タグ : UMD Video

2011/08/24のつぶやき

カプコン、PS3「モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver.」 最新スクリーンショットを公開。通信プレイについても紹介
アドホック・パーティをどんな感じで1画面に実装するのか、それを知りたいのだけど。まいっか、明日、自分で確かめれば…。

Amazon扱いのUMD Video
何の気なしにAmazonで「UMD Video」で検索かけたら、400件近くのタイトルが引っかかった。まだまだ在庫あるタイトルも多いんだなあ。ちなみに外国映画に続いて多いのがアダルト。このまま、売れずに終わっていくんだろうな、MD ROMのように…。

日本HPがPC事業についてコメント~「PC事業売却ではなく、1年半以内に大規模変革」
webOSベースのハード事業からは撤退。webOSを用いたソフトウェア事業については継続」とか。よくわかりませんが、Windowsとの共存を狙うのでしょうか。いずれにせよ、リソース激減しそう。

Motorola買収は、Google最大の失敗か?
でもって、「Android採用は、ソニー最大の失敗か?」みたいな流れにつながるのか…。

au、国内初のWindows Phone端末「IS12T」を25日発売
へー、内蔵メモリがiPhone並に32GBもあるのか。

アドビ製品5日間限定セール(Amazon)
なんでMac版とWin版で価格差出るんだろう。にしても高いなあ。CS4からアップグレードする日はいつになることやら。てか余裕がないから一生無理かも…。

シースルー型ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter」 の事業化を決定
ウェアラブルなんちゃらはまだ終わっていなかったのか。しかも、あのブラザーが…。

Bluetoothキーボードでスマホを快適に文字入力する技
サンコーの「スライド式iPhone 4キーボードケース」、プリンストンテクノロジーの「iBow mobile」、ロジクールの「Logicool Tablet Keyboard For iPad」が取り上げられてます。PS3のワイヤレスキーボードって発売後、全然メディア取り上げてくれないよなあ…。

シネックスより、HiPPiH社製iEagle折りたたみ式ワイヤレスキーボードを発表
Bluetooth対応でApple製品用に設計。ホワイトカラーがなんか新鮮。

Apple TVがやってきた~魔法のようなAirPlayにびっくり
さらに、東和電子の「TW-D7OPT」と組み合わせていただけると幸せ倍増かと…。

続きを読む

しぶとく続くUMD Videoビジネス~日本は980円が標準に?

FOX、UMDビデオ 27タイトルを各980円で再販

FOXが11月に同社のUMD Videoラインナップを低価格で再販するそうです。3,990円や2,990円で販売していた27タイトルが980円で継続販売されるとか。期間限定キャンペーンでなく980円が通常価格になるというのがミソですね。
続きを読む

AmazonでFOXのUMD Videoが980円~在庫処分で終焉モード突入?

UMD Video在庫一掃セール(Amazon)

何気にアマゾンを覗いていたら20世紀FOXのUMD Videoタイトルが定価の75%オフの980円で販売されておりました。エイリアン、コマンドー、X-MEN、スピード、インデペンデンスデイなどの大作も軒並み980円です。PS.comのオンラインショップ終了に伴う在庫処分も相当安かったですが、それに負けず劣らずの安さです。

ワーナーなどは独自にこれまでにも度々セールを行っており、UMD Videoは980円というイメージが定着した感もありますが、これにFOXが追従しただけのか、それともUMD Videoビジネスから身を引くのか。まあ、よくわかりませんけど、安いにこしたことはありません。新型PSPなら別売ケーブルでTVへの出力も可能ですから、話の種に一つや二つぐらいならUMD Videoタイトルを持っておくのもよろしいかと。ということで、売り切れる前にサクッと行っちゃいますかー。

airguitar.jpgAmazonの安売りといえば、珍しくおもちゃというかホビー系の商品でこんなの(→)も安くなってました。AIR GUITAR PRO エレキギターのブルーレッドがなんと1,050円。発売時に大騒ぎになるも、あっという間に沈静化したプチプチシリーズが585円(購入時の値段で今はまた値上がりしてしまいました)。二つ合わせて送料無料と言うことで勢いで注文しまいましたよ、まったくもう・・・。皆さんも上のUMD Videoと合わせてAirギターなんかどうです?あ、あとサンディスクのメモステ4GBも値動きが激しいですが今なら5千円後半で買えますよー。

