タグ : VRC-NW10

ウォークマンA910に新色ピンクが、ポータブルミニスピーカーにホワイトが仲間入り

ウォークマンA910シリーズiconの8GBモデル「NW-A918」と4GBモデル「NW-A916」に新色ピンクが追加されました。また、ポータブルミニスピーカー「SRS-NWT10Micon」にも新色ホワイトが追加されています。いずれも5月下旬販売開始予定とか。ちなみに、ソニスタではまだ受注は開始されてません。(追記:いずれも正式な発売日は6/7だそうです)

iconiconミニスピーカーのホワイト追加は嬉しいという人多いのでは。自分は限定ゴールドなのでできることならゴールドも出してください!とかいってホワイトも買っちゃうかも…。

あと、懐かしのソウルミュージックがあらかじめプリンストールされた「“Rolly”&“Walkman”スペシャルパッケージicon」の発売がソニスタで始まってます。プリインストール楽曲は以下の5曲。いずれもCDケース付きで、Rollyにはモーションファイルもおまけで付くそうです。

1, GETAWAY/EARTH.WIND&FIRE
2, FIGHT THE POWER Part 1 & 2/THE ISLEY BROTHERS
3, I LOVE MUSIC/THE O’JAYS
4, SMILE/THE EMOTIONS
5, SHAKE IT UP TONIGHT/CHERYL LYNN

それと、ソニスタでは予約不可の入荷待ちが続く、ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10icon」のレビューがITmediaに掲載されています。使い方によっては値段以上の価値がある商品と高評価。メモリーカードスロット搭載ならより魅力的との意見も>コピーワンスもなんのその:ウォークマン用録画クレードル「VRC-NW10」を試す

続きを読む

ウォークマン専用ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10」を試す(1)

15日に手元に届いたウォークマン専用ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10icon」。PCいらずでウォークマンにビデオ録画できちゃうお手軽機器の実力やいかに。ということで、SPA的インプレをばお届けいたします。

nw10_01.jpg

パッケージは少々大きめ。本体サイズも大きいのですが、ACアダプターとケーブルも付属する関係でこのサイズになったんでしょう。ACアダプターはクリエやPSP付属のものに近い大きさで5.2Vでした。AVケーブルはクレードル側は映像・音声共にミニ、もう一方はピンプラグタイプ。映像用のプラグはアナログバリバリのいわゆるRCA端子でコンポジット映像を扱えます。

クレードル本体は一般的なウォークマン専用クレードルよりも二回りぐらい大きいフットプリントがあります。録画用の回路が仕込んであるからなんでしょうね。仕上げはマットブラック。指紋や指油が付きにくいだけでなく、余計な反射が無いのが良いです。

nw10_02.jpg

向かって右側面に「POWERスイッチ」、左側面に録画モード(H/M/L)を切り換える「REC MODEスイッチ」、背面にDC IN、AUDIO/VIDEO IN端子、天面右側に録画の開始や終了を行う「REC/STOPボタン」と一定時間で自動的に電源を切るための「OFF TIMERボタン」、左側に録画ファイルを削除するための「DELETEボタン」。以上、スイッチが二つ、ボタンが三つ、合計五つで録画に必要な操作を行います。実にシンプル。

ウォークマンは、WM-PORT部にビデオ再生対応ウォークマンに付属のアタッチメントを使ってセットします。実際は、アタッチメントが無くても使えます。WM-PORTだけで自立させるのは少々不安ですが、複数のウォークマンを同時に使いたい場合などはアタッチメント無しの方が運用しやすいですもんね。ちなみに、A829のアタッチメントをセットした状態でA800が使えました。あと、A829のアタッチメントはクリップを装着した状態でも使えるように切かきが設けられているんですね。ちょっと感動。

nw10_03.jpg

なにはともあれ、実際に使ってみることにしましょう。今回は我が家の寝室にあるBRAVIAの20インチに繋ぎます。AVケーブルのミニ側をクレードルに、ピンケーブル側をBRAVIAのAVアウト端子に繋ぐだけ。接続はシンプルの極み。クレードルの電源を確保し、ウォークマンをセットした状態からPOWERオン。

POWERランプがしばらくゆっくり点滅した後に点灯になります。一方でRECランプはしばらく速く点滅した後にゆっくりの点滅に変わります。この状態がスタンバイOKらしいです。このスタンバイまでの過程で、ウォークマン側に録画フォルダを作成したり、空き容量を計算したりしているとか。ちなみに、ビデオファイルが多ければ多いほど、スタンバイまでに時間がかかるようです。

また、ウォークマン側はスタンバイ時は液晶が「USB接続中」の表示になり、データのやりとりが行われている間は、「接続を解除しないでください」というアラートが表示されます。クレードルの電源が入っている時は、PCやネットジューク経由でデータ転送する時と全く同じ状態になるということのようです。間にケーブルがないだけのUSB機器なんですね、NW10って。なお、クレードルにACアダプターが接続されていれば、クレードル自身電源のオン・オフに関わらずウォークマンは充電可能です。

iconicon録画も単純。「REC/STOPボタン」を押せば、BRAVIAで今見ているテレビ番組をリアルタイムに録画できます。録画中は、クレードルのRECランプがゆっくり点滅し、ウォークマン側には録画中のみ「接続を解除しないでください」というアラートが表示されます。もう一度「REC/STOPボタン」を押し、RECランプが速く点滅後ゆっくりな点滅に変われば、録画終了の合図。ウォークマンの液晶表示が「USB接続中」に変わったら取り外し可能になります。

また、シンクロ録画機能に対応したテレビを使うと、テレビの電源がオフの状態でもNW10を使って自動録画が可能になります。これまた手順はシンプル。テレビで番組予約をしたら、テレビの電源をオフにします。次にウォークマンをセットしたクレードル(こちらは電源オンのまま)の「REC/STOPボタン」を押すだけ。クレードルのRECランプが約2秒間に1回の点滅に変わり、録画待機状態に入ります。予約した時間にテレビから信号が出力されると、その信号を関知して録画をスタート。信号が無くなると自動的にストップするという仕組みです。

nw10_04.jpg

ちなみに、我が家のBRAVIAはシンクロ録画対応です。録画もばっちりできました。ですが、これも仕様なんでしょうね。録画が指定時間の3分前から始まってました。テレビ自体のスタンバイのためなんでしょう。実際の予約時間よりも前にテレビの電源が入り(画面には映像は出ません)出力を開始してしまうようです。数十秒ならまだしも、3分はちと長くないですか、ソニーさん。もちろん、最新機種ではわかりませんし、ソニー以外のメーカーでもそれぞれ仕様が異なるのでしょう。あくまで、我が家のBRAVIAでという話でした。

nw10_05.jpg

さてさて、録画したファイルには普段通りウォークマンの「VIDEO」メニューからアクセスできます。名前が「VRCxxxx」のものがクレードルで録画したファイルになります。複数録画されている場合は自動的に連番がふられます。再生はファイルを選択してプレイボタンを押すだけ。イメコンなどで転送したビデオと全く同じ感覚で映像を再生できます。

録画のクオリティもグッド。録画モードは最大のH:768しか使ってないのですが、ウォークマンのような小さな液晶で見る分には十分すぎます。A820シリーズぐらいの液晶サイズなら字幕やテロップもなんとか読めます。地デジなどの16:9ワイド放送もばっちり。見にくいなと感じたらズーム設定で「フル」表示を選択すれば左右はカットされますが4:3で画面いっぱいに表示することも出来ます。

nw10_06.jpg

なお、「VRCxxxx」ファイルはウォークマンの「VIDEO」フォルダ内の「VRC」フォルダに「.MP4」の拡張子付きで保存されます。ソースがデジタルの場合は、なんらかの著作権保護機能が働くかと思いきや全くのコピーフリー。PCやPS3に繋げばあっさりコピーが可能です。ダビング10などどこへやらです。(液晶ベガ経由でWOWOWのデジタル放送もいけました!)

長くなりそうなので今回はこの辺で。今後は他の機器との接続や録画したデータの使い勝手などについて掘り下げてみたいと思います。

ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10」は神録画機器 【再追記あり】

昨日、手元に届いたウォークマン専用ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10icon」。インプレ執筆のために、色々と検証中なんですが、その前にどうしてもお伝えしたいことがあってエントリーします。

vcr_nw10.jpg

コンポジットオンリーで、アナ>デジ変換されてしまいますが、それに伴う自由度がなんとも驚くべき結果を生み出してくれてます。BRAVIAのAVアウトと接続すると、地デジもなんなく録画可能。しかも、録画ファイルはPCやPS3で再生可能なほか、コピーフリーです。録画したウォークマン以外の動画再生対応ウォークマンはもちろん、PSPなどでも再生可能。

もう、コイツは“神”です。

iconiconちなみに、A800でも全く問題なし。BDレコの新機種「BDZ-A70
icon」はA820シリーズしかデジタル放送の転送に対応していないですが、「VRC-NW10」はそんなの関係ねーです。マクロビジョンさえかかっていなければなんでも録画できちゃうってことなんでしょうか。もう、ダビング10の延期もなんのその。

なんというか、一昔前のソニーには考えられない製品ですね。ま、ウォークマン専用録音用ケーブル「WMC-NWR1icon」も同じ考え方なんでしょうけど。にしても、色々な意味で大丈夫なんでしょうか、この製品。各方面からのおとがめは無いのでしょうか…。

まだまだ検証中ではありますが、あまりにも感動したのでまずはご一報。

【追記】A800での動作ですが、液晶ベガに繋いで試してみたところ、録画途中でエラーが発生することを確認。1分半でエラーが出る場合もあれば、30分以上たってからエラーが出ることもあり、何が原因かが今ひとつわかりません。なので、「A800でも全然OK」というコメントは撤回させていただきます。ごめんなさい。、

【再追記】A800でうまくいかない件ですが、メモリーの初期化を行ったら問題なく動くようになりました。なにが原因でエラーが出たかはわからずじまいですが…。ということで上記の撤回コメントそのものを撤回させていただきます(<なんじゃそりゃ)。二転三転してごめんなさい!

ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10」のQ&A

VRC-NW10のQ&A

ウォークマンのサポートページに5/25発売のウォークマン専用ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10icon」のQ&Aが掲載されました。Q&Aは全部で19個。マクロビジョン信号が含まれている番組は録画不可ということと、放送波がどんな種類であっても予約録画時間のみアナログの映像信号が出力される機能または設定のあるテレビやレコーダーと接続している場合のみ録画が可能とという点に注意すれば良さそうな感じ。

iconiconまた、録画したビデオファイルはウォークマンの[VIDEO]>[VRC]フォルダ内に格納されPCへも保存可能とか。ただ、Q&Aでは保存が可能ということだけ説明があって、デジタル放送の場合にムーブになるのかコピーになるのか書かれていないので実機で試してみないとわかりません。

ちなみに、昨日注文した自分の「VRC-NW10」は本日14:30頃にソニスタから発送通知が届いています。我が家には20インチのBRAVIAがあるので、届いたら色々と検証してみようと思います。

ソニスタでビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10」の受注スタート

ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10icon

iconiconソニスタで、5/24(土)発売のウォークマン専用ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10icon」の受注がスタートしています。

カートに入れてみたところ、お届けの目安が2008年05月15日頃となっていました。出荷が早まるのかな。なんにしても買おうと思っていた方は速攻ポチっとなですね。

【追記】買いました。15%オフクーポンやソニーポイント駆使で1.2万強でゲット。やはりお届けは5/15です。てことは明後日には手元に来るんですね。今から楽しみっす!(あー、また散財…)

VRC-NW10.gif

ウォークマン専用ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10」は5/24発売

“ウォークマン”専用アクセサリー ビデオレコーディングクレードル『VRC-NW10』 発売日決定のお知らせ

iconicon3/20に発売を予定していたウォークマン専用アクセサリー、ビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10icon」の発売日がついに確定。5/24(土)だそうです。ちなみに、ソニスタの販売ページはComing Soon表示のまま。受注前になんらかのアナウンスをしてくれると良いのですが…。

当初の予定よりも2ヶ月遅くなったんですね。結果的にA70の発表・発売の後になりましたが、社内で意図的な調整があったんでしょうかね…。なんにしても発売が決まったのは嬉しいですね。

続きを読む