タグ : SO905i

ドコモ携帯電話の新製品4シリーズ22機種にソニエリ製が無い理由

新たな端末シリーズ向けに22機種をラインナップ-お客様のライフスタイルに合わせて端末を選択できる豊富なバリエーション-(NTTドコモ)
新たな端末シリーズを展開-お客様の価値観やライフスタイルに合わせた、新たな4シリーズを展開-(同上)

NTTドコモが、携帯電話4シリーズ22機種を08/11/19以降、順次発売すると発表。これまで「90Xi」および「70Xi」などで展開してきた端末シリーズを刷新。市場の成熟化や携帯電話に対するニーズの多様化や市場環境の変化に対応していくとか。シリーズと端末の詳細についてはあちこちで報道されてるのでサクッと割愛するとして、気になるのはソニエリ製の端末が皆無なこと。

ケータイWatchの「幅広いニーズに対応、ドコモ山田氏「行動支援するケータイに」」という記事に、

今後もしっかりソニー・エリクソンと付き合っていく。私がコメントすることではないが、ソニー・エリクソン側は世界市場向けの機種という方向性ではないか

というドコモ山田社長のコメントが引用されています。あくまでソニエリ側の戦略によるものであるとのことのようです…(ん、オレの日本語、変?)。ニュアンスは微妙に違うかもしれないけど、今後はソニエリも台湾HTC社のTouchシリーズのような展開をするととって良いのですかね…>Touch Diamondを複数キャリアで展開する意義

【追記】サイバーショットケータイ「SO905iCS」のアップデートだそうです。(お知らせ感謝>Fighter_KOUさん)>SO905iCSのソフトウェアアップデート情報

そういえば、このところスマートフォン絡みのニュースやコラムをよく見かけましたので、その他の関連ニュースと合わせて以下にまとめてクリッピングしておきまーす。

続きを読む

英ソニエリ、007新作の劇中で使われるボンドケータイを実売

Sony Ericsson、限定版“ボンドケータイ”「C902 Titanium silver edition」を発表

英ソニエリが2008年末に公開予定(日本では2009/1/10日公開予定)の映画「007/慰めの報酬」で、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が劇中で使用する携帯電話「C902 Titanium silver edition」を発売すると発表。Cyber-shotケータイをベースにした特別モデルで、映画絡みのスペシャルコンテンツをプリインストール。劇中では顔検出AFを利用して写真を撮影して敵の正体を割り出すなどのシーンもあるとか。

ソニエリの不振を007(映画事業)が救えるでしょうか…みたいなつっこみはともかく、作品そのものの出来が気になるところ。カジノロワイヤルが面白かったですからね…。

SO903iTV、SO905i、SO906iに複数の連鎖不具合、ソフト更新で対応

ソニエリジャパン絡みですが、ドコモ「SO903iTV」「SO905i」「SO906i」の3機種のソフト更新が提供されたそうです。はワンセグ機能に不具合があり、複数の連鎖不具合も発生する可能性があるのが3機種共通。このほか、SO905iとSO906iは、スケジュールのアラーム関連、ローマ数字や特殊文字を含んだメール送信に不具合があるとか。

ボンドケータイにもしカメラが起動しない不具合が起こったら大変なことに…ってワンセグ機能が無いから問題ないか…。

続きを読む

Blu-rayディスクレコーダー「A70」のお出かけ転送にドコモ「SO705i」が対応、ほか

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-X90/A70/L70/T90/T70/T50」デジタル放送ダウンロードによるソフトウェアアップデート開始のお知らせとお詫び(重要なお知らせ | サポート | ブルーレイディスクレコーダー | ソニー)

iconiconソニーは、Blu-rayディスクレコーダー「BDZ-X90/A70/L70/T90/T70/T50」の機能を改善するソフトウェアアップデートを、地上デジタル放送、BSデジタル放送を使用したデジタル放送ダウンロードで実施。対象製品はソフトウェアバージョンの下3桁が011以下の上記6機種で、機能改善内容は以下の通り。

  1. 本体フロントパネルの“D1/D2/D3/D4切換ボタン”で映像をD2,D3,D4に設定した場合も、同時にコンポジット映像出力端子及びS1映像出力端子からの映像出力を可能にした。
  2. 「おでかけ転送」機能に対応携帯電話機種を追加 (BDZ-A70のみ)
  3. 一部のBDソフト再生におけるBD-JAVA機能の改善

