タグ : VAIO P

NEW VAIO Pへの個人的な雑感

てことで、先日発表された新型VAIO Pのへの個人的な感想。プレゼンでもあったように、機能は実に正当に進化&深化していると思いました。解像度切り替え、漢字キーの配置修正、モバイルグリップスタイル、タテ持ち対応、ロングバッテリーライフ、通信系の充実等々、初代での不満点を克服しつつ、かゆいところにも手が届いてます。(下記写真はソニービルで撮ったものです)

デザインはキライじゃないけど、全体的にプラスチッキーで、なんかトイ(おもちゃ)っぽいんですよね。悪く言えばチープ。オレンジ、グリーン、ピンクのカラバリが特に…。高級感や落ち着き感は初代Pの方がまだあります。

ちなみに、一連のカミングアウトイベントは、自分がオヤジだからかもしれないけど、正直ピンとこなかったです。製品コンセプトと合致しているようにも思えず、必然性も感じられませんでした。

とまあ、たいしたこと言うてませんが、総合的にバランスの取れた良い製品だと思います。コンテンツブラウズだけに特化するなら山ほど選択肢はあるけど、アクティブに情報発信やコミュニケーションしようとするなら絶対にキーボードはかかせないし、写真やら動画やらの加工作業もやりやすいってことで、はまる人にははまるんじゃないでしょうか。

期せずしてiPad予約発売日とかぶってしまいましたので、何かと比較されているのかも知れませんけど、山田祥平さんの「どうしても見つからないiPadの居場所」というコラムにある、「iPadはノートPCの代わりにはならないが、ノートPCはiPadの代わりになれる」というコメントが今回のVAIO Pを含む、モバイルPCの良さをうまく表現していると思いました。

続きを読む

新VAIO Pのレビューあれこれ

ポップにリニューアルされた新VAIO Pは何が変わった?
ソニー新VAIO P、実用性はどこまで進化した?
速報フォトレビュー:Sバッテリで最長5.5時間、進化したソニーのモバイルPC「VAIO P」
デザインだけじゃない! 機能が大幅進化したモバイルPC – ソニー「VAIO P」

来週、5/22発売の新型VAIO Pのレビューをクリッピング。初代Pとの違いは西田さんのレビューでばっちり。初代と比べて、“機構的にも性能的にも大きな進化がない今回のVAIO Pを選ぶか否かは、「デザインが気に入ったか」「センサー系機能に惹かれるか否か」が分かれ目、ともいえる”とか。

「VAIO P」の新ボディをいきなり丸裸にする

こちらはソニーの設計担当者自らがVAIO Pをばらしつつ開発秘話を語る体の記事。初代と本体サイズは変わらないものの中身は大違いらしいです。

ついででなんですが、以下に先日のシークレットイベントで撮影したVAIO Pの動画へリンクしておきます。bloggieのダメっぷりがわかる最悪のクオリティなので、もの好きな方だけどうぞ~。

続きを読む

VAIO Pシリーズ新製品開発秘話カミングアウトレポート(後編)

「VAIO New Urtra Mobile」絡みのシークレットイベントにて行われた、ソニー関係者による新Pシリーズのプレゼンレポートの後編です。前編まだ見てないっていう方はこちらからどうぞ。また、youtube動画も用意しました>プレゼン3

ソニーVAIO Pシリーズ新製品プレゼン

(伊藤)
最後になるんですが、このような商品ですので、より外に持ち出して欲しい、持ち出したくなるデザインを追求してきました。ここに関してはデザイナーの田中から話しをしたいと思っています。

(田中)
私のところに依頼が来たのが去年の3月でですね、type Pとして出た時に絶好調で、バックオーダー抱えている状態で次のPをお願いしますと…。どの辺が変わるんでしょうかと言ったら、やっぱりジャストキーボードサイズはくずせないので、小型化された分は全部バッテリーにもって行かれているんですね。サイズは全く変わりませんと…。

