ウォークマンXシリーズのファームアップデート~iTunes愛用者向け簡単転送アプリも公開

ウォークマン「NW-X1050 / X1060」本体ソフトウェア バージョン1.10アップグレードプログラム提供のご案内
簡単転送アプリケーション「Content Transfer(Ver.1.3)」 ダウンロードサービスのご案内

ソニーが、ウォークマン「NW-X1050 / X1060」本体ファームのアップグレードプログラムと、iTunesやWindows エクスプローラーなどで、音楽、ビデオ、写真、ポッドキャストのコンテンツを管理しているユーザー向けのファイル転送ソフトウェア「Content Transfer」を公開しました。

前者は、インターネットブラウザの性能を向上させ、音楽の検索方法に「フォルダ」を追加し、おまかせリンクのリンク先アイコンの表示を「Microsoft Live Search」から「Bing」に更新したとのこと。

後者は、iTunesやWindows エクスプローラーなどかファイルを直接ドラッグ&ドロップすることにより、自動的に”ウォークマン”の最適なフォルダへ転送できるソフトだそうです。

ネットワーク対応で最高峰をうたいながらも、なんら機能がアップされず、長らく放置状態だったXシリーズをここにきてバージョンアップですか。Aシリーズ新製品発表後のXシリーズの扱いもひどかったですからね~。ユーザーからのクレームも相当あったのかな?

てな話はともかく、アップグレードの方向性がこんなもんでいいのでしょうかね。今後、ソニーオンラインサービスとの連携など、ちゃんとフォローしてくれるんだろうなあ…。売りっぱなしは良くないよ~。

コメント 停止中