タグ : LF-X1

PSPシステムソフト新バージョンでゲーム体験版が直接ダウンロード可能に

PSPシステムソフトウェア バージョン 2.71 アップデートについて(PlayStation.com)

SCEは、昨日(2006/6/1)から、PSPシステムソフトウェア バージョン 2.71のアップデートを開始しました。 新バージョンにより更新される主な機能は以下の通りです。

ネットワーク
・[インターネットブラウザ]を使って、体験版のゲームをメモリースティックにダウンロードできるようにした。
※現在利用できる体験版のゲームは「LocoRoco」と「カズオ
・[ロケーションフリープレイヤー]で外部チューナー選択時に正しく映像が表示されるようになりました。
※LF-B1(北米/台湾/韓国向け)およびLF-X11(北米向け)のロケフリベースステーション利用の場合で、日本/ヨーロッパ地域向けのLF-PK1利用の場合は、本現象は発生しません。
・ネットワーク列にネットワークサービス(P-TV)へのアイコンを追加。

ロケフリ関連は日本のユーザーには全く関係ないので、実質ゲーム体験版がPSP経由でダウンロード可能になるのと、P-TVへのダイレクト接続が可能になるという、マイナーアップグレードになりそうです。

LocoRoco」はすでにPC経由での体験版ダウンロードが可能でしたが、内容もユニークでキャラも立っていて個人的には好みのゲームです。キラーソフトになれるかは微妙ですが、一応購入してみようかなあって思ってます。

とはいえ、現段階ではNDSのゲームタイトルの方が圧倒的に充実してますよね。忙しくてなかなか時間が取れないのですが、寝る前に少しだけプレイするのはNDSのタイトルばかり。新スーマリ本当に面白いです。同居人も「どうぶつの森」にずっぽりですし。自分がどれだけソニーのファンでもゲーム機としてならNDSに軍配を上げざるを得ないかなあ…。

続きを読む

ロケフリは頻繁に海外に出かけるユーザーにお勧め

出張先で快適なPCライフを過ごす(2)?ロケーションフリーとSkypeを検証

iconiconnikkeibp.jp、戸田覚さんの「仕事にすぐ効く!ITサプリ」でロケフリベースステーションパック「LF-PK1icon」が取り上げられていました。出張先の香港のホテルで、バイオtype T経由で日本番組をひたすら観ていたとか。自宅ならワンセグのほうが安くて良いかもしれないとしながらも、海外でテレビが見られるメリットは大きいとして、頻繁に海外に出かけるユーザーにお勧めできるとまとめていました。

ワンセグといっても自宅内のどこでも受信できるとは限りませんからね。海外に限らず国内でだって出先から自宅のリビング環境を利用できるのは十分便利だと思いますけど…。ちなみに、type Tのワンセグチューナー搭載機なら、ロケフリとうまく使い分けることができるのでさらに便利ですよね。

ロケフリといえば、LF-X5が生産完了してますね。X5ユーザーで長く愛用したいという方は生産完了しないうちに予備バッテリを確保しておいたほうが良いかもしれませんよ。なんとなく、X1も受注生産のような雰囲気ですし、生産完了が近いんですかね。今後はこの手のスタンドアロン機は出さないのかな。それはそれで寂しいなあ…。

ちなみに、3月末にX1のバッテリの仕様変更があった模様です。2006年3月度生産分からバッテリの寿命が延びたんですね。その分、充電の時間がかかるようですが…>ロケーションフリーテレビ「LF-X1」、LF-X1専用バッテリーパック「BP-LX1A」仕様変更のお知らせ

続きを読む

ロケフリTV、X1とX5が間もなく生産完了か

キャビアさん(@キャビアな雑記)からロケフリTVの件でお便りを頂戴しました。お知らせ感謝です!>キャビアさん。

いつも記事を楽しく拝見させていただいています。ちょっと愚痴っぽい内容ですいません。私はエアボードLF-X1ユーザーで大変便利に愛用しています。最近のロケフリが好調な状況も次はどんな製品や、サービスが出て来るのか楽しみです。最近LF-X1のバッテリーがヘタって来たので、ソニスタで買おうと見に行ったら「販売終了」ではありませんか。ロケフリのページで宣伝しているお風呂ジャケットはもちろんLバッテリーもLX-X5さえ「販売終了」。とても悲しくなりました。サイト更新の遅れは仕方ないとして、ソニー直営の販売サイトでは、バッテリーのようなものこそ、手軽にいつまでも購入出来るようにして欲しいと思いました。SonyStyleというサイトは、アンテナショップのようなもので、そういう位置づけではないんでしょうかね。本来ソニーに言うべき要望を書いた部分もありますが、同じロケフリ愛用者という事で、お知らせさせていただきました。

ということで、ソニスタを見に行ってみると…おっしゃるとおり、X1とX5のLバッテリーは販売終了になってますね。本体もX5は販売終了で、X1は入荷待ち。公式サイトでは「お風呂ジャケット」に生産完了の文字が…。いや~、今の今まで全く気がつきませんでした。キャビアさんがおっしゃるとおり、ソニーの直販サイトだからこそ、この手の消耗品はいつでも買えるようにしておいていただきたいですよね。ちなみに、ビックカメラ.comでは両方とも今のところは在庫ありでヨドバシ.comではX1のバッテリがお取り寄せというステイタスになってました。かくいう自分もアナログ停波まではしっかりとX1を使っていきたいと思っているので、近いうちにソニスタ以外のサイトか量販店などで予備バッテリを確保しておこうと思います。

