ソニエリ製auケータイ「W62S」に一つの「W54S」に4つの不具合

ケータイアップデートのお知らせ (au by KDDI)

ソニエリ製au携帯電話、W62SとW54Sについて不具合が見つかり、「ケータイアップデート」が開始されたそうです。W62Sの不具合は一つで、Eメールの自動受信ができない、もしくは、Cメールの受信・音声着信ができない場合があるというもの。W54Sは、PCサイトビューアーやEZwebでサイトを閲覧時に電源のリセットやキー操作を受付けない状態になる場合がある、アドレス帳の操作中に電源がリセットする場合がある、「オーディオ機器連携」可能な着うたフルの連携機能が利用できない場合がある、LISMO Playerで楽曲を再生中に画面にエラーメッセージが表示され携帯電話が起動できなくなる場合がある、の4つ。なお、起動できなくなったW54Sは預かり修理になるそうです。

W62Sはともかく、W54Sは売りの音楽再生機能で不具合発生です。にしても、一体何度目ですか。もはや突っ込む気力もありません。それはそうと、W61Sもなかなか発売されませんね。KCP+関連のバグつぶしで大変なんでしょうか…。

【追記】てなこと書いてたら5/3発売との発表が…って、明日じゃん!>au携帯電話の新ラインナップ「Cyber-shot (TM) ケータイ W61S」の販売開始について


【関連ニュース】
auのW62S/W54S/W54SA/W56Tに不具合、ソフト更新開始
au、Cyber-shotケータイ「W61S」を3日発売
ドコモ、ソフト更新情報を専用コーナーで掲載
Sony Ericsson、『Java ME』と『Flash Lite』の連携技術を発表
世界の携帯市場、景気減速の中14.3%増――IDC調べ
ケータイの機能はもう十分、料金に不満
ケータイ料金、もっと安く――「高い」と考えるユーザーが約7割

エクスパンシス
コメント 停止中