タグ : GPS

クリエ対応Bluetoothアダプター「HNT-BT1」レビュー(3)

Bluetooth機能搭載の携帯電話でダイヤルアップ接続する

「HNT-BT1」は、ダイヤルアッププロファイルに対応しており、Bluetooth機能搭載の携帯電話とクリエを使ってワイヤレスによるインターネットへのダイヤルアップ接続が可能です。ハギワラシスコムによれば、対応機種はNTT ドコモの「FOMA F900iT」、auの「A5504T」「W21T」、Vodafone「902SH」「802SH」「802SE」と、ハギワラシスコムのFOMA用Bluetoothユニット「F-access」や「B-port」との接続を保証しています。

自分の手元に入稿前と思われるPDFのマニュアルがあるのですが、そこには「A5504T」と「F-access」での接続方法が例として解説されています。該当機種をお持ちの方ならこのマニュアル通りに設定するだけでいけると思います。

自分の所有する携帯電話はauの「W21T」ですが、何の問題もなく繋がりましたので、簡単ですが接続までのステップを紹介しておきます。

接続可能になるまでのステップは基本的にどれも同じで、(1)専用ユーティリティ「BT Ada Utl」を使って「HNT-BT1」と携帯電話をつなぐ(ペアリング)ための設定を行い、(2)クリエ側の「環境設定」の[ネットワーク]と[接続]の設定を新規に作成するだけです。

<ステップ(1)>

接続を行う際、相手端末である携帯電話を「接続待ち中」の状態にして、クリエの「BT Ada Utl」を起動します。(左下画像※注:画像はペアリング後の表記で、実際はペアリングを行う前は「No Device」と表示されます)

次に[検索]をタップ後、検索結果から相手端末を選択後、[詳細設定]をタップすると右下の画面になります。特に設定を変える必要はありませんが、セキュリティ上、PINコードぐらいは変更しておいても良いかもしれません。なお、PINコードは任意の半角英数字(4桁~16桁)に対応しますが、相手端末によっては4桁しか受けつけない場合がありますので注意しましょう。

hntbt1_8.gif

設定に問題なければ、画面の指示に従い、「OK」をタップしていくだけ。最後に設定を有効にするためアプリケーションが一度終了し、携帯電話のペアリングが完了します。

<ステップ(2)>

クリエ側の「環境設定」を起動し、[接続]で新しい接続を作成します。詳細をタップして以下のように設定します。なお、この設定は相手端末がなんであれ、すべてに共通するようです。

接続名:WIN(任意の名前)
接続先:モデム
媒体:クレードル/ケーブル
回線種別:プッシュ回線
音量:オフ以外で設定
※詳細から速度を[115,200bps]に

また、[ネットワーク]も新規に設定を作成します。

サービス名:(任意)
ユーザ名:WIN対応プロバイダで契約しているユーザ名
パスワード:同上のパスワード
接続:WIN(先ほど、新規で作成した任意の名前)
電話番号:プロバイダのWIN対応アクセスポイントの電話番号
※詳細で、接続タイプ:PPP、切断までの時間:なし(任意)、クエリーDNSとIPアドレスはチェックを入れたまま

以上で設定は完了。実査に接続してWebブラウザなどでインターネットへのアクセスが確認できればOKです。次回からは、相手端末が待ち受け状態にしてあれば、クリエ側からダイヤルアップ接続が可能になります。

ちなみに、W21Tは2.4Mbpsのパケット通信が可能ですが、Bluetooth経由なので実際はそれほど速くないです。素人なもので、実際の通信速度を計測したりはできませんが、AirH”などを長年使ってきた自分にとっては充分という印象です。

自分の手元にはW21Tしかないため、他の端末でのテストができませんが、30日の発売後には各所で動作報告があがるのではないかと思います。特にVodafoneの最新の3G端末はどれもBluetooth対応ですから、きっとユーザーのどなたかが検証してくださるでしょう(他力本願でごめんなさい)。

それと、この段階でご報告しておきますが、Bluetooth機能が使えるPCに「MochaPPP」の導入で、「HNT-BT1」経由のネットワーク接続ができました。こちらについては、その他に気がついたことや全体的な感想を含め、明日にお知らせしたいと思います。(私信:できたよ~!つばめさん

#さ~、サッカー見るぞ~!

