タグ : Slim Suit P

type P専用本革製キャリングカバー「Slim Suit P」製品化への道

絶賛発売中のtype P専用キャリングカバー「Slim Suit P(スリムスーツP)」開発の裏話。tikahiroさんからご指摘いただいたとおり、このカバーの発想の源はミドリ社の「トラベラーズノート」です。前から気になっていたアイテムで、2月の初旬にようやくゲットして使ってたのですが、type Pとサイズも近いので、合体したら持ち運びも楽になるかなあと思ったのがそもそものきっかけっす。

pre_ssp_0

知人にarupapaさんというデザイナーがいるんですけど、昔からモバイル系アクセサリーの類や革製品がお好きな方で、たまたまお会いした時にこのアイデアを話したら、面白そうということで一枚噛んでくれることになりました。2人で浅草橋の革屋さん(?)に行ってわらわら革の歯切れを調達。とりあえず色々自作して見せ合おうということにしまして、最終候補に残ったのが以下の2点。

pre_ssp_1

ビビッドなレッドがインパクト大な革を使ったこちらは純正のコンセプトに近いシリコンシートで本体を固定するタイプ。メリットは上蓋がちゃんと閉まること。デメリットは、本体の取り外しが面倒なことと、シリコンシートの粘着力低下。純正同様、着脱を繰り返していると粘着力が落ちてくるんですよね。ちなみに、画像に写ってるシートは100円ショップで買った耐震防止用のシリコンパッド。エクストリームリミットさん曰く、純正カバーで採用されている薄型は結構高いんだそうです。

pre_ssp_2

こちらはトラベラーズノートのように本体をゴムだけで止められるようにしたタイプ。って、この時点でもうほとんど製品版と同じ仕上がりですよね。違いはスーツ表面に露出するカラーゴム2カ所にビーズが無い事。切りっぱなしで未着色な白い革の小口が目立つけど、ぶっちゃけこの時点で9割方完成していたとも言えそうです。

pre_ssp_3

その後、これら試作品を携えて2月下旬にエクストリームリミットさんを訪問。見せた瞬間に担当者のお二人がビビッときた後者を製品化することになった次第です。実際はそこからが長かったんですけどね…。

pre_ssp_4

良いものを安く提供するためエクストリームリミットさんは海外の工場数からに見積並びにサンプルを調達。ロングバッテリー対応のための革サイズ微調整。細くても強度のあるゴムひもの取捨選択等々、最終サンプルがあがるまで2ヶ月半近くを要してしまいました。が、その甲斐あって良いモノができたと関係者全員満足しております。

ところで、発売と同時に購入してくださった皆さんのお手元にはもう届いてますでしょうか。近日中にカラーゴムの交換方法などの解説エントリーをアップしたいと思いますので、機会があったら是非カスタマイズにもチャレンジしてくださいねー。

真のモバイルノートPCはVAIO type P~小さくて軽いサイズだからこそ余裕で持ち歩ける

持ち歩きに最適なパソコンベストバイ~ネットブック編~

戸田覚さん流のシリーズコラム「モバイルグッズ&テクニック」、同氏独断と偏見のネットブックのベストバイランキング。同氏が「真のモバイルノートだと実感した」という、ソニー「VAIO type Picon」が堂々の一位にランクイン。「持っているのを忘れてしまうほど小さく、軽い」「サイズだからこそ、余裕で持ち歩ける」のが理由。逆に「画面が小さくワイドすぎて見づらい」から「他のパソコンがある事務所や自宅では使う気にさえならない」とかー。CPUがネットブック用ってことでモバイルノート編じゃなくてネットブック編に入ったそうです。なお、モバイルノート編ではtype Gが7位にランクインしてます。

ちなみに、下の画像は最近自分がtype Pを実際に使ったシチュエーション。持ち運びやすいだけじゃなく、フットプリントも小さいから、奥行きのないバーカウンターやテーブルの上でも使えるのがtype Pの良さ。別のノートPCだと絶対にこんなことしないけど、type Pだと逆に積極的に使いたくなるんですよねー。

ssp_atbar

バーだけじゃなくて、お好み焼き屋でだって使っちゃうぞ。キャリングカバーを装着しておけば、向かい側からは一見何してるのかわからないはず…。

ssp_atbar2

なーんて、さりげなく「Slim Suit P」の宣伝しちゃってますが、あのかつぽんさんが早くもこの本革キャリングカバーをサイトで取り上げてくださってます。ホントにありがとうございます。

