タグ : type P

ケースイさんも使ってくれた「アクアトーク for VAIO type P」

防水デジタル、実際に使ってみました!

以前、「水辺で使える防水機能付きソニー製品は…」というエントリーで、さりげにtype P専用の防水ソフトケースもありまっせーと、こそくに宣伝しておりましたが、そこで取り上げた日経PCオンラインの連載に、なんとそのケースそのものが取り上げられてしまいました。(お知らせ感謝です!>bs_tさん)

最後の5ページ目に「アクアトーク for VAIO type P」が登場。ライターさん自ら、この手の商品にはとても魅力を感じるとコメントしてくださってますが、よくよくみたらあのケースイさんご執筆の連載でした。わーい。

「ポインターは少し使いづらかった」とありますね。監修者として力及ばず申し訳ないです。内側に貼るシールをもう少しマットな感じの物にしたかったんですが、メーカーさん的に透過性を優先したがったんですよね…。

ともあれ、いざという時には結構活躍してくれると思いますんで、type Pをアウトドアで使うことが多い方は鞄に入れて一緒に持ち歩いていただければと思います。ちなみに、サイズはA4程度ですー。

続きを読む

VAIO Wシリーズは前例がないくらいシンプルな内部構造

ソニー初のNetbookは中身も美しいのか?――「VAIO W」を丸裸にした

ソニー初のネットブック、VAIO Wシリーズのバラシ記事。発売前の試作機ということで、ソニーのメカ設計担当者自らバラシに協力。商品開発とマーケ担当も交え、インタビューぽく話が進んでいきます。保証対象外の行為ですが、HDDやメモリの交換は容易みたいです。担当者自ら前例がないくらいシンプルな内部構造とコメントしてます。開発当初はスティック型のポインティングデバイスも検討、発熱量の関係からファン採用が無難と判断といった話も出てきます。

iconicon

最近、type P使ってて目がシバシバするんですよね…。文字が小さくて読みづらいんです。ま、はっきり言って歳なんだと思いますけど…。てことで、家パソとしてのWシリーズに少なからず興味が沸いているのは事実。「VAIO Wシリーズ“限定”スペシャルパックicon」も発売間近ってことで、その前に一度現物でも拝みに行ってみようと思います、ってまだ行ってなかったのかよ。

続きを読む

無意識の接続が大変便利なWiMAX搭載VAIO type P

WiMAXを内蔵した「VAIO type P」、速度と使い勝手は3G内蔵モデルとどう違う?

VAIO type P、WiMAX内蔵モデルのレビュー。PCを起動すると何も意識せず接続されているのが大変便利とか。対応エリア内の静止時は通信速度は高速なようですが、電車や車での移動中に通信がひんぱんに切断されることがあることをデメリットとしてあげていました。また、アキバあたりでも路地裏では圏外になることが多く、現段階での「つながるか否か」には3Gモデルに軍配が上がるとか。

こちらのエントリーで取り上げた清水理史さんのVAIO type P WiMAX搭載モデルレビューも参考になります。

iconicon

【追記】ビザビでダイヤテック製のtype P専用 ACアダプターの取り扱いが始まったそうです。格安の2,980円!>POWERLINK MINI SONY VAIO type P専用 ACアダプター

type Pとは関係ありませんが、「スマートブック」なるARMベースのプロセッサ搭載ネットブックがこれから出てくるそうです。すでに米国や欧州の複数の携帯電話キャリアがオーダーしているとか…>ARMベースのネットブック"Smartbook"、第4四半期に続々と登場へ – 海外報道

続きを読む

WiMAX仕様のVAIO type Pを試す

内蔵WiMAXはやっぱり便利 ソニー「VAIO type P WiMAX搭載モデル」

清水理史さんのVAIO type Picon WiMAX搭載モデルレビュー。内蔵ならではのメリット・デメリットがあるようですが、手軽さとバッテリー動作時間の長さは素直に評価すべきとか。なお、無線LANの利用に関してはいくつかの注意点があるようです。

WWAN+WiMAX仕様は、一度で良いから使ってみたいんだけど、毎月かかる通信費がねえ…>3G+モバイルWiMAXの極楽

iconicon

ミニノートを快適に使うリモート操作術

こちらはUSBポート経由でPCからもう一台のPCをリモート操作できるコレガ「CG-UMPC2RUL」のレビューなんですが、type Pが検証に使われていたのでついでに。

Atom搭載MID「Viliv S5」の“進化するキーボード”に迫る

こちらは、モバイルPC好きなユーザーを中心に話題となっているらしい「Viliv S5」のレビュー。type PとiPhoneとの比較集合写真がありまーす。

WiMAX通信機能搭載VAIO「type P」「type Z」が発売に

こちらのご案内通り、本日、7月27日(月)から、「type Z」と「type P」のVAIOオーナーメードモデル(VOM)でWiMAX通信機能搭載iconの選択が可能になりました。WiMAX「搭載」を選択すれば、エリア内で下り最大13Mbps、上り最大3Mbpsの高速通信が可能になります。

オプション価格は10,000円。なお、「搭載」を選択の場合は、ワイヤレスWAN & GPSで「搭載」を選べず、「搭載」を選択の場合のワイヤレスLANはIEEE802.11a/b/g/nが、「なし」を選択の場合ワイヤレスLANはIEEE802.11b/g/nが搭載されるそうです。

iconicon

ソニー、VAIO type PがワイヤレスLAN/WANの同時使用に対応

また、24日にVAIO type Pのユーティリティ「VAIO Smart Network Ver.2.2.2」アップデートプログラムが公開されています。ワイヤレスWANとワイヤレスLANの同時使用が可能になったほか、ワイヤレスWANが有効になっている状態でスリープや休止状態から復帰するとVAIO Smart Networkが動作しないことがある問題を修正したそうです。

VAIO Wにマッチしそうなネットブックスタンド

type PをとるかWシリーズをとるか… 」というエントリーの最後でちょびっと触れたノートPC用のポータブル光学ドライブですが、色々と気になるものが出てきたので、改めてクリッピングー。

ブルーレイの映画鑑賞を2万円で実現
MARSHAL、業界初の書き込み対応ポータブルBDドライブ
ネットブックに最適! 低価格の外付けDVDドライブはこれだ!!
ネットブックを手軽にパワーアップできる拡張スタンド

Blu-rayドライブは安いと言ってもtype PやWシリーズでのビデオ再生はさすがに厳しそうってことで、価格もこなれたDVDドライブとの組み合わせがベストマッチか。上記のセンチュリー製ネットブックスタンドのサイズが幅260×奥行き190×高さ19mm。VAIO Wシリーズのサイズが267.8×179.6×27.5(最厚部32.4)。結構ドンぴしゃ?

ネットブックスタンドといえば、業界初の書き込み対応Blu-rayドライブを発売するMARSHALにも同様の製品があります。こちらのサイズは227×180×16mmってことで一回り小さいです。7/31発売でAmazonでの先行価格は8,476円。DVDドライブにしてはちょっとお高いけど、余ったSATA HDD/SSDを内蔵できるのがポイントですね。