100Wハイパワーアンプ搭載の重低音Bluetooth対応2.1chスピーカー「GTK-N1BT」が10/5発売

gtk-n1bt

最大出力100Wのハイパワーアンプ&大口径16cmサブウーファーを搭載。躍動感あふれる重低音サウンドを楽しめる ハイパワーオーディオ GTK-N1BT

ソニーがIFA2013で発表した、実用最大出力100W(20W+20W+60W)のハイパワーアンプと、直径6.5cmのフルレンジスピーカー2基と16cmのサブウーファーを搭載したBluetooth採用の重低音スピーカー「GTK-N1BT」が10/5に国内発売決定だそうです。価格はオープンで市場推定価格は30,000円。ソニーストアでの販売予定価格は29,800円

音響構造に対応した木製キャビネットによりスピーカーの振動に対する共振を抑えるとともに、高性能DSPが効果的に音圧を制御し、切れのあるパワフルな重低音を再生。また、音楽に連動してカラフルに光るマルチカラーLEDも搭載(全10モード)。横置き、縦置きに対応。

また、再生する音楽のテイストに合わせて設定できる「Sound EQ」搭載で、R&B/ROCK/POPs/HIP HOP/FLATの5つのサウンド効果が選択可能。Bluetoothの伝送コーデックなどにより、圧縮された音源で失われがちな音域をクリアに再現する「DSEE」も搭載。

Bluetoothは3.0に対応で、コーデックはapt-XとAACに対応。また、NFC搭載のスマートフォンやタブレット、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンなら、タッチするだけで手軽にペアリング(初期設定)や接続が可能。マルチペアリングは9台。また、スタンバイモードのときに、Bluetooth機器からの接続操作を行うことで、本機の電源がONになるそうです。

オリジナルのAndroidアプリ“App Remote”をダウンロードすれば、スマートフォンでGTK-N1BTの操作が可能。WALKMAN端子とUSB端子搭載で、ウォークマンやiPhone/iPod、スマートフォンを接続。充電や機器上の音楽ファイルの再生も可能。

GTK-N1BT_size

サイズや製品コンセプトからして、日本向けは出ないのでは無いかと思ってましたが、予想を裏切って出るようです。確かに、TDKなども大きめのスピーカー出してますもんね。一定の需要があるってことなんでしょうか…。ともあれ、出るなら出るで音は聞いてみたい。ソニービルに行ってみなきゃだ。

【関連ニュース】
ソニー、出力100WのクラブサウンドBluetoothスピーカー 低音にあわせてLED点滅。縦置き対応の「GTK-N1BT」
音楽にあわせてイルミネーションが光る ソニー、出力100Wの“重低音”BTスピーカー「GTK-N1BT」

※Bluetooth Music Labo掲載のエントリーを一部改編して転載。

エクスパンシス
コメント 停止中