タグ : PSP go

読み出し速度15MB/sのメモステマイクロMS-Mシリーズ~PSP go対応


メモリースティック マイクロ”(Mark2) MS-Mシリーズ MS-M4/MS-M8/MS-M16(4GB/8GB/16GB)

ソニーストアメンバーメール経由で知りましたが、メモリースティック マイクロ”(Mark2) MS-Mシリーズの新製品が9/9発売とか。著作権保護技術「マジックゲート」対応で高画質映像などの記録に適した15MB/s。容量別に16GB、8GB、4GBがラインアップ。読み出しができなくなった記録データを復旧するソフト「Memory Card File Rescue」とお気に入りの静止画から簡単にビデオクリップを作成するソフト「x-Pict Story for Memory Card」の無償ダウンロード特典付き。対応機種はマイクロスロット搭載サイバーショット(TXシリーズ等)とPSP Goで、販売予定価格は税込2,680円から。

ディスコンしたPSP goをパッケージに印刷しちゃう度胸たるや…。ところで、純正の16GBモデルってもしかして初ですか?そうだとしたら、SanDiskに遅れること何ヶ月になるんだろう?。にしても、対応機種が増えませんなあ、M2は…。

apt-X対応の高音質Bluetoothヘッドホン「Creative WP-350」を試す(2)


クリエイティブメディアのPure Wirelessシリーズのマイク内蔵Bluetoothワイヤレスヘッドホン「WP-350」のモニターレビュー第2段(1回目はこちら)。今回はペアリングと音質の感想など。

■こんなにあるぞBluetooth対応機器


一昔前と比べて、Bluetooth対応機器も爆発的に増えたので、WP-350と接続出できる機器も実に様々です。

・iOS端末(iPhone、iPad、iPod touch等):内蔵、専用ドングル
・iPod:専用ドングル
・Creative ZiiO:内蔵(apt-X対応)
・ウォークマン:内蔵モデル(A820シリーズ)、専用ドングル(NWB1)
・VAIO(WindowsノートPC):内蔵、USBドングル
・携帯電話:内蔵
・Android搭載端末(スマートフォン、タブレット):内蔵
・PSP go:内蔵
・Bluetoothトランスミッター(ステレオミニプラグで音声出力可能な機器であれば何でも)

続きを読む

PS3対応Bluetoothワイヤレスキーボードを試す


6月30日の発売当日に入手していたにもかかわらず放置していたBluetoothベースのPS3ワイヤレスキーボード(CECH-ZKB1JP)をプチっとレビュー。

続きを読む

apt-X対応の高音質Bluetoothヘッドホン「Creative WP-350」を試す(1)


昨年夏、Bluetoothスピーカー“ZiiSound D5″のモニターに当選し、レビューを書かせてもらいましたが、およそ1年ぶりにクリエイティブメディアさんからお声がかかりまして、5月に発表されたPure Wirelessシリーズのマイク内蔵Bluetoothワイヤレスヘッドホン「WP-350」のモニター(今回はクローズドだそうです)をさせていただくことになりました。

ということで、これから数回にわたって思いつくままにレビューを書いてみたいと思います。なお、製品はクリエイティブメディアさんから提供を受けていますが、記載する内容についての指示や掲載前の検閲、金銭授受の類はなどは一切ありません。いつも通り思ったことを好きなように書かせていただきます。

■「Creative WP-350」とは

クリエイティブ社がpure wireless entertainmentと題し展開してきたBluetoothワイヤレスオーディオのノウハウ等を生かし、マイク内蔵Bluetoothワイヤレスヘッドホン製品群を新展開。その第一弾として発売するのが「WP-350」。

iPhoneやiPad、Androidスマートフォン、Windows PCやMacなど、A2DPプロファイルをサポートするBluetooth対応機器の音楽ソースを快適なステレオワイヤレスで再生可能なほか、3GやSkype等の通話サービスを高品質にかつワイヤレスで楽しむことが出来ます。その他、主な特徴は以下の通り。

