タグ : UMD Video

PSPはバーチャルPS3へ~リアルとバーチャルの融合で生まれる新コンテンツを狙う

スペシャルインタビュー PSPが“仮想PS3”になる

日経BP社ITproによるSCEの川西泉氏へのインタビュー。PSビジネスを立ち上げた頃から久多良木さんの頭の中にあった構想がPS3でやっと立ち上がるのだという印象。もちろん、ブロードバンドなどインフラの普及も後押ししているわけですが…。で、毎度の事ながらポイントの抜粋。

・PSP上でPS1のエミュレーション(オリジナル技術)を内部的に検証しているが結構ちゃんと動いている(アナログスティックが1つというユーザー・インタフェースの制約はある)
・ネットワーク配信するのはPS3、PSP、PS1ソフトだが、コンテンツはゲームに限定するつもりはない
・UMD Videoがどれくらい売れているかは把握できないが、世の中はネットで映像を配信する方向に向かっているのは間違いない。UMDはその端境期にはまってしまっている気がする
・eディストリビューションはPS3を買った日から使えるようにするつもり。ダウンロード方法は、PS3経由、PC経由、PSPの無線LANの三つ
・携帯電話の上でエミュレータを動かすことも将来は不可能ではなくる。“バーチャル・プラットフォーム”的なプレステも可能性としてはアリ(ネットワーク上にハードウエアとは一線を画したバーチャルな環境ができあがる可能性がある)
・(Cell)サーバー側でコンテンツを生成できる環境を作り上げれば現在のブラウジング中心のインターネットとはぜんぜん異なった世界ができるのではないか。極論すればクライアント端末はテレビそのもの。端末での演算処理はまったく必要ない
・PS3からPSPへの映像配信もあり得る。PS3でレンダリングした映像を無線LANでPSPに送る。PS3がホーム・サーバーだとするとPSPは紐付いている情報端末。PSPが“バーチャルPS3”になる。その先のネットワーク越しにあるものがCellサーバー
・(PSPがバーチャルPS3になるのであれば,PSP自体の強化はもう必要ないのではという問いに対し)そんなことはない。技術者には少しでも良くしたいという追求心がある
・(PSPが“情報端末”になることはあるかという問いに対し)いわゆるPDA的な使い方はユーザーの要望次第。すでに搭載したWebブラウザの流れでスケジュール管理やメーラーが登場するかもしれない。PSPは中長期的に見れば携帯型のネットワーク・デバイスであるべきだという考えはある。そのときに情報端末的な需要があればそういった方向性はあり得る。ただコンセプトがぼけないことが大事。SCEとしては軸足をエンターテインメントに置く
・一番大事なのはゲームの世界が継続的に変化していく、更新されていくこと。リアルタイムの情報を取り入れることも重要。実際の世の中で起こっていることをリアルタイムの情報として付加することで全然違ったものになるかもしれない。リアルとバーチャルの融合で生まれる新コンテンツは狙いたい

パッケージメディアからの脱却を計りオンラインで勝負を挑もうとするSCEに注目です。PS3投入が落ち着けばPSPの強化もありそうですね。その時、UMDが削られるのどうかもポイント。CellサーバーとしてのPS3にはPSP以外の携帯端末だって繋がるはず。エンタメ指向のPSPが遊んでいるように見えると言われるなら、myloやかつてのクリエのようなビジネスよりの新端末をソニーが投入したって良いわけですしね。あとは、「サーバー・セントリック」などの難しそうな言葉を使わずに、SCEが考えている壮大な構想を一般消費者に理解させ、夢をどう具体的にカタチにしていくのか、といったところでしょうか。

対して、Wiiの発売に関していまだ沈黙を守っている任天堂の動きも気になります。難しそうでとっつきにくいPS3の世界に対して、わかりやすくとっつきやすいWiiの世界をアピールしてきそうです。MSのXboxとZuneの連携も大いに気になるところ。いずれにしても大きな動きが始まるのはTGS以降になりそうですね…。

続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード、Blu-ray、DVD、UMD Videoが11/3に一斉発売