言わばVAIO typeP用手帳カバーかな?【VAIO VGN-P90NSレビューその14・SONY VAIO type P用”スリムスーツ P”レビュー】:明日は明日の風が吹く:So-net blog

おそらくこれが正式な製品版の世界最速レビューでしょう。また、お褒めのお言葉、並びにご要望、ありがおうとございました。第一弾の売れ行きが良ければカラバリ展開も可能になるはず。てことで、type Pオーナーの皆々様方、新色リリース実現のためどうかご協力よろしくお願いいたします!>Slim Suit P(エクストリームリミット)

続きを読む

VAIO type P開発陣のtype P活用術~当サイトゆかりのCap P! P!やKoieショルダーの話題も

ソニー「VAIO type P」を作った人はどう使っている? 開発陣の「VAIO type P」活用術

インプレスの「できるネット+」。[仕事の効率化]>[できる人のデジタル仕事術]なるカテゴリーにて、VAIO type Piconの開発関係者自らが実際にtype Pをどう活用しているかを赤裸々に(?)披露。登場するのはプロジェクトマネージャ・設計リーダーの鈴木氏、製品企画担当の伊藤氏、国内マーケ担当の岩井氏のお三方。

三者三様で面白いですが、注目していただきたいのが3人のなかで最もヘビーモバイラーという岩井さんが使ってるtype P。なんと、ビザビのCap P! P!をモニター試用中とのこと。それと、あの鈴一さんが使っているtype P持ち歩きバッグはなんと当サイトが紹介したKoieのショルダーだそうです。当サイトの名前まで出していただき、感謝感激雨あられっす。

後半には先日発表されたばかりのWindows XPモデルについて言及。Windows XPの方が基本的な動作が軽いことはわかっていて、本当は初号機でもVista、XPの両方をやりたかったんだけど、リソース的に両方を同時に開発できなかったみたいなことでした。ま、それでも3ヶ月あれば搭載モデルを出せちゃうんだし、初号機ユーザーにもドライバを配布するってんだからすごいですよね。

iconicon

XPモデルと言えば、tikahiroさんから以下のようなお便りいただきました。(感謝です!)

SPAさん、お久しぶりです。クリクラ時代からずっとこのサイト拝見させていただいています。今回、発表されたtype PのXPバージョン、思わずポチッとしてしまいました。発売当初から欲しいな、と思っていましたが、XPモデルがなかったので遠慮していました。いまからものが届くのが楽しみな訳ですが、ケースをどうしようか迷っています。Slim Suit P も選択肢に入れています。ところで、このカバーを見ていてトラベラーズノートを連想してしまいました。使い込んでいったら、いい感じになりそうですね。

待望のXPモデルのご購入おめでとうございます!どのようなスペックでオーダーなさったのかはわかりませんが、XPならCPUが非力でHDD搭載のモデルでもかなり快適に利用できそうなイメージですよね。何より費用が抑えられるのが大きいと思います。自分もドライバ公開されたら導入してみるつもりです。

さてさて、「Slim Suit P」もご検討くださるとのこと。ありがとうございます。トラベラーズノートを連想されたとのことですが、鋭いですね。自分このノートのオーナーでして、ぶっちゃけかなりインスパイアされています。実はSlim Suit Pで使えるリフィルもトラベラーズノートのものが一番マッチするようになってます。気分で使い分けもできて楽しいですよ。

その「Slim Suit P」ですが昨日からエクストリームリミットさんから出荷が始まったそうです。出足も予想以上に好調らしいです。初回出荷分はある程度数は確保してあるようですが、一枚革の調達が難しいため初回分がはけると次回出荷まである程度の時間がかかるとか。ということで、欲しいと思った方はお早めに。ちなみに、自分が今持ってるのは最終サンプル版なので、製品版が入手でき次第、使いこなしについてのレポートなどを色々とシリーズでお届けしたいと思ってます。

type PニューモデルでSlim Suit Pのマッチングを試す

久しぶりにお台場ソニスタを訪ねてみました。
目的は昨日発表されたVAIO type Pニューモデルと
一昨日発売開始したSlim Suit Pのマッチング確認。

平日の午後ということで、来場も少なくじっくり観察できました。
ショールームのスタッフの方が融通を利かせてくださって、
実機にカバーを装着させていただくことも出来ました。
この場を借りて御礼申し上げます。