続きを読む

クリエ対応Bluetoothアダプター「HNT-BT1」レビュー(2)

必要なソフトウェアの準備

hntbt1_7.gif付属のアプリケーションCD-ROM内の専用ユーティリティソフト「BT AdaUtl」(約37KB)をクリエにインストールします。

ルプランを利用する場合は、CD-ROM内の「ルプラン ver.1.1.0」をインストールします。「HNT-BT1」はこの「ルプラン ver.1.1.0」にのみ対応しているので、すでに「ルプラン」を利用している場合は、この専用バージョンを上書きインストールする必要があります。

要は、「HNT-BT1」を使う場合はこの2つのアプリケーションをクリエにインストールするだけです。メモステモジュール「PEGA-MSB1」は使用に必要なドライバ類が多かったですが、それとは違って非常に手軽と言えるでしょう。ちなみに、ルプランだけを使用する場合は、専用ユーティリティソフト「BT AdaUtl」による設定は特に必要ないようです。こちらは、次回紹介する予定のBluetooth機能搭載ケータイなどと接続する場合に活躍することになります。

なお、前回も書きましたが、NXシリーズにメモリースティックタイプのBluetoothモジュール「PEGA-MSB1」を導入している場合は、「HNT-BT1」を正しく使えないようですので、ウォームリセットまたはハードリセットでMSB1関連のファイルをすべて削除する必要があるようです。


ルプランを使う

hntbt1_6.gifルプランを使う場合は、クリエに「HNT-BT1」を取り付け、クリエ本体の「ルプラン」アプリケーションをタップして起動します。始めてルプランを使う場合は、ルプラン本体や、メモリースティックに入ったルプランデータなどの登録作業を済ませます。

次にBluetooth GPS ユニット「GU-BT1」の電源を入れ、「ルプラン」アプリケーションから「GPS設定」を起動してGPS ユニット「GU-BT1」との認証作業を行います。認証にはパスキーが必要で、パスキーは「GU-BT1」の背面のシリアルNo.の下四桁を入力します。あとは、手順に従っていけばトップ画面に戻りルプランを使い始めることができます。

この認証がすんでいれば、次回からは、GU-BT1の電源が入った状態であれば、ルプランを立ち上げるだけで自動的に認証作業を行い、GU-BT1との接続が確立されます。

hntbt1_5.jpg

「HNT-BT1」の正面にあるLEDランプの状態についてですが、「緑(グリーン)点滅」がデータ通信中、「橙(オレンジ)点滅」が設定モード、「赤(レッド)点滅」が接続エラー発生/未接続状態を表します(Bluetoothなのに青く光らないのはご愛敬でしょうか…)。なお、普段は無灯状態です。ちなみに、ルプランを使用するときなどは10秒程度でリンクしました。

このLEDの点滅ですが、アダプターの乳白色のプラスチック部分もLEDの光を受けるので点滅中は結構目立ちます。他の機器との接続状態が一目でわかるという点でありがたい機能ですが、夜道でGPSをしているとどことなくあやしい感じがしてしまうかもしれません(笑)。

ルプランの使い方自体は、クリクラ時代に書いた『クリエの街歩きナビ「ルプラン」レビュー』を参考にしていただければと思います。

その他、クリエの機種別で気がついたことをいくつか。VZ90は、ルプランデータがCFメモリにあっても使えます。ルプランデータがあるメモリースティックを同時に使う場合はメモリースティックが優先されます。(NX80Vでも同様と思われますが、こちらはMSB1のドライバを削除していないため確認できませんでした。NX70Vは標準でCFメモリに未対応のため使えませんでした。)

(次回はBluetooth機能搭載携帯電話との連携についてご紹介します)

続きを読む

クリエ対応Bluetoothアダプター「HNT-BT1」レビュー(1)

22日に発表があったハギワラシスコムのクリエ対応Bluetoothアダプター「HNT-BT1」ですが、ハギワラシスコムさんのご厚意で試作機のサンプルを入手できましたので、これから数回にわたって簡単なレビューをお届けします。

hntbt1.jpg

クリエ対応Bluetoothアダプターは、Bluetooth機能を持たないクリエにBluetooth機能を付加するためのアダプターで、本製品を使用することで、Bluetooth GPSを使った街歩きナビ<ルプラン>や、Bluetooth搭載携帯電話を使ったワイヤレスインターネット接続を実現します。また、Bluetooth搭載の携帯電話との接続が可能で、これらの携帯電話を使ったダイヤルアップ接続をワイヤレスで実現するものです。

hntbt1_2.jpg

まずは、アダプターの外観から。サイズは、41.7(W)×34.0(H)でコンパクトフラッシュと同等の大きさで、厚みが11.8(T)mmとコンパクトフラッシュ3枚分程度となっています。重量は14gと非常に軽く、クリエに取り付けて使用しても重さの変化はほとんど気になりません。