ちなみに、週末特価のコレも注文済みっす>ONKYO WAVIO ル・シータポータブル。またもやスピーカーかよとつっこまないでくださいね。この他にもちょろちょろ小物をゲットしたんですが、珍しくほとんどがiPodの周辺グッズっす。結構面白いものも手に入ったので今度まとめてご紹介しますねー。

幕張に行くはずが、なぜかお台場へ

昨日、10/2はCEATECの初日。一般公開は午後からということで、昼過ぎに幕張へ向かったはずなのですが、なぜか、京葉線の新木場駅を下車して、りんかい線に乗って、東京テレポート駅を下車。とことこと歩いて向かった先は・・・そうです、お台場ソニスタです。CEATECのソニーブースで有機ELテレビ「XEL-1icon」やウォークマンA910シリーズiconを見たかったんですけど、混みそうだし、A910にしてもじっくりは触れないだろうなあと思いまして予定変更してしまいました。予想どおり、お台場ソニスタはガラガラ。平日なんてそんなもんです。ということで、有機ELテレビこそ見られませんでしたが、A910はそれなりにじっくり触ることができました。ということで、そのレポートを・・・というのは別エントリーにすることにしましてですね、実はこんなモノをお台場でゲットしてきました。

cc_wonka_1.jpg

見ればおわかりですよね。そうです、チョコレートです。同居人が何かおみやげ買ってきてって言うもんで、コイツをおみやげにしました。これね、500円もするんですよー。高いですよね。って、一体なんのチョコなんだよ!というツッコミが聞こえてきそうですが、わかる人はすぐわかりますよね。あのジョニー・デップ主演の大ヒット映画「チャーリーとチョコレート工場」に登場するWONKA社のチョコを模した商品なんです。

cc_wonka_2.jpg

模したと言っても、ちゃんとしたライセンスされていて、ネスレ日本が製造しています。裏面にはチャリチョコお馴染みのビジュアルも入ってます。チャリチョコのUMD Videoと並べてみると以外に大きいですよね。これなら500円も許せるか?コレ、結構前から売られていたようなんですが、自分は全然知らなかったんですよ。ちなみに、メディアージュのPLAZA(ソニプラじゃなくなっちゃったんですよね)と、DECKSのDELIで売られていました。いずれもEdyで買えますよ。

お味のほうは・・・あまーい!(死語)です。なんかね、とにかく甘いです。キャラメル入ってます。ちょっとクリスピーな感じもします。こんなもん、子供に毎日食べさせたら絶対に虫歯になります。ということで、バーボンやウイスキーのお伴にすることにします。あと、ゴールデンチケットはもちろん入ってません。まあ、でも夢があって良いですね。皆さんも身近な人を喜ばせるネタとしてお一ついかがですか?

【追記】そうそう、アクアシティの本屋さんでこんなモノもゲットしていたのでした。

hporterpbook.jpg

ソニーというかソニスタファン御用達(?)、吉田カバンのコラボブランド「ヘッド・ポーター」の新作や定番をカタログ化した書籍「HEAD PORTER PERFECT BOOK」でございます。定価980円ですが特製のトートバッグがオマケなので結構お得です。SPA家のお買い物はトート常用なので、すでにたっくさんのトートがあるんですけど、コイツも今日から仲間入り。そこそこコンパクトになるので、バッグインバッグの持ち運びにも便利そうです。カタログはまだじっくり見てませんが、「Black Beauty」シリーズにPSPケースなんてのもあるんですねー。シリーズ関係なく圧倒的にiPod用ケースが多いんですが、任天堂DSのケースなんてのもありました。手広く商売するなあ、ヘッド・ポーター。

