タグ : HDMI

2011年VAIO春モデルはノートPC 3シリーズとボードPC 1シリーズ

スタイリッシュなデザインに高い機能と携帯性を両立したモバイルPC VAIO「Sシリーズ」発売~約23.9mmの薄型フルフラットの筺体で最長約8.5時間のバッテリー駆動を実現~
フルHDで高品位な3D映像を楽しめる「Fシリーズ」などVAIO 春モデル 発売~集光材を使ったビビッドデザインの「Cシリーズ」、テレビが約5秒で起動する「Lシリーズ」も発売 ~

1ヶ月ぶりの新製品発表はVAIO春モデル。ノートPC 3シリーズとボードPC 1シリーズ。

「Sシリーズ」
ソニーストア
厚さ約23.9mmのフルフラットのスリムデザインで、本体にアルミニウム合金とマグネシウム合金採用で高い堅牢性と軽量な筺体を実現。スイッチひとつで処理速度の速い「SPEEDモード」と省電力の「STAMINAモード」を切り替えることができ、用途に合わせて効率的にバッテリーを使用。駆動時間は内蔵のバッテリーで最長約8.5時間、別売のリチャージャブルバッテリーパック(拡張用)と併用すれば最長約17時間もの長時間駆動が可能。内蔵バッテリーを優先的に充電し、拡張バッテリーから先に放電する設定になっているため、拡張用バッテリーを着脱しながら、効率的に使用できるとか。

「Fシリーズ」
ソニーストア
フルHDで高品位な3Dを楽しめる16型ワイド液晶搭載のノートPC。画面に集中できるよう余計なものを排除したシンプルな「ノイズレスデザイン」。

「Cシリーズ」

ソニーストアソニーストア
高い基本性能と、集光材を用いたビビッドな色を含む5色のカラバリを揃えたノートPC。USB 3.0端子も搭載し、対応ストレージなら大きなファイルも高速転送可能。

「Lシリーズ」
ソニーストア
エンタメ機能が充実したボードPC。OSを起動せずにテレビを視聴できる「スグつくTV」やWebブラウザーを素早く起動できる「Quick Web Access」機能などを搭載。ビデオカメラやゲームなどを接続してモニター代わりに楽しめるHDMI入力端子や、デュアルモニターとして映像出力やデジタル音声出力が可能なHDMI出力端子も。

続きを読む

2011/03/03のつぶやき

iconicon
※ソニーストアにて、「春だ!始めよう電子書籍Readerキャンペーン」が開催中。4/18までの期間中、5型のReader Pocket Edition購入者向けに2000円相当のソニーポイントをプレゼントするとか。5型売れなくて、テコ入れですか…。

カラオケ練習にファミリー動画再生……ソニー「ウォークマン」を大画面で楽しもう!
iconiconウォークマン専用のAV出力ケーブル「WMC-NWV10(2,980円)」なんてのがでたらしい。ちなみにNW-A850/A840/S750/S750K/ S740/S640/S740K/S640Kシリーズ専用でクレードルと接続してテレビ出力する場合はBCR-NWU7のみ対応だそうな。A820はともかく、X1060もNGかよ…。

ニンテンドー3DS発売日レポート ~発売時の空気から任天堂の戦略を読む!~
なぬ、6種類もある内蔵ゲーム(ARゲームズ)を任天堂が発売時まで伏せていただと~。ちなみにローンチ時に意図的にソフトを絞りポケモンもマリオも用意せず、それらの新作を作っているというアナウンスすらないとあるけどGDCであっけなく発表されましたぞい…>任天堂の岩田聡社長が「GDC 2011」で基調講演 3DS「マリオ」新作を発表。「時のオカリナ3D」は北米で6月発売

有機ELか防水か!? サイバーショット「TX」シリーズ
先月、ちょこっとソニービル覗いた時にTXの実機見ましたが、思っていたよりも厚みがあって驚きました。なんというかもうソニーはTシリーズではほとんど薄さにこだわってないっすね。T9とかT77の時代が懐かしい。

開催20回記念特別企画 愛用していたソニー製品を持って集まろう!!『第20回分解ワークショップ ~モノのしくみをしろう~』 3月26日(土)、27日(日)に開催
愛用していたソニー製品を自分で分解することで、機器のしくみや工具の使い方を学び、親子で協力して体験する機会も提供。さらに製品開発に携わったソニーの現役エンジニアとも交流できるイベントとか。

やじうまミニレビュー エレコム「モバイルバッテリー DE-RKJ1シリーズ」 ~小型で軽量、ケーブルの収納もできるモバイル電源
DockコネクタとUSB Micro-BとUSB端子、3つにいっぺんに対応してくれたら買う…ってそれは無理?>DE-RKJシリーズ(Amazon)

PSP用フルスクリーン出力アダプタ『ワイドdeポータブルHD』
これって昨年暮れに買った「PSPの映像をHDMI出力できる変換アダプタ」そのものだよな。しかも9,800円もする。ちなみに自分が買った物は上海問屋限定発売だったけどいまは5,999円でAmazon経由でも購入可能になってます>PSP用 HDMI変換アダプタ

ソニー、ハンディカム、Bloggie、サイバーショットの新製品を一挙に発表

CESでも展示されていたハンディカムとbliggie、サイバーショットの新製品が日本でも発表されました。またα NEX-5のゴールドモデルとPS3用の動画アプリについても発表がありました。

フルハイビジョン3D“ハンディカム”発売 レンズ・イメージセンサー・画像処理エンジンの全てをダブルで搭載
iconicon高画質なフルハイビジョン3D映像の撮影が手軽に出来る3D“ハンディカム”『HDR-TD10』。広角29.8mmの「Gレンズ」を2眼、1/4.0型で総画素数420万画素(有効199万画素)の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”を2枚、独自の高速画像処理エンジン「BIONZ」を2個搭載することで、右目用・左目用の各映像ともに1920×1080のフルハイビジョン映像を記録し、高画質な「ダブルフルハイビジョン」の3D映像を生成。

画質、音質、撮影後の楽しみが進化した “ハンディカム” 5機種 発売
新開発したワイドサイズ(16:9型)で総画素数665万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”、高音質5.1ch サラウンドサウンドマイクロホン、フルデジタルアンプ