ウォークマン30周年~「時間や場所を問わず音楽を気軽に楽しむ」コンセプトは不変

音とデザインを追求し続けた“ウォークマン”

7/1に30周年を迎えたウォークマン。本家オフィシャルサイトがだんまりを決め込む中、My Sonyメールマガジンがやってくれました。7/2号の特集でウォークマンを大フィーチャー。メディアサイズへの挑戦、色に対するこだわり、音質へのこだわり、それぞれの歴史を解説しているほか、世に出なかったコンセプトモデルの画像もいくつか拝めます。てことでファンならずとも必読必見。先日ご紹介したクロニクル本のプレゼント企画があるようですので、My Sony IDをお持ちの方は応募をお忘れ無きよう!

w50583年の「WM-20」がもしかしたら初めて買ったウォークマンだったような。テープを入れる時に本体が伸びるやつっすよね。すぐ壊れたけど…。あと「WM505」のインパクトたるやすさまじかった。速攻飛びつきました。自分のワイヤレスオーディオの原風景というか原体験というか。

MDウォークマンが出始めた頃からソニーにおごりが見え始め、他社に世界最小最軽量のお株を奪われたりしたこともあったような。マンネリズムに陥った90年代、勘違いで的外れなネットワークの名を冠する製品に幻滅した2000年代前半。一時は見放したけど、香水瓶タイプのS700と初のビデオ再生対応A800のヒットからは、なんだかんだで快進撃。よくぞここまで持ち直しました。

2000年代で高音質追求とノイキャンやワンセグの機能追加など、ハード的なクオリティ追求は行き着いた感がありますので、次の10年で是非とも真のネットワークウォークマンリリースを。そのための新組織だと思いますんで…。

ソニー「ウォークマン」30年 生活変えた3億8500万台

そういえば、先日とくダネ!で小倉さんが紹介していた(と思われる)ウォークマンがらみの記事が公開されております。「音楽をいつでもどこでも楽しんでもらうのが基本的使命。30年前に提唱して根付いたこのコンセプトは今後も変わらない」とはソニー広報の弁。

iconiconソニー、“ウォークマン X1000シリーズ” 直販サイト限定モデルの販売を再開

あと、ソニスタで予約不可ステイタスだった予約受付停止中だったNW-X1000シリーズiconの限定アイスブラックモデルが購入可能になったとしてそのこと自体がニュースになってます。ある意味すごいですね。(Xシリーズって単価が高いから相当儲かってそうだなあ…)

コメント 停止中