ちなみに、BDZ-A70iconのおでかけ転送対応ケータイ機種には、ドコモの「SO705i」、「N705i」、「N705iμ」、「N904i」、「N905i」、「N905iμ」、「N906i」が追加されました。

ドコモ SO906i「BRAVIA®ケータイで、映像をもっと楽しもう!」(ソニエリ)

一方でソニエリがドコモ「SO906i」向けのキャンペーンを開始。ソニー・ピクチャーズの動画コンテンツが無料で閲覧できるようになるほか、同機とソニーのBlu-rayレコーダー「A70」を購入したユーザーの先着1,000名にもれなくEdyを10,000円分プレゼントするそうです。1,001名以降は、1,470円分のEdyがプレゼントされるとか。

「So-net blog」がソニー・エリクソン製携帯電話のブログアップ機能に対応~ケータイから簡単に画像やテキストをブログにアップ可能~(So-net・PDF)

また、So-netが「So-net blog」がソニエリ製ケータイ、ドコモ「SO906i」「SO905iCS」とau「W61S」のブログアップ機能をサポートしたと発表。管理ページ「メール投稿設定」から投稿ファイルをダウンロードすることで利用可能になるそうです。

「Cyber-shot (TM) ケータイW61S」および「W61T」のカラーバリエーション追加について(KDDI)

auのサイバーショットケータイ「W61S」に2つのカラバリモデルが仲間入り。、光を受けて輝く「リフレクションゴールド」と偏光パールを加えた「ルミナリーピンク」の2つで、2008年6月中旬以降に発売されるそうです。

新色のリフレクションゴールド、良いっすねー。A70のお出かけ、auのW61Sでも対応してくれないかなあ…。

【追記】とか言ってたら、KDDIがこんなサービスを始めると発表。PC経由でLISMOの新機能になるようです>KDDI、携帯電話に映画丸ごと配信

続きを読む

ソニエリ製ドコモ「SO905iCS」、「SO905i」に複数の不具合

ドコモのSO905iCS/SO905iに複数の不具合、ソフト更新開始
SO905iCSのソフトウェアアップデート情報(NTTドコモ)
SO905iのソフトウェアアップデート情報(同上)

ソニエリ製ドコモ「SO905iCS」、「SO905i」に複数の不具合があるとかで「ソフトウェア更新」の提供が開始されました。主な不具合は以下の内容で両機種共通。この他に、細かい修正も含まれるとか。更新時間は「SO905iCS」が約30分、「SO905i」が約40分。

  • メールの自動受信ができない場合がある。
  • iモード問い合わせで「メールがいっぱいです」と表示され、待受画面に戻る場合がある。
  • 着信してすぐに発した声が相手に聞こえない場合がある。
  • 伝言メモに録音された音声が小さい。

裏返すと、こういう不具合があるのに発売されたって事なんですよね…。

ACCESS、ドコモの906i・706iシリーズ全19機種に「NetFrontBrowser」を提供

ドコモ絡みですが、先日発表された906i・706iシリーズ全19機種に、ACCESSの「NetFront Browser」が採用されているそうです。SO906iには、ブックマークサムネイル機能、Virtual Pointer機能なども提供されているとか。

個別のアプリも良いけど、そろそろALPも…。ってその頃にはソニエリはドコモから完全撤退していたりするのかな…。

続きを読む

サイバーショットケータイには「ケータイと合体したカメラ」ならではの楽しさがある

“Cyber-shot”ならではのおもしろさが詰まっている──「Cyber-shotケータイ W61S」

ITmedia +D モバイル、荻窪圭さんの携帯カメラでこう遊べにソニエリ製のauサイバーショットケータイ「W61S」が取り上げられてました。ドコモ「SO905iCS」とサイバーショットT200との比較を含む作例が豊富。W61Sの良さは 写りもかなり優秀だそうです。GPS位置情報を写真に埋め込める点やマクロ撮影機能の強みも大きな優位性とか。メニュー操作などの“もっさり”感が気になるものの、「ケータイと合体したカメラ」ならではの楽しさがあるそうです。

