タグ : Bluetooth

2014/03/14版ソニー関連トピック~Expansys新生活応援セールでXperiaが安い

iconicon

Expansysの新生活応援セールでXperiaが安い
Z1 Compact D5503(LTE,16GB)が約62,000円、Z C6603 SIMフリー(16GB)が約39,000円、Z1 C6903 LTE(16GB)が約55,000円。

スマートフォンと組み合わせて使うBluetooth対応のヘッドセットが人気!
BCNランキングによるBluetooth対応ヘッドセット市場動向解説と人気のヘッドセット製品紹介。平均単価1万円以上は販売台数ベースで、ソニーが31.7%で1位、以下、オーディオテクニカ、BOSE。金額台数ベースでもソニーが35.5%で1位とのことで、ソニー製Bluetoothヘッドホンの主要製品を一挙に紹介。ソニー製品ばかりピックアップしているのでタイアップ記事なのでしょう。

ソニー「SmartBand」の第一印象–ライフログ機能を備えたウェアラブルデバイス
あらゆるソーシャルメディアアクティビティを記録するLifelogを気味悪いと感じたとしても、ソニーはそうした声にひるまず、そうした記録を友人と共有したり、自分のために大切に保管したりするといったシナリオを思い描いているとか。ちなみにSmartBandがヒットする可能性はなくはないが、3月に同製品の出荷が開始されるまでは分からないとか。って、そりゃそうだ…。

続きを読む

東和電子、Olasonic Bluetoothスピーカーのステレオモデル「TW-BT55ST」と「TW-BT5」をステレオセットに発展させる増設スピーカー「TW-SP5」

TW_BT55ST_01_Fotor

ステレオ高音質Bluetoothスピーカー Olasonic TW-BT55ST

東和電子が、OlasonicブランドのBluetoothスピーカーステレオモデル「TW-BT55ST」と、発売中のモノラルBluetoothスピーカー「TW-BT5」のノーブルブラックモデルと「TW-BT5」をステレオスピーカーセットに発展させる増設スピーカー「TW-SP5」を4月中旬より発売します。

続きを読む

2014/03/04版ソニー関連トピック~ソニーの「モノづくり」が復活しないと思う人は5割

140304q1

大赤字予想で1人負けのソニーは復活できるか? 「PS4好調」が物語る凋落と復活のケーススタディ
PS4をして「久しぶりに、ソニーがワクワク感を味わえる製品をつくってくれた」と評していた知人のコメントが紹介されてます。皆さん言うことが似たり寄ったり…。ちなみに、最後のページに「ソニーの「モノづくり」は復活すると思う?」という設問があるのですが、本日19時現時では半数近くが「思わない」と回答してます。撤退に次ぐ撤退で作るモノ自体が減っているもんなあ…。数年後にはOne Sonyが別の意味になってしまいそうな予感…。

ソニー、スマホで強気の真っ向勝負は“果敢”か“自爆”か 頭打ち市場で「ウォークマン」再び
Xperia Z2をして「斬新ではないが、久しぶりにソニーらしい商品」とのたまった関係者がいるようですが、それを斬新じゃないこととソニーらしさは相反しないんでせうか。

ソニーの“ファブレット”「Xperia Z Ultra」は電子書籍ユーザーに最適
確かに電子書籍端末としてはPRS-G1より使いやすいかも。ただ、ファブレットって呼び名はなんかキライ…。

続きを読む

BluetoothスピーカーにもなるソニーのNFC対応CDラジオ「ZS-RS70BT」を試す~機能解説・音質評価編

DSC07011

間が空いてしまいましたが、ソニーのBluetooth/NFC対応CDラジオ「ZS-RS70BT」のレビュー第2弾として機能解説・音質評価編をお届けしたいと思います。

続きを読む

Bluetoothレシーバー機能内蔵のソニーウォークマンMシリーズ「NW-M505」を試す~機能・音質評価編

DSC06946

初回のレビューから1ヶ月ほど経過してしまいましたが、Bluetoothレシーバー機能内蔵のソニーウォークマンMシリーズ「NW-M505」レビューの2回目は機能と音質について評価してみたいと思います。

続きを読む

2014/02/18版ソニー関連トピック~国内電子書籍事業から撤退しないのはアマゾンのひとり勝ちじゃ無いから

楽天の提案を蹴ったソニーの電子書籍事業の未来は? ソニーは北米以外の電子書籍事業の継続を選択
ソニーの北米電子書籍事業撤退への道。日本や欧州も含め買収したいという楽天の逆提案を蹴ったのは「タブレット、およびスマートフォン事業と相性の良い電子書籍事業を、アマゾンの一人勝ちである北米市場こそ捨てても他国では残すべきという判断に落ち着いた」から。ただし、「ソニーが今後も電子書籍専用端末開発を続けていくかは不透明」とか。(我が家も少ないながらこれまで120冊以上の書籍をReader Storeから購入している口ですが、身を削るクーポン戦略がこのまま継続されるなら終わりもそう遠くないと感じてます)

【電子書籍編】電子書籍を見るならどれがいい?
Reader Storeは一応一覧に出てくるけど、ハード含め、全く評価の対象になってない。一日も早くiOS版の一般書籍対応を。可能ならパソコン版のリリースも。ってクーポン戦略で儲けが減る一方だから無理かな…。

ソニー再建に希望の兆し “物言う株主”ローブ氏の提案を前向きに検討
ソニーの一連の再建策に対し「重要なことを優先して一歩ずつ進めるアイデアは好感できる。本当に歓迎すべき多くのことが実現しつつある」と一定の評価をしつつ、「13年3月期の営業利益に最も貢献した保険・銀行部門をソニーは別会社として分離し得ると指摘」したギャムコ・インベスターズの運用担当者のコメントが目をひきます。

ソニー平井社長がVAIO撤退について語ったこと
ASCII.jpの「業界人の《ことば》から」という連載にソニー平井社長の「PC事業をどうするかを考えた結果、スマホとタブレットに集中していくことがいいと考えた」ということばが採り上げられてます。それより注目はソニー関係者が語ったという「仮に、最高峰のVAIO Zシリーズの後継機が出なかった理由はなにかと聞かれたら、それは開発リソースを高付加価値モデルに割けなかった点にある」というコメントでしょう。

続きを読む