Warning: Division by zero in /home/ezeof/so-mo.net/public_html/wp-content/plugins/nextgen-gallery/products/photocrati_nextgen/modules/nextgen_basic_singlepic/templates/nextgen_basic_singlepic.php on line 13

結論から言って、全く問題なし。
というか、新色のキーボードカラーが、
実にカバーの色とマッチしとりました。
ゴールドモデルの展示は天板のみだったので、
Suitの装着テストはグリーンとレッドのみでしたが、
どちらも良い感じでした。

「続きを読む…」の先にギャラリーを用意したので、
新型にSlim Suit Pを検討してくださっているのであれば、
是非チェックしてみてください。

(今日はもうしばらくお台場にいるので、type P実機のみやウォークマンWシリーズの画像は明日以降改めて…)

続きを読む

type P専用キャリングカバー「Slim Suit P」の着脱方法を動画で解説

昨日紹介したエクストリームリミット製のVAIO type P専用キャリングカバー「Slim Suit P」の着脱方法を動画で解説してみました。購入した方の参考になれば幸いです。

ケースやポーチ、キャリングケースを複数持っていると、
その日の気分で使いたかったりそうじゃなかったりすると思います。
「Slim Suit P」は慣れると数秒で着脱できますので便利です。

(恥ずかしながらyoutubeへの動画投稿は今回が初だったり…)

自分好みにカスタマイズできるVAIO type P専用本革製キャリングカバー「Slim Suit P」

エクストリームリミット、自分好みにカスタマイズできるVAIO type P 専用本革製キャリングカバーを5,900円(税込・送料無料)で販売~手帳のようにカジュアルにVAIOを持ち歩こう

エクストリームリミットは、ソニーVAIO type P専用の本革製キャリングカバー「Slim Suit P(スリムスーツP)」を本日2009年5月25日(月)より同社オンラインショップにて送料税込5,900円で販売を開始しました。5月下旬から随時発送予定。

cimg3919-3 cimg3932-3

「Slim Suit P」は、type Pのポータビリティ性能をスポイルしない、薄くて軽いスタイリッシュな手帳タイプのレザーカバー。着脱も容易で、保護のみを目的とした従来品には無いカスタマイズ性能とコストパフォーマンスの高さも大きな魅力。以下、Slim Suit Pの主な特徴。

1.市販の手帳タイプの本革製カバーの中では最薄最軽量
革の厚み2mmと重さ約110g(カラーゴムと木製ビーズ含む)は、市販の手帳タイプの本革製カバーの中では最薄最軽量(2009年5月25日現在)。type Pのポータビリティ性能をスポイルしない、スタイリッシュな手帳タイプのキャリングカバー。(参考:ソニー純正は約150g)

dsc00765 dsc00766

2.牛一頭から12枚程度しか取れない「ステアハイド」高級一枚革を贅沢に使用
生後3~6ヶ月の間に去勢され2年以上経過した太らせた雄牛からできる厚みのある「ステアハイド」と呼ばれる高級牛革を使用。革独特の雰囲気を極力損なわないようにとの考えから、革と革をつぎはぎする手法ではなく、素材感を前面に押し出す一枚革仕様に。ステアハイド牛一頭(畳2畳分)から12枚程度しか採れない贅沢な一枚革でしっとりとしたぬめり感のある手触りが楽しめます。

dsc00761 dsc00773

3.本体の固定にカラーゴムを使用~着脱も容易
type P本体は液晶ディスプレイの左右にあるスペースとヒンジ部にカラーゴムを通して固定(※)。両面テープや面ファスナーなど一切使用しないので本体の着脱も容易。液晶ディスプレイを閉じてカラーゴムで一巻きすれば手帳そのもの。カバー装着時でも側面と前面を覆わず、メモリーカードスロットやUSBコネクタ類に簡単にアクセスできるほか、ACアダプター接続時ならカバーを装着したままバッテリーの交換も可能。ロングバッテリー装着時でも使用可能(特徴5で記載のメモ帳やリフィル無しでの使用を推奨)。

