スライドカバーが無くなりワイヤレス機器連携を強化したサイバーショットTX300V


Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンをはじめとした機器連携機能を強化 新開発有効約1820万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、撮影能力も向上した “サイバーショット”『DSC-TX300V』など2機種発売(ソニー製品情報)

新開発裏面照射型CMOSセンサーと進化した画像処理エンジン搭載による高い撮影能力と、Wi-Fiなどワイヤレス機能搭載により、様々な機器との連携を実現するサイバーショット「DSC-TX300V」が3/9、高感度の撮影能力などが向上した同「DSC-WX70」が2/17発売とか。

DSC-TX300Vの主な特長
・新開発有効約1820万画素の裏面照射型Exmor R CMOSセンサーと、進化した画像処理エンジンBIONZによるさらなる高画質化や暗所でのオートフォーカスの高速化など、高い撮影性能を実現
・Wi-Fi機能搭載で、スマートフォンなど、様々な機器との連携を実現
・置くだけで、充電ならびに給電や「TransferJet」によるデータ転送が行える、非接触充電/給電機能搭載のクレードル「マルチステーション」を同梱。GPS・コンパス機能も搭載
・フロントパネル部に強化ガラス板を用いたスタイリッシュな薄型ボディに、防水・防塵・耐低温性能、有機ELタッチパネルモニターなど先進機能を搭載

TX(かつてのT)シリーズの顔だったスライドカバーが無くなったのねん。強化ガラスにインナーレンズカバーというシンプルデザインは好印象。TransferJetのメリットもわかりやすい。動作レスポンスの確認含め、現物見てみたい。ちなみに、ソニーストアでの販売価格は49,980円。クーポン使いまくって4.2万円程度。おいそれと手が出せない価格ではあるなあ、むー。

【関連リンク・ニュース】
DSC-TX300V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー
ソニー、無線LANや非接触充電に対応した防水デジカメ ~前面にガラスを採用。GPSはロガー機能も
ソニー、タッチパネル搭載の光学5倍ズームモデル「DSC-WX70」

エクスパンシス
コメント 停止中