リテールコムのBluetoothスピーカー第2弾~マイク内蔵でハンズフリー通話も可能

リテールコムがBluetooth関連の新製品『BITシリーズ』(5商品・8バリエーション)を一挙に発表。個人的に大絶賛のワイヤレススピーカー「BIT-STB2819」のカラバリに加え、マイク内蔵でBluetooth携帯のハンズフリー通話も可能な小型円筒形スピーカー「BIT-STB2825」、STB2819の上位機種に相当しFMチューナーも内蔵するデスクトップサイズの「BIT-STB2820」の他、PC用BluetoothUSBアダプタとJabraのBluetoothワイヤレスヘッドセットも発売されます。各機種の主な仕様は以下の通り。(お知らせ感謝でした!>遠山さん@リテールコム)

Bluetoothポータブルステレオスピーカー「BIT-STB2825B(ブラック)、BIT-STB2825R(レッド)、BIT-STB2825S(シルバー)」

高品質なアルミニウム・コーティングを施したパイプ・ボディを採用し、洗練された質感は高級感を演出。携帯電話や携帯音楽プレーヤーに合わせて選べる 『ブラック・レッド・シルバー』の3色を用意。A2DP対応で携帯電話や携帯音楽プレーヤーの音楽をワイヤレスでクリアな音質で楽しめます。また、HSPとHFPにも対応しており、Bluetooth機能搭載携帯電話と接続することでハンズフリー通話も利用可能。本日2008/7/26より、各色500台の数量限定、先行予約モニター販売価格7,980円でAmazonにて予約販売を開始>BIT-STB2825B(ブラック)BIT-STB2825R(レッド)BIT-STB2825S(シルバー)[※以前と違って配送料500円が別途かかるようです]

stb2825.jpg

Bluetoothポータブルステレオスピーカー「BIT-STB2819R(レッド)、BIT-STB2819W(ホワイト)」

好評のブラックモデルに加え、よりスタイリッシュなレッドとホワイト)を追加し 『ブラック・レッド・ホワイト』 の3色カラーバリエーションにて新たに発売。ユーザーの利用シーンを再考、AC/DCアダプタをセット内容より除くことで、より一層お手軽な価格にて提供。価格はオープンで8月中旬発売予定。

stb2815_new.jpg

デスクトップ型ステレオスピーカー「BIT-STB2820」

stb2820.jpgデスクトップ型で24W 出力のリビングに最適な中型スピーカー。FM チューナー、デジタルイコライザーLED、SRS音響効果機能、ワイヤレスリモコン、時計、室温計など、量産品と同等のスペック仕様となっており、天板に高級アルミ合金材料を使用した高級感あふれる仕上がり。STB2819の上位モデルとして本格的な商品化に取り組むにあたり、テストマーケティングの一環として数量限定(200台)で提供。価格はオープンで8月中旬発売予定。

BluetoothUSBアダプタ「BIT-BTH11H」

超小型USBアダプタ。パソコンのUSBポートに接続するだけで、簡単にBluetoothワイヤレス環境を実現。高速で安定性の高いBluetooth Ver2.0+EDRに準拠(利用可能出力クラスはClass2)しており、同社製ワイヤレススピーカーなど、様々なBluetooth機器にて利用可能。価格はオープンで8月中旬発売予定。

Bluetoothワイヤレスヘッドセット「Jabra BT8040」

軽量10g のコンパクトなボディに最新オーディオテクノロジーを凝縮。A2DP プロファイルをサポートするBluetooth 2.0+EDR準拠。e-SCOによるBluetoothオーディオ・リンクの品質向上が図られており、DSP技術搭載により高音域を補完。アクティブノイズリダクション機能が通話の双方に明瞭快適な音声をもたらす。マルチポイント接続対応で、2つのBluetooth対応機器と同時接続することが可能。イヤーフックを使用しないクールな装着スタイル、大・中・小3 サイズのイヤージェルにより、しっかりと耳にフィット。本日、2008/7/26より、数量限定(500台)、先行予約モニター販売価格5,670円でAmazonにて予約販売開始>Jabra BT8040

個人的に大絶賛の「STB2819」のカラバリ展開もうれしいですが、円筒形の「STB2825」シリーズには驚き。バッテリーがリチウムイオンでハンズフリー用のマイクも内蔵されてます。乾電池無しの2819よりもまだ軽いのでポータビリティー性能はこちらの方が上ですね。円筒形ということで安定感が心配ですが、アルミコーティングの高級感も捨てがたい。スピーカーも2819と同じフルレンジ2Wなので音質的にはほぼ同等と考えてよさそうかな。操作ボタンがタッチパネルじゃ無さそうなのも少々気になりますが、この機能とスペックで7,980円はリーズナブル。ソニーがこれと同等のスピーカーを作ったら1万円を切ることはないんじゃないでしょうか…。

デスクトップ型の「STB2820」は形・デザインからしてまさに「STB2819」の上位モデル。デジタルイコライザーLEDなど、前面液晶(?)パネルの情報表示も大きな特徴でしょうか。モバイルできるサイズではありませんが、言うほど重くありませんし、宅内であれば楽に持ち運べそうな感じもします。高音域補完機能を含め、音質の程が気になるところですが、それより気になるのは販売価格。現在は未定のようですが、1.5万ぐらいで出てくるとソニーにとっても怖い競合製品になりそうな…。

なんにしてもリテールコムの勢いはすごいっすねー。とはいえ、実機を体験できる場所が無いのはホントに残念。メディアのレビューも少なく、評価が購入したユーザー頼みになっちゃうのが少々問題かと…。大手メディアに貸し出すなりサンプル提供するなりして、しっかりと評価してもらうことも必要なんじゃないですかね…>リテールコムさん。

【参考】Bluetoothポータブルスピーカー「BIT-STB2819」レビュー(前編後編


【関連ニュース】
リテールコム、ワイヤレススピーカーなどBluetooth新製品-ワンセグ音声対応のポータブル型を含む5モデル

エクスパンシス
コメント 停止中