「HNT-BT1」はクリエのインターフェースコネクタに取り付けて利用しますが、ロック機構などは特に用意されていないので、強い力を加えるとはずれそうになることがあるので多少の注意が必要でしょう。特に横からの力には弱いので片手で持つ場合などは、自分の手のひらなどに当たってしまい、不用意な力が加わることもありました。

右上の画像はクリエTH55に実際に「HNT-BT1」をつけた状態です。「HNT-BT1」は、これ以外にも非常に多くのクリエに対応していますので、参考までに対応機種との組み合わせもご紹介しておきます。

hntbt1_3.jpg

左から、TJ37、TJ25、VZ90。

hntbt1_4.jpg

左から、TH55、NX80V、そして対応はうたわれていませんがNX70Vでも動作しましたので画像を追加しておきました。(ちなみに、NXシリーズにメモステタイプのBluetoothモジュール「PEGA-MSB1」を導入している場合はドライバが干渉して使用できませんでした。ウォームリセットで関係ファイルを削除後、ソフトリセットで使うことができましたので、一応ここでご報告しておきます。)

なお、NXシリーズの場合はクリエ本体のインターフェースコネクタの位置の関係から、机上においた場合などに「HNT-BT1」が若干下側に位置するために、少したわむ感じになりますが使用には特に影響はありませんでした。

インターフェースコネクタに対応と言うことで、Bluetooth内蔵モデルと比較すればスマートではないことは確かですが、常時Bluetoothを使うわけでもないので、この程度のサイズと重量なら持ち歩き、取り付けは含め、それほど苦に感じないというのが個人的な感想です。

(実際の使用方法などに関してはまた明日にでも)

続きを読む

クリエ対応Bluetoothアダプター「HNT-BT1」予約情報

ハギワラシスコムのクリエ対応Bluetoothアダプター「HNT-BT1」の予約情報です。
とりあえずPDA工房さんからの連絡で価格が判明しました。税込で9,240円(税抜で8,800円)と1万円を切るようです。(追記)ビザビも同額で予約受付を開始したようです。ちなみに、各社とも特典付きで力入ってます。

PDA工房(販売価格:税込9,240円)
購入特典:4wayスリムスタイラス、液晶クリーナー『PDAモッパー』、日本全国送料無料、代引き手数料無料

Vis-a-Vis(販売価格:税込9,240円)
購入特典:メモリースティック 32MB、マーティン・フィールド フォーインワン、セール中のため送料無料

PDA Style[ソニスタ](販売価格:税込9,240円)icon
単体での購入特典は無し。なお、Bluetooth GPSユニット『GU-BT1icon(31,290円)』を購入の方に、『HNT-BT1』かルプランコンテンツの購入に使えるソニースタイルお買い物クーポンを1万円分プレゼントとのこと。つまりは、『GU-BT1icon』の購入でもれなく「HNT-BT1」がついてくるということのようです。GU-BT1を持っていないならこちらが断然お得ですね。4月8日(金)17時までの期間限定キャンペーンとなっています。

ハギワラシスコム、クリエ対応Bluetoothアダプターを発売

ソニー「クリエ 」対応Bluetooth™ アダプターを発売(ハギワラシスコムのプレスリリース)

ハギワラシスコムは、クリエにBluetooth通信機能を付加するアダプター「ソニー「クリエ」対応Bluetoothアダプター」を発売し、ソニースタイル等のWebサイトで限定販売すると発表しました。動作対象のクリエは、NX80V、TJ25、TJ37、TH55、TH55DK、VZ90。価格はオープンで発売日は3/30。ソニースタイルでは、本日15時より購入申し込みページが公開されるそうです。

ソニー「クリエ」対応Bluetoothアダプターは、Bluetooth機能を持たないクリエにBluetooth機能を付加するためのアダプターで、本製品を使用することで、Bluetooth GPSを使った街歩きナビ<ルプラン>や、Bluetooth搭載携帯電話を使ったワイヤレスインターネット接続を実現します。また、Vodafoneの902SHと802SH、NTTドコモのFOMA F900iT、auのW21TとA5504Tなど、Bluetooth搭載の携帯電話との接続が可能で、これらの携帯電話を使ったダイヤルアップ接続をワイヤレスで実現します。

クリエユーザーに久々の朗報ですね!このタイミングで出してくれただけでも快挙でしょう。ハギワラシスコムさんに拍手!当サイトでは、今後も続報、レビューなど含め大々的に取り上げていきたいと思っております。