES2012と先だって国内でも発表された、XPERIA NX(SO-02D、XPERIA acro HD(SO-03D/IS12S)のブロガー向けの実機体験会。

昨年末に、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社(以下ソニエリ)からの案内、というか代行会社のブロガーズ・ラウンジから案内をもらい興味本位で応募してみたです。ま、今年のどこかのタイミングから新会社になるってことで、その辺の事なども確認したかったので。一応選考はあったようですが、当日は40~50名ぐらい参加していたので結構な高確率だったのではないかと予想。ちなみに、応募形式とは言え、ソニエリのイベントにブロガーとして呼ばれるのは今回が初めて。

当日はソニエリマーケティング担当部長の金子克之氏の製品紹介プレゼンが20分ほどあり、その後1時間半ほどが実機の体験会でした。全部をレポートすると長くなるので、今回は金子氏の製品プレゼン内容について書き留めておくことにします。エンターテインメント性、見る、撮る、聴く、シェアするという機能面、エンジニアのデザインのこだわりなど、プレゼンしてくれた内容は以下の通り。

続きを読む

2011/11/04のつぶやき


※イーサネット対応 HIGH SPEED HDMIケーブル(巻き取りタイプ) DLC-HEU20R(HDMIマイクロ←→HDMI)DLC-HEM20R(HDMIミニ端子←→HDMI端子)
巻き取りタイプのケース入りHDMIケーブル。ミニとマイクロ端子用の2種。Androidスマホ、これから出るウォークマンZのテレビ出力用に。1本あると便利なのは間違いないけど2Mで4,980円ですか。高いなあ…。

【ソニー】二つ折りできるAndroidタブレットを投入
今更ながらに、Pのストレージ4GBは少ないと思う。それでいてあの値段だもの。

ソニー「E 50mm F1.8 OSS」 交換レンズ実写ギャラリー「NEX-5N」第2回――「LA-EA2」でAマウントレンズを楽しむ
NEX用レンズ欲しいけど、先立つものがない。

持ち歩ける液晶ディスプレイ(
14型で解像度1366×768ドットの東芝製モバイルLCDディスプレイ「PA3923U-2LC3」。VAIO Zと組み合わせてます。16,000円弱なら買いたいかも。

新版OS、喜べぬ日本勢
Androidは新版OSでバージョン系列を一本化。互換性の問題を減らすことで、アプリ市場の活性化を狙うも同OS採用の日本の端末メーカーにとっては、必ずしも手放しで喜べるものでもなさそうとの読み。

MacPeople編集長、「ソフトバンク/auのiPhone 4Sはここが違う!」
そういえば、電子書籍版って付録どうするんだろ…。