問題作にして話題作にして、ソニーを危機から救う映画、「ダ・ヴィンチ・コード」のBlu-ray、DVD、UMD Videoが11/3に一斉発売されるようです。アマゾンで予約受付しているのを発見して気がつきましたです。UMD Videoは別にして、Blu-ray版は普及に向けたキラーコンテンツになるのでしょうか。ちなみに、Blu-ray版はPS3発売前に出荷されるので、DVD版もゲットして画質を見比べてみますか~。

ダ・ヴィンチ・コード (Blu-ray Disc)
¥3,735【25%OFF】 圧倒的な高画質・高音質!究極のメディアにふさわしい最強のコンテンツ!
映像特典(デラックス・コレクターズ・エディションと同内容)
●原作者ダン・ブラウンインタビュー
●『ダ・ヴィンチ・コード』に隠されたコード
●ロン・ハワード監督撮影初日インタビュー
●ラングドンの人物像
●ソフィー・ヌヴーとは?
●魅力的なキャストたち
●魅力的なロケーション
●”モナ・リザ”と向き合って
●映画製作者の旅 パート1
●映画製作者の旅 パート2
●音楽の世界
●オリジナル劇場予告編集

ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産) DVD
¥7,485【25%OFF】 超豪華プレミアム・アイテム満載の究極仕様。3枚組み。(Disc1:本編ディスク、Disc2:映像特典、Disc3:「ダ・ヴィンチ・コード展」限定発売DVD)
●収録本編は約25分が追加された”エクステンデッド版”!(BOX限定収録)
●メタル製クリプテックス
●ラングドンメモ(劇中に使用されたレプリカ)

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
¥3,134【25%OFF】 ミニクリプテックス付き。本編ディスク 約149分+特典ディスク

ダ・ヴィンチ・コード (UMD Video)
¥2,993【25%OFF】 いつでもどこでも最高の謎解きを体験!

これが、今日分の新製品発表だったのか…。

続きを読む

これからのUMD Videoは980円が標準?

ワーナー、UMDビデオ980円キャンペーンの期間限定を解除-「ハリー・ポッター」など22作品が今後も980円で継続販売

ワーナー・ホーム・ビデオは、7/21より9/8までの期間限定でUMD Video計22本を980円で販売しているキャンペーンの限定を解除。全作品を通常商品化し、価格を据え置き980円で継続販売することに決定したそうです。

一度980円で販売していたタイトルが2倍も3倍もする定価で売れるわけがないという話もありますが、なんにしても喜ばしいことですよね。PSPでしか見られないソフトなんだから、むしろ安くしてくれないと…。980円がこれからのデフォルトになるなら大歓迎。タイトルもどんどん増やしてください、ワーナー様。にしても他社はなかなか追従してくれないっすね。やっぱ、消滅する運命なのか…?

続きを読む

7/21からワーナーのUMD Videoが980円~在庫が無くなり次第終了

ワーナーのUMD Videoが安い!(アマゾン)

明日、7/21からワーナーのUMD Videoが期間限定で980円になります。「ラスト・サムライ(右画像)」を含む8/4発売のタイトルもあります。6月にアマゾンや楽天で50~60%オフとなる1000円前後の価格で販売されましたが、明日からのキャンペーンは店頭を含む全国展開です。アマゾンでもすでに予約販売が開始されてます。

米小売店からは売れないという嘆きの声も聞かれ、てこ入れどころか終焉への第2章の始まりかもしれませんが、消費者にとっては手を出しやすい価格になったことも事実。PSPユーザーなら話の種に1枚ぐらいは持っておいても良いのではないでしょうか。

アマゾンなら税込882円で2枚買えば送料も無料になります。前回のキャンペーンで買い逃した人にもチャンスです。期間限定出荷となっており、店頭在庫が無くなり次第キャンペーンも終了するので、アマゾン経由でゲットしたいなら今日のうちに注文するのが吉だと思いますよん。かくいう自分もアマゾンで2枚ほどすでに注文してあります。(トップページ右下にも期間限定でライブリンク付けましたのでよろしかったら使ってくださいませ)