  • 精巧なチューニングをほどこしたネオジウムドライバーにより優れたオーディオクオリティでの再生を実現
  • イヤーカップ部分に無指向性の通話用マイクを目立たず配置
  • イヤーカップのコントロールボタンで対応デバイスを直感的にコントロール可能。
  • 合皮製のイヤークッションは、長時間のリスニングでも快適
  • ボディは約108gと軽量でイヤーカップはフラットに折りたたみ可能
  • Bluetooth接続時にクリアで遅延の少ないオーディオ再生を可能にする高品質オーディオ伝送技術「apt-X」にも対応。別売オプションのiPod用Bluetoothアダプター「BT-D5」やPC用Bluetoothアダプター「BT-D1」を使用すればさらに高品質なオーディオ伝送も可能

ちなみに、価格はクリエイティブストアで税込9,800円。Amazonでも7/16現在は同価格でした>Creative WP-350 マイク搭載 Bluetoothワイヤレスヘッドホン(Amazon)

続きを読む

torneがメジャーアップデートで大幅機能強化~有償でソニー製BDレコやテレビとも連携


アップデートver.3.00 “リモート”|torne(トルネ)™|プレイステーション® オフィシャルサイト
SCE、torne大型アップデートでBDレコーダ連携実現-トルネ屋で機能購入。BS録画連携。Twitter強化

PS3用レコーダーキット「torne」のメジャーアップデートがPS Network全面再開の翌日となる、7月7日に実施されるそうです。バージョンは3.00になり、ソニー製のテレビやBDレコをリモートコントロールできる「レコ×トルネ」機能、PSPリモートプレイの機能強化、『デザインテーマ』機能、STORE(トルネ屋)、 ビデオの書き出し機能の強化、番組表機能の強化、ライブ機能の強化、ビデオ画面の機能強化、プレイヤー機能の強化、番組検索機能の強化、『STORE(トルネ屋)』の追加など、今回から有償となるものものありますが、大変多くの機能強化が行われる予定。

なお、今回有償で提供される機能は「レコ×トルネ」(1,800円)、「デザインテーマ」(500円)、「“ウォークマン”書き出し機能」(500円)、「nav-u書き出し機能」(500円)で無償で追加されるSTORE(トルネ屋)経由で決済を行うとか。

期待の「レコ×トルネ」機能は新時代のロケフリを予感させますが、悲しいかな我が家の機器では非対応…。ってことで、ウォークマン書き出しだけ導入してみるかな。ただ、リモートプレイもインターネット対応したって事で、PSP goとWi-Fiルーターの組合せが一番幸せだったりするかも…。にしても、torneの進化、すさまじいですね。

さておき、メモステとSDに対応したカードリーダー「MRW-F3」がいつの間にか発売になってたんですね。全然気がつかなんだ…。

【追記】今回のtorneバージョンアップにあわせ、ソニーも対応テレビ・レコーダーの放送ダウンロードによるソフトウェアアップデートについてアナウンスを行なっています。torne v.3の新機能利用にはアップデート必須のようですので対応機種オーナーの方は要チェックです
ブルーレイ/HDD搭載液晶テレビ〈ブラビア〉「KDL-40HX80R/46HX80R/55HX80R/26EX30R/32EX30R」 「torne(トルネ) ™」との録画予約・再生連携機能『レコ×トルネ』対応のお知らせ
ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AX2000/AX1000/AT900/AT700/AT500」 「torne(トルネ)™」との録画予約・再生連携機能『レコ×トルネ』対応のお知らせ

続きを読む

PSP goがディスコン~今後はNGPに注力


SCE、PSP goの出荷を完了。「NGPに注力する」 -今後は市場在庫のみ販売。PSP-3000は継続

SCEがPSP goの生産・出荷完了を発表。今後は市場在庫のみの販売に。理由をSCEは「年末から順次発売を予定しているNext Generation Portable(NGP)に注力するため」と説明。なお、PSP-3000は「販売を継続し、今後も注力していく」とのこと。

ソニーストアにはすでに本体のページは無し。Amazonも在庫は無さそう。今後は、周辺機器も徐々に品薄になっていくのでしょう。にしても短い生涯でしたね。この手のデザインで思い出されるのが、CLIE VZ90とmylo。どうしてどれも短命なんだろう。もしや、某PLAYも…。

続きを読む