cimg3932-3cimg3926-3dsc00771
(※)本体とディスプレイの間にカラーゴムが入るためディスプレイは完全には閉まりません

4.類を見ないカスタマイズ性能~即アレンジ可能なカスタムパーツを同梱
オーナー自らがカラーゴムやビーズを交換することで独自に個性を演出。カラーゴムはVAIOにちなんだパープルを標準としてセットし、交換用にブラックとレッドの2セット並びに木製ビーズの予備も同梱。レッドに交換すれば、ワンポイントカラーが強調され、よりカジュアルさを演出。オニキスブラックの本体にブラックのカラーゴムを組み合わせると、ゴムが目立たずシックな雰囲気に。市販のゴムひもやビーズを使用すればバリエーションは無限大。カスタマイズする楽しさも本製品の大きな魅力(下中央の画像がカスタム例)。なお、カバー表面の2カ所のビーズは、液晶ディスプレイを開いた時に、本体の後方転倒を防ぐ機能を兼ね備えています。

cimg3951-3dsc00754cimg3942-2

5.簡易システム手帳機能を付加~デジタル&アナログの2Wayスタイル
本体バッテリー下部にあたる、カバー中面中央近くにあるカラーゴムループを使えば、付属のメモ帳をはじめ、市販のシステム手帳のリフィル、プリントアウトや印刷物など、好みのアイテムをtype Pと一緒に持ち歩けます。一瞬のひらめきや思いつきを即座に紙に書きとめ、あとでtype Pで整理・清書するといった使い方など、デジタルとアナログ、それぞれの良いところを、臨機応変に使い分けられるのが本製品のもう一つの魅力。

dsc00767dsc00770dsc00768

なお、本製品は私SPAのアイデアを元に、PDAやPC用のモバイルスーツシリーズ製作で高い評価を得てきたエクストリームリミットさんとのコラボにより誕生しました。ちなみに、カバートップの刻印は当サイトのロゴとしても使われていますが、ソニーのモバイル製品ファンの皆さんに向けた製品であることを表す意味でブランドロゴとして採用してもらいました。裏面にはちゃんとエクストリームリミットさんの刻印も入ってます。

2月下旬に企画を持ち込んでから丸三ヶ月。作りがシンプルだから製品化も簡単かと思いきや、ゴムの太さ、革の厚み、ゴム穴の位置を少し変えるだけで使用感が変わるので、微調整に想像以上の時間がかかりました。時間がかかった分、良いモノが出来たと思ってます。上の説明にもありますが、ホントに手触りが良いです。手前味噌で恐縮ですが、簡易メモ帳や換えのゴムも同梱しつつ、なおかつこの仕上がりで5,900円というのはかなり破格かと。写真は用意できてないですが、パッケージも丁寧ですよ。

dsc00747 dsc00755

個人的には、持ち運びやすさ以上に、カスタマイズの楽しみが味わえるのが大きな魅力になっていると思ってます。革はブラック一色なんですが、カラーゴムとビーズを変えるだけでもかなり遊べますので、世界に一つだけのデザインに仕立て上げて欲しいと思います。右上のブラック仕様とか、結構シックでしょ。オニキスブラックユーザーさんにおすすめのカスタム例っす。

ということで、もっともっと説明したいことがあるのですが長くなりそうなのでまた別エントリーで紹介していきたいと思います。これぐらいのうすい情報ですが、このレベルでも欲しいと思った人はどうか速攻でポチってくださいませ。

最後に。この製品のような天然皮革製品は、温度や湿度など、保管状況や使用環境などで、淡い(白い)色の衣服や機器本体に色移染する場合があります。自分ももってるクリスタルホワイトモデルなどの場合、革との密着によってどうしても上蓋に色落ちが起こってきます。現在の技術では色落ちを完全に防ぐ事ができませんので、長期間の装着は避け、汚れた場合は定期的に拭き取る事をお勧めします。それとゴム足にも革の色が付着しますがこれも防ぎようがありません。購入予定の方は以上の点にくれぐれもご注意くださいませ。

【追記】クリスタルホワイトとの組み合わせ画像です。

dsc00774 dsc00775

dsc00776 dsc00778