【追記】アマゾンですが7/21になって定価販売へと切り替わったようです。7/20に注文できた人はラッキーでしたね。

【再追記】7/21の午前中に届きました~。はやっ!ちなみに、980円シールが付いているんですね。「チャリチョコ」は映像も派手で何度見ても楽しいので買いました。

umd_980.jpg

バッファロー製H.264ハードウェアエンコーダの実力は

テレビ録画にH.264時代到来 次世代コーデックを使いこなせるか? バッファロー 「PC-MV9H/U2」

バッファローのH.264ハードウェアエンコーダ「PC-MV9H/U2」のレビュー。iPod/PSPユーザー注目の商品だけに、その評価が気になりますよね。3つある録画モードのうち、D1解像度のH.264の録画品質は「個人的にはもう一歩」で、iPod、PSPは「解像度が320×240ドットになるものの、発色が良く、ディティールが残っており、満足度は高い」とか。また、付属ソフトによるH.264トランスコードは予想外に遅いみたいで、あまり期待しない方がよいようですね。ちなみに、PSPのUMD Videoが720×480ドットのMPEG-4 AVCとの話から、VGAサイズのH.264がPSPに転送できれば、コンバートいらずになるのではないかと試したそうですがNGだったようです。総論としては、「H.264をどのように生かすか、によって評価が分かれそうだ」としながらも、「iPodやPSPを活用しており、PC用ファイルもQVGAファイルの拡大再生で構わないのであれば、録画から転送までのかなりの部分の省力化が可能な製品」としていました。

PSP、UMD Videoの不振でメモステ向けコンテンツ配信へシフト

米Sony、PSP用映画のDVDとメモリースティックデュオをセットで提供

米ソニーは、PSP用の映画コンテンツの入ったDVDとメモステPRO Duoのセット「Memory Stick Duo Entertainment Pack」を8月に発売すると発表。容量が1GB版が60ドル、2GB版が100ドル。映画は「Hitch」「S.W.A.T.」「The Grudge」「XXX: State of the Union」から選択可能。なお、映画コンテンツには視聴期限がもうけられているほか、メモステ上に転送されたコンテンツは他の機器では再生できないそうです。

米国で大手小売チェーンがUMD Videoの販売を縮小していることから、ソニーがPSP向け動画コンテンツをメモステを使ったデジタル配信へとシフトするという見方が強まっているとか。

そういえば、21日から全国的にワーナーのUMD Videoの980円セールが始まりますね。いよいよ日本でも在庫一掃の動きが加速するのでしょうか。また、タイミング良く、PSP絡みでtanamanさんからこんなお便りを頂戴しました。感謝です!

最近一番活用しているモバイルグッズはPSPです。よーく考えるとこのカレ、ソニースピリットの塊そのものの様な気がしてくる昨今です。音楽も聴けて動画も見れてネットにも繋がって、ゲームだって出来るんです!(ちょっと皮肉)SPAさんもおっしゃっているように、UMDドライブを外したゼロスピンドルモデルみたいなの出ませんかねぇ~?ゲームソフトもこれからはネット配信の世でしょうし。もしくは今更ですが、UMDリーダー&ラータードライブ発売を!!空UMDメディア4G2000円位だったら、爆発的にPSPは再ヒットしますよね・・・・熱帯夜に見た夢の中での話でした。

UMD Videoについては仕様が公表された段階で、誰もがこの結果を予想できていましたからね。光学ドライブはソニーの生命線かもしれないけど、モバイル機器に関しては大容量フラッシュメモリを採用する動きがますます加速していますしね。次世代PSPは、オンラインで買えない人向けに別売りドライブを用意、もしくはPS3経由でゲームをダウンロードできて、本体はできるだけ小型・軽量化をはかるみたいな流れの方が自然に思えます。あとオンライン配信ならメタデータも埋め込みやすくなるかもしれませんね…>コンテンツビジネスの陰の主役「メタデータ」を探る

エンタメコンピュータ「PS3」を母艦にした最強のモバイルエンタメマシンが生まれる夢を自分も見てみたいです。

続きを読む