小型・軽量化で携帯性がアップしたBluetoothヘッドホン「MDR-10RBT」を試す~外観編

DSC06585

ソニーのBluetoothヘッドホン「MDR-10RBT」を入手しましたので簡単ではありますがレビューをお届けしたいと思います。正式な発売日は10/25ですが、ソニーストアで購入したところ10/17に出荷され、1週間ほど前倒しで使えています。

MDR-10RBTとは

MDR-10Rシリーズは、昨年発売されたMDR-1Rシリーズのデザインを踏襲しつつ、小型・軽量化し、価格も抑えたシリーズで、Bluetoothに対応したモデルが「MDR-10BT」ということになります。

10Rシリーズに共通する特徴は、ハイレゾ対応のドライバーユニット、ビートレスポンスコントロール、エンフォールディングストラクチャーなど。ただし、1Rシリーズ採用の振動板素材の液晶ポリマーフィルムは使われていません。

MDR-10RBTは、Bluetooth対応によるワイヤレス音楽・音声再生が可能で、NFC機能によりスマートフォンとのペアリングや接続がワンタッチで可能です。SBC、AACに加え、新たに高音質コーデックのapt-Xにも対応しました。

iconicon


続きはBluetooth Music Laboにてご覧ください。

エクスパンシス
コメント 停止中