PSP on TV を試す~PSPをテレビにつなごーの意味とは

軽さや薄さ、ワンセグチューナーが何かと話題の新型PSP「PSP-2000icon」ですが、忘れちゃいけない新機能に「PSP on TV」があります。オプションのAVケーブルで、普段はPSPの液晶に映る画面(映像)をテレビに映すという単純明快な機能。一部のケーブルがゲーム画面出力に対応していないものの、XMB対応のHomeなどのシステム画面、静止画、音楽ファイル、Webブラウザなどは言うに及ばず、UMD Video、ロケフリ、ワンセグといった動画も、ケーブル一本で手軽にテレビに出力できるのです。同様のことができる製品としてはiPodやワンセグケータイなどもありますが、PSPほどの自由度はありません。

psp2000_15.jpgケーブルの種類は、映像出力が黄色い端子のAVケーブル、同S端子のSビデオケーブル、同D端子のD端子ケーブル、同RGBが3本のコンポーネントAVケーブルの4種類で、つなぎたいテレビの仕様にあわせてケーブルを選択することになります。クオリティの違いについては自分がここで説明するまでもないので割愛しますが、AVケーブルとS端子ケーブルはゲーム画面の出力に対応していませんので購入の際はその点に注意が必要かと。ちなみに、自分が購入したのはD端子ケーブル。これはD端子入力(D1~D5)のあるテレビで使えます。ケーブル長は約2.5mで、想像していたよりも太かったです。本体に接続する端子はPSP-2000専用の独自仕様なので、初代PSP(PSP-1000)では使えません。

ということで、早速テレビにつないでみます。我が家のリビングにあるWEGAはD端子がふさがっていたので、寝室のBRAVIA(20インチ)のコンポーネント端子につないでみました。つなぐ前にPSPの設定メニューから「外部ディスプレイ設定」を確認。「テレビタイプ」は16:9、「コンポーネント/D端子出力」はプログレッシブを選択、というかこれがデフォになってました。映像を出力の切りかえは同メニューの「映像出力切りかえ」を選択して決定ボタンを押す方法と、本体のディスプレイボタン(PSPロゴのすぐ右にあるボタンです)を長押しする方法があります。PSPの画面に切りかえたことを表すアイコンが出るまでがちょっと長いので、テレビにPSPの画面が映るまで押しっぱなしにするのがコツみたいでした。

psp2000_09.jpg

我が家のBRAVIAは解像度が1366×768なのですが、PSPのホーム画面は自動的にフルスクリーンモードで表示されました。画像ではわかりにくいかもしれませんが、PSPの画面がアップスケールされて過不足無くそのまんま表示されています。少々眠たい画にはなりますが、20インチのテレビということもあって、さほど気になりません。所詮はホーム画面ですもんね。ということで、個別の機能でどうなるかを次々に試してみました。

psp2000_10.jpg

まずは、ワンセグ。ワンセグ自体の仕様が仕様だし、PSP-2000の液晶でもつらいと感じたこともありますが、まあ、そんなもんだよね、ぐらいの印象。そもそもが、地デジが見られるBRAVIAにつなぐ意味がありません。とはいえ、アナログテレビが現役とか、チューナーを内蔵しないモニター専用テレビなどを使っている人には意味のあるつなぎ方と言えそうです。もちろん、番組表やデータ放送の表示も可能です。

