日本未発売のNFC搭載Bluetoothヘッドセット「SBH20」を試す~軽さと小ささは正義

DSC06309

先月取り上げた日本未発売のソニー製NFC搭載Bluetoothヘッドセット「SBH20」ですが、同製品を取り扱っているExpansys Japanさんのご厚意で、サンプル機を短期間ながらお借りできたので簡単ですがインプレなどをば。

SBH20」はイヤホンが交換可能なレシーバータイプ。サイズが33.3×33.3×12.3mm、重さが12.3g。Bluetoothのバージョンは3.0で、NFC搭載が売り。待ち受け時間が200時間、再生・通話時間は6時間と標準的ですが、この手の製品で5色のカラバリ展開となっています。ちなみに、「SBH20」はXperia ZやZLと同じタイミングで世界市場に向け発売されると発表されたのですが、4月中旬を過ぎた今でも日本市場には投入されておりません。

DSC06300

お借りしたのはピンクモデル。見た目はかなり派手ですが、ピンクなのは筐体の前面パネル部と付属イヤホンのイヤーパッドだけで、それ以外はマットホワイトベースの落ち着いた仕上がりです。ちなみに、ブラックモデルのみ筐体・コード含めオールブラックな仕上がりになっているようです。

DSC06305

中身は、ヘッドセット本体とMサイズイヤーピース装着済みのイヤホン、イヤホン用イヤーピース(S/L)、充電用microUSBケーブル、電源アダプター、取説の類。なお、画像左下の変換アダプターはExpansys Japanさんより支給されたものです。付属のアダプターを使わずとも手持ちのUSBケーブルで充電可能でした。

DSC06311

では本体の細部を見ていきましょう。まずは正面(天面)。面全体がスイッチ構造になっており、中央が再生/一時停止兼通話、その左右に曲送り・戻し(長押しで早送り・戻し)のスイッチになっています。感触はしっかりしており、押すと軽くペキっと鳴ります。再生ボタンの下にNFCマークがあり、NFC対応機器とのペアリング時にはこの部分を使うようです。

DSC03525

4面ある側面のうち、3面に端子が用意されています。ボリューム(+-)、USB端子、マイク・イヤホン端子・LED・電源スイッチの3面。使い方で上下も入れ替わるのでややこしいですが、ボタン類は手触りでわかるのでほとんど問題はありません。

DSC03524

DSC03523

DSC03522

同じくスクエアなデザインが特長のDR-BT60と比較してみると、小ささや薄さがよくわかります。BT60のような有機ELディスプレイやFMチューナー機能こそ無いですが、段違いの小ささと軽さは大きな魅力です。

DSC06307

DSC06306

ユニークだなと思ったのは電源スイッチ。国内向け含め、ソニー製レシーバーの大半が長押し起動なのにSBH20はスライド式になってます。誤動作の可能性は高まりますが、個人的にはこちらの方が好きかも。ちなみに、ボリューム調節は7段階と少なめ。あっという間に大音量に切り替えられる利点はありますが、もう少し余裕があっても良かったのでは無いかと思いました。

DSC03526

裏面には回転式のスチール製クリップ。小型で薄めですが、挟む力はかなり強力。これならワイシャツの襟でも問題なさそう。クリップの回転は180度の単位でロック可能。クリップを回転させた時に現れる技適マークに注目。こいつを日本国内で使っても問題なしです。

DSC03521

続いてペアリング。一般的なペアリングですが、電源を入れてしばらくすると自動的にペアリングモードに移行します。リストに「SBH20」が現れたらそれを選択するだけ。Bluetooth 3以上同士だとパスキー(PINコード)入力も必要ないし、Bluetoothのオンオフも慣れちゃったから全然苦じゃ無いんですよね。

DSC06310

ちなみに、手持ちのXperia acro HD(SO-03D)ではなぜかNFC(簡単接続アプリ)経由のペアリングができませんでした。原因は不明ですが一般的なやり方でペアリングできたので気にしないことにします。

DSC03527

音質については、イヤホンに左右されるので評価しにくいのですが、付属のイヤホンが想像以上に低音よりで驚きました。Xtra Bass同様のチューニングなのかしら…。好き嫌いがあるとは思いますが、値段を考えればそれほど悪くは無いです。コードにはあまり金をかけてないようで見た目はイマイチかな…。

手持ちのXBA-1との組み合わせでは低音ががくっと下がりますが、個人的にはモニター音質が好みなので使うならこちらかも。いかんせん、本体のカラーリングとマッチしないので組み合わせるならブラックモデルにしたいところ。

iOS6のiPhone 4SやiPad miniとの組み合わせで音飛びが一切無いのでAACはおそらく非対応(SBCオンリー)。

総合的には、日本円で5,000円台中盤という価格、軽量&コンパクトで強力なクリップ性能、NFC対応を含むシンプルな操作性と、個人的にも評価はかなり高いです。技適マークもあるので国内での使用も安心。ということで、返却後にブラックモデルあたりを1台ゲットしようかなあなんて思ってます。

最後に、日本未発売の製品を使用させていただく機会を与えてくださったExpansys Japan関係者の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

【Expansys扱いの製品】
Sony SBH20 Stereo Bluetooth Headset (Black)
同上(White)
同上(Pink)
同上(Orange)
同上(Turquoise)

エクスパンシス
コメント 停止中