ところで、オンラインショップではどうやらX1とX5も在庫限りのようで、生産完了ステイタスになるのも近いのかもしれませんね~。PK1の好調とアナログ停波による地デジ移行などもあって、今後のロケフリビジネスにも大きな変化が出てくるのでしょうが、この手のオールインワンパッケージは無くなってしまうのでしょうか…。

そういえば、PSXも公式サイトで生産完了の表記こそありませんが、大半のオンラインショップでは取り扱いが終了しているようです。なんだか発売前後の盛り上がりが懐かしいですが、こうやって何事もなかったのかのようにフェードアウトしていくのですね…。

ロケフリTV、年度内にインパクトのある対応製品

ソニーのロケーションフリーは放送と通信の壁を壊すか

ロケフリTV開発者で、ソニー・ビデオ事業本部 LFX事業室長である前田悟氏へのインタビュー。ブレイクしたことをうれしそうに語る前田さんの笑顔が目に浮かびます。というか、画像自体が満面の笑みですね。いや~、自分のことのようにうれしいっす。

iconicon注目は、今年度内に対応するという秘密の1機種。米国で販売中の「LF-X11」ではないかという噂は否定して、「もう少しインパクトのあるものを出したい」と語られてます。個人的にはクリエだったらうれしいのですが、インパクトを考えればケータイということになるのかもしれませんね。また、ロケフリの技術は他社にも提供していくと明言なさってます。そのことで、「ロケーションフリーの世界がより広がればいい」のだとか。素晴らしい…。ホームサーバーなどへの機能統合については時期尚早と考えているようで、ベースステーションを進化させていく方向のようです。なるほど。でも、モジュール化できたりすると面白いかもしれませんね。

とにもかくにも、様々な可能性を感じさせるロケフリTVからしばらくは目が離せません。最後に実にソニーらしいと思った前田さんのコメントを引用させていただきます。

こういう、今までになかったことができるようになる商品を、日本はどんどん開発していかないといけません。価格競争力のある中国や韓国と戦っていくためには、商品企画力が最も重要になると思います。

続きを読む

Windows PC用ロケーションフリーベースステーションパック

PCと組み合わせて 海外でも日本のテレビを視聴できる“ロケーションフリー” 発売 ~テレビを楽しむ「場」を広げていく“ロケーションフリー”の提案をPCへ拡大~(ソニードライブ)

iconiconソニーマーケティングは、Windows PCをモニター代わりに使い、日本国内だけでなく海外からでも自宅のテレビ放送を視聴できる、ロケーションフリーベースステーションパック『LF-PK1icon』、及びロケーションフリープレイヤーPC用『LFA-PC2icon』を10/1に発売すると発表しました。価格はオープンプライスですが、市場推定価格は『LF-PK1』が33,000円前後、『LFA-PC2』が2,000円前後。

iconicon『LF-PK1』は、『LFA-PC2』をインストールしたPCを組み合わせることにより、TVチューナーのないPCでテレビ視聴ができるようになります。ブロードバンド環境や、公衆無線LANが利用できる施設(外出先)から、自宅で受信したテレビ放送や、ベースステーションに接続されたAV機器などをリアルタイムで視聴できます。また、ベースステーションの無線LAN機能を使えば、手持ちのPCを使ってワイヤレスで、TV放送等を寝室など自宅内の好きな場所で楽しめます。

ソニスタで早速専用ページがオープンしていますね。販売価格は「LF-PK1icon」が税込32,800円で、「LFA-PC2icon」が税込1,980円。9/14から先行予約スタートのようです。また、まもなく開発者インタビューも掲載予定とか。また、発表と同時に新製品に関するアンケート「LocationFreeTVのプレスアンケート」が行われています。ソニーファンの方は是非ご協力を~。

自分はすでにロケフリTVを愛用中ですが、ホントに便利でほぼ毎日活用しています。今回のベースステーションパックはモニター無しで3万円強となかなか思い切った価格だと思います。米国では、既発売のベースステーションに対応したPC専用アプリが公開されていましたが、日本ではこのような形で発売されることになったんですね。国内で販売中のLF-X1とX5のベースステーションでも使えるのかなあ…。それと、このベースステーションにあわせてPSP用のアプリも公開されるのかもしれません。

【追記】AV Watchの記事によると、X5のベースステーションと「LFA-PC2」との連携は可能みたいです。さらに今後の展開としてロケーションフリー対応製品を年内にあと2機種発表する予定とのコメントも。ひとつは間違いなくPSPでしょうね…>ソニー、端末をPC用ソフトにした新「ロケーションフリー」-ノートPCで外出先から自宅のTV/コンテンツを視聴

続きを読む

So-netブログの「ロケーションフリーテレビのある生活」が本日公開

So-netブログで「ロケーションフリーテレビのある生活」と題した一般ユーザーによるモニター体験リポート特集が本日より公開されました。今回公開されたブログは、以下の3つ。

家中どこでもテレビ生活
LF-X5をモバイルして見ました
X1、X5スタイル徹底比較

一つめのブログはPDAユーザーにはお馴染みマイカの井上真花さん、二つめは関西ホットスポット情報館主宰の廣瀬さんという豪華執筆陣に混ざり、三つ目は不肖私SPAが担当させていただいております。

iconicon担当することになった経緯については実際のブログをお読みいただくとして、これから約2ヶ月ほどに渡ってロケフリTVの体験リポートを書いていくことになりました。我が家は昨年からすでに「LF-X1icon」を使い始めており、今回、より小さく持ち運びやすくなったモニターが特徴の「LF-X5icon」をお借りしての比較体験レポートになります。硬いレビューのようなものではなく、ブログという体裁なのでゆるーい感じのレポートになる予定です。ということで、ロケフリTVに興味がある方は、当サイトと一緒に是非こちらもお楽しみいただければと思います。

続きを読む