【参考】データ放送にも対応した新PSPのワンセグを検証-通信と併用でワンセグがほぼフル機能に(AV Watch)

psp2000_11.jpg

次にUMD Video。手元にあるチャリチョコで試してみましたが、これはなかなかいけてますねー。当然フルスクリーンもOK。これも20インチクラスのテレビだからなんでしょうけど、WEGAで見るDVDと大差ない感じ。こんな形でUMD Videoの実力を実感するとは・・・。ちなみに、モードの切りかえはノーマルとノーマル(85%)の二つだけでした。

psp2000_12.jpg

次はスゴ録のお出かけファイル。画像ははAVC Mainの768のものですが、384のもの含め、フルスクリーン表示が可能でした。ワンセグほどではないですが、全般的にジャギってる感じ。動きの多い映像だとつらいかもしれません。それでもまあ十分許容範囲というか、見られなくはありません。どうしても気になるならオリジナルに切り換えても良いですしね。

psp2000_13.jpg

お次はロケフリ。BRAVIA側はフルスクリーンなんですが、四隅に余白ならぬ余黒が発生。画面はハイビジョンスゴ録の画なんですけど、ベースステーションのアナログ映像も同様に余黒が表示されちゃいます。PSP側で表示を切り換えても同じ。映像のクオリティはUMD Video未満ワンセグ以上といったところか。

psp2000_14.jpg

最後がゲーム。ホーム画面の状態からPSP本体では表示されない余黒が発生。起動直後に表示されるPSPロゴ画面にも余黒が。ゲーム画面は、現在プレイ中のCCFF7なんですが、ご覧の通りフルスクリーンでは表示されません。BRAVIA側も勝手にズームモードに変わってました。これだと少々縦長で気持ちが悪いので、BRAVIA側のモードを色々と切り換えてみました。でも、どのモードもPSPと縦横比が一致せず、微妙な画角になってしまいます。強いて言えばワイドズーム(&字幕入り)がPSPの画面に一番近いでしょうか。どんな理由でこういう表示なるのかはわかりませんが、ゲーム画面もできるだけフルスクリーンで楽しみたいので、アップデートで対応してくれることに期待したいです。ちなみに、一番右下の画像はWebブラウザですが、こちらも余黒が発生しています。また、これ以外にもPS3のリモートプレイ画面を出力できるはずですが、今回は検証できなかったので割愛します。

以上のように、D端子とコンポーネントケーブルなら、あらゆるコンテンツをテレビに出力できるようになったのが新型PSPなのですが、今回色々検証してみてですね、なんかとてつもなくスゴイ事なんじゃなかろうかと自分は思い始めています。PSP単体でできることももちろんスゴイんですけど、ビデオアウトが可能になったことで、広義の意味での最強のロケーションフリー端末になってしまったんですよ、PSPが。これはさすがにクリエもできませんでした。ウォークマンやmyloにしても言わずもがなです。

ロケフリのクライアントでTVボックスがありますけど、映像のクオリティさえにしなければ、PSPとケーブルの組み合わせで十分その代わりになっちゃいます。もちろん、Wi-Fiの電波が届く範囲でという制限こそありますが、自宅にテレビが複数あっても、PSPとケーブルを持っていくだけでロケフリできちゃいます。TVボックスもさほどかさばるモノではありませんが、なにはなくとも電源が必要です。バッテリー駆動のPSPならそれがいらないと。ちなみに、ソニスタではTVボックスの値段が22,800円。対して新型PSPが19,800円、D端子ケーブルで2,800円ですから、両方足すと見事なぐらいにTVボックスの値段に近づきます。

もちろん、UMD Videoやお出かけスゴ録にしても同様のことが言えます。旅行先や出張先など、出先に(モニター)テレビさえあれば、ひとりでもみんなでもコンテンツを楽しめるんですから。さらに、出先でWi-Fiが使える環境なら、ロケフリやPS3のリモートプレイもできちゃうわけです。

てなことで、今更ながらPSPの持つパフォーマンスに驚いてしまいました。PS3がゲームにコミットする戦略に転換する一方で、PSPはゲーム以外の機能がこれまでにないほど充実してきました。久多良木さんの21世紀のウォークマンという発言は、ちょっと微妙というか、そういう範疇にすら収まらなくなってきたのが今のPSPなんじゃないでしょうか。

PSPも基本はゲーム機というスタンスは変わらないのかもしれませんが、これだけのことができるなら、クリエっぽいオトナ向けのPSPがあっても十分アピールできるのではないかと思います。個人的には思い切ったバリエーション展開に期待したいです。

そんなこんなで、個人的にはPSPが断然面白くなってきたと思うのですが、そんな風に感じているのは自分だけなのかなあ・・・?

