「チョイ高」イヤホン&へッドホンの売れ筋~ソニー製はEX500が2位、CD900STが5位

カナル型なら5000円以上、「チョイ高」イヤホン&へッドホンの売れ筋.

BCNランキング、カナル型イヤホンやヘッドバンド型ヘッドホンの「チョイ高」モデルの売れ筋動向。同ランキング調べの平均単価は、イヤホンが2,419円、ヘッドホンが3,948円。カナル型は5000円以上、ヘッドバンド型は1万円以上の製品をチョイ高モデルとして販売シェアトップ10をチェック。

iconicon5000円以上のカナル型イヤホンは、1位がボーズ「BOSE-IE-S」(18.6%)、2位がソニー「MDR-EX500SLicon」(16.9%)、3が位ソニー「MDR-NC22」(6.4%)、4位がShure「SE102-J」(5.3%)、5位がオーディオテクニカ「ATH-ANC3」(5.3%)。

ヘッドバンド型の1位はオーテク「ATH-A900」(8.9%)、2位はオーテク「ATH-ES7」(7.3%)、3位はオーテク「ATH-ANC7」(7%)、4位はオーテク「ATH-M50」(5.1%)、5位はソニー・ミュージックコミュニケーションズ「MDR-CD900ST」(5.1%)。

トップ10を見る限り、イヤホンは1万円前後、へッドホンは2万円前後が売れ筋の価格帯となっているとのこと。ボーズは高いと感じるけど、不思議とソニーは昔から「チョイ高」っていうイメージがある。クオリアのような行き過ぎる高級路線は似合わない。背伸びすれば手が届くってのがミソだと思う。

カナル型は、特にEX90以降、ソニーは好調を維持しているような。にしても、EX500の評価高いなあ。今更だけどやっぱ買うべきか…。ちなみに、ここ数日はX1060にEX90の組み合わせで音楽楽しんでる。やっぱ良い、名機だ、EX90は。音漏れはすごいけど…。

ヘッドホンはオーテクの独断場だけど、その中で「MDR-CD900ST」のランクインはお見事。90年発売の大ベストセラーモデル。自分もさる方のご厚意にて少し前にゲットしとりますが、出音が非常に素直な、素晴らしいモニターヘッドホンだす。あと巷の評判はいまいちみたいだけど個人的にはD777も好き。いずれも末永く愛用していきたい。

エクスパンシス
  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
  1. MDR-CD900STは自分でも使っていますが、
    さすがスタジオモニターの定番だけあって
    その分解能の高さと自然な音場は素晴らしいです。
    ”色気”がないので面白味に欠けるという人もいますが
    それはまぁ各人の好みの問題ですし・・・

    ですが、MDR-CD900STってスタジオ用だけあって
    実にストイックな仕様なんですよね。
    プラグは当然標準プラグですし、コードは
    3m/300g(だっけ?)という本気仕様ですし。
    折り畳みだって「何それ?」って感じですしね(^^;;;
    ウチのは改造済みなんでその辺クリアしてますが、
    そんなヘッドホンでもコレだけの支持を集めるって事は
    やはり「スタジオモニターの定番」という看板には
    偽りなし・・・ということなんでしょうね。

  2. >かつぽんさん
    その節はお世話になりました。
    自分、CD900STの音、すごく好きです。
    宅内ならCDpれいやー or X1000とCD900STの
    組み合わせがベストかも。

    確かカナルイヤホン界のCD900STがEX90でしたね。
    素直な解像感がとても良く似ていますよね。

    X1000用インナーイヤーの本命はEX700かと思いきや、
    音源によってはちとキンキンしすぎな感じで、
    EX90の方が相性良いと思ったりしてます。

    かつぽんさん的にはどうですか。
    てことでブログでの音質レビュー、楽しみにしてます。

コメント 停止中