使ってみたいんですけど、2年縛りのフルサポートでもまだまだ高いんですよねーとか言ってたらこんなニュースが。多少は買いやすくなるのかな…>ドコモ、携帯主力機種5000円下げ――KDDIも割賦導入

ケータイといえばWIRED VISIONにこんなニュースが。あのポーズで電話をかけられるようですが、記者同様のツッコミを入れたくなってしまいます…>革命的デザイン?「手の甲に装着する携帯電話」

それと、ケータイでハイビジョンもそう遠くないようです>ケータイでHDTV,早ければ2009年に市場へ

続きを読む

ソニエリ製ドコモ「SO705i」の使用感レポ by あるていさん

あるていさんからソニエリ製ドコモ「SO705i」について、「SO905i」との比較を交えての感想をお寄せいただきました。

はじめまして。クリクラの頃から、毎日楽しく拝見させていただいています私も、根っからのソニー好きで、基本的にはなんでもソニーです。

最近、SO705iに機種変更したのですが、どうもこの機種に関しては、ネット上であまり語られていないみたいなので、使ってみた感想などを、お知らせしたいと思い、投稿することにしました。ちなみに、この機種にする前はSO905iを使用していました。発売当日にワクワクしながら買ってはみたものの、SO903iに比べて全体的に操作に対する反応が悪く…という感覚には、きっと個人差があると思うのですが…結果的に、SO705iへ機種変更することにしました。

私の場合、メールを打つ時に、あまり予測変換の結果に頼らず、どんどん入力をしてしまうと言うか、入力ができるので、携帯電話に求める優先度は「変換精度<入力レスポンス」になります。SO905iは、多機能になったことで重量も重く、厚くなってしまったので、ボタン操作そのものが軽快に行えず、余計に操作に対するストレスがたまってしまった感じもします。4ヶ月程、我慢してSO905iを使ってみましたが、どうにもこうにも慣れることができなかったので、思い切ってSO705iに変えてみたところ、とても使いやすいと感じました。

Walkmanで、NECと協力している事が、携帯電話に影響しているのか分かりませんが、NEC製のOSが、うまくソニーの携帯に溶け込んでいると思います。基本OSがLinuxになったことで、マルチタスクが非常に強力で、iモード中でもiアプリが使えますし、iモードブラウザは、タブ表示にも対応しています。なにより、キーレスポンスがよいので、間違った操作をしても、すぐ「クリア」ボタンで、元に戻れるため、ストレスが無いですね。WQVGAの画面のわりに、フォントも見やすく綺麗です。外部メモリへのアクセスが速いことも魅力です。今までのソニエリ携帯は、外部メモリのアクセスが、かなり遅かったので(^-^;

70x系ということで、敬遠されている方もいるかもしれませんが、良い感じにまとまった、使いやすい携帯だと感じています。

とりとめのない文章になってしまいましたが、これからもサイトの運営を頑張ってください。応援しています。

自分はドコモの端末は随分とご無沙汰しているので大変参考になりました。また、応援メッセージもありがとうございます。SO905iはBRAVIAとウォークマンの技術を採用し、+JOGも搭載する欲張りな端末ですが、多機能ゆえのしわ寄せが生じてしまったんでしょうかね…。ウォークマンはチップがNECエレ製ですが、SO705iはOSがNEC製なんですかー。Luiの発表もありましたが、最近のNECはすごいですね。

さておき、あるていさんのようにドコモのFOMAに不満を抱える方が多いからなのかわかりませんが、ドコモがこんな発表を行ったそうです。

NTTドコモが端末ソフトの設計を大幅見直し,iモードなど独自機能を分離
ドコモ、FOMA端末用オペレータパックを開発

FOMA端末の開発効率向上を目指し、Linux OS向けアプリケーションソフトウェアセット「FOMA端末用オペレータパック」の開発を開始。あのACCESSと共同開発するとかで、2009年後半より順次、端末への搭載を進めていそうです。

ACCESSとくればALP。ついにPalmアプリが日本のケータイでも使えるようになるのでしょうか…。Palmアプリが動くソニエリ端末を見てみたいっすね。どうか、撤退しないでがんばってください!>ソニエリジャパン様

続きを読む