(このエントリーをサイトにアップする前に、ソニスタがプレステのハード・ソフトの取り扱いを開始。タイミングが良くてびっくりです。今後はPSPと他のソニー製品との連携を強力にプッシュしてくれることでしょう。期待してます!>PlayStation(ソニスタ)icon

新型PSPで真のPS3版ロケフリがいよいよ実現か~PSPに直接動画をダウンロード可能なSIDE TUBE最新版にも注目

昨日、E3のプレスカンファレンスを皮切りに、日本でも電撃的に発表された新型PSPですが、SCEの今後のビジネスを占う意味でも、ライバル各社の動向にも注目しておきたいですよね。ということで、わかりやすい解説記事がインプレスWatchにあるのでブックマーク。

PSPは薄型へ、Xbox360ではディズニー映画配信開始 E3 2007から見る「ハイデフ世代」ゲーム機のAV
Wiiとホームを意識し始めたMicrosoftのXbox 360戦略後
任天堂、「E3 Media Briefing」Wii向けの新作をメインに展開 「任天堂=未来」が今後のコンセプト

全部インプレスの記事ですが、上から順に、AV Watch(西田宗千佳さんのRandomTracking)、PC Watch(藤弘茂さんのWeekly海外ニュース)、GameWatch(編集部)の順とということで、同じインプレスの中でも取り上げられるメディアが違うのがこれまた面白いです。

マイクロソフトの動きはともかく(日本人なので軽くスルー)、勢いに乗る任天堂はまさに我が道を行くですね。リビングの中心にWiiを置いてもらうため、毎日電源を入れてもらうため、あの手この手で攻めてます。フィットネス用のコントローラーの開発を含め、もはやゲーム機の範疇を超えちゃってますよね。

それはさておき、西田宗千佳さんのRandomTrackingではPSPのUMD Videoの現状についても触れられていますね。新型PSPにビデオアウト機能が付加された理由について、UMD Videoビジネスが相対的に弱体化していることと無縁ではないとおっしゃってます。

UMDビデオのビジネスが小さくなっている以上、そのコピー防止に必要以上に神経質になるのではなく、ユーザーの希望を重視しよう、ということになったのであれば、まことに喜ばしいことである。ちょっと回りくどいやり方ではあるが、PSPをテレビにつなぎ、さらにPS3とリモートプレイでつなげば、世界中どこからでも、自宅内の映像や音楽、写真をみんなで楽しめるわけで、旅行時などに威力を発揮しそうだ。

UMD Videoをテレビに出力して見るならDVD買った方が幸せなんじゃないかという話は別にして、PS3に蓄積したコンテンツをリモートで大画面で楽しめる、いわゆるPSP+PS3の組み合わせによるロケフリの実現が視野に入っているということなんですね。新型PSPの発売に合わせて、リモートでPS3を起動できるようになるんでしょう、きっと。となると、次はPS3側にため込む、もしくはリアルタイムでストリームするコンテンツですね。eyeVioとの連動なども視野に入っているのかもしれませんよね。

動画配信といえば、通勤ドットコムさんのメディア専用ブラウザ「SIDE TUBE」がバージョンアップしました。このバージョンから、動画共有サイト(Youtube、Dailymotion、Stgae6、eyeVioなど合計16サイト)から、連続的にダウンロード・エンコードできる機能が追加されています。さらに、PSPでは直接動画を保存可能とか。なお、エンコード・転送には別途エンコーダの入手が必須とのこと。いやー、素晴らしい。SCEももたもたしていられませんよ~っ!

続きを読む