続きを読む

VAIO Pシリーズ新製品開発秘話カミングアウトレポート(前編)

こちらのエントリーで取り上げた「VAIO New Urtra Mobile」絡みのシークレットイベントに申し込んでいたところ当選しましてですね、5/10に行ってきましたよ渋谷某所まで。某所も何も、噂のDOMMUNEとのコラボってことで、例のスタジオ(B1)が入ったビルのカフェ「CAFE SUPERCORE」の1Fと2Fでイベントが開催されました。

イベントには40名ほどのブロガーさん達が集まったらしいのです。会場スペースの関係で、2Fがタッチアンドトライスペース、1Fで3組に分かれて順番に新VAIO Pシリーズのプレゼンが行われました。これ以外にVAIOオフィシャルサイトで公開されていた「COMING-OUT BEATS」キャンペーンがDOMMUNEのスタジオにて、Ustream&Twitterでアーティストとカミングアウトワードをベースにリアルタイムで曲作りをしていくというイベントがパラレル進行したんですが、その辺の大まかな内容は大手メディアのレポートをご覧下さい(手抜き)。

ソニー、“VAIO Pシリーズ”のブロガー向け体験イベントを開催
ソニー、立ったままでも使える新ノート「VAIO P」発表会とユーザー招待イベント開催

ということで、ここからは当サイトをご覧の方が最も注目するであろうソニー関係者による新Pシリーズのプレゼン内容についてお伝えしたいと思います。プレゼンには、商品企画担当の伊藤氏、お馴染み設計開発総責任者の鈴木氏(すずいちさん)、デザイン担当の田中氏の3名が参加。カフェの1Fはただでさえ狭く、席の一番前だとソニー関係者と膝をつき合わせるぐらいの親密な距離感。そんな中でプレゼンは始まりました…てなことで、ここから先は持参したbliggieで撮影した動画から書き起こしたテキストにてお楽しみ下さい。長くなるので2回に分けて掲載しま~す。なお、担当者紹介等の前振りは省略してます。あと、一部聞き取れなくて?になってるところがありますがご了承下さい。

それと、テキスト読むの面倒という方へっとことでyoutubeに動画をアップしました。良かったらどうぞ~>プレゼン1プレゼン2

続きを読む

VAIO Ultra New Mobileの正体は新VAIO Pシリーズ

個人向けVAIOパーソナルコンピューター「Pシリーズ」新商品発売のご案内
Pシリーズ | 製品情報 | 個人向け | VAIOパーソナルコンピューター | ソニー

「VAIO Ultra New Mobile」の正体はVAIO Pシリーズの新製品。より活動的な使用シーンにも適したデザインと利便性を備えた、新しい”ポケットスタイルPC”。片手で掴んで持ち運べる携帯性とキーの打ちやすさを両立したサイズ、丸みを帯びて手になじむ柔らかいデザイン、アクティブな印象を与えるビビッドなカラーリングを採用。立ったままでも使える「モバイルグリップ・スタイル」を提案。本体に内蔵した各種センサーを活用することによる直感的な操作や、位置情報と連携した新しいアプリケーションも搭載。

Sony Style(ソニースタイル)

急速充電、照度センサー、ニーズにあわせて選べる2つの無線WANサービス、PS3とつながるリモート機能にEvernoteと、初代Pシリーズから比べて機能的にはかなりバージョンアップされている様子。クリップらしきデザインは側面の意匠だったんだなあ。見た目がバッグや手帳っぽいクロコダイル柄はアリだと思うけど、白黒以外の3色を選択するには勇気が必要な感じ…。なお、PS3のリモートプレイでtorneで録画した番組視聴はNG。むー。でもって、「COMING-OUT」プロモの一環として「DOMMUNE」コラボのライブストリーミングがあるわけか。なるほど~。

てことで、取り急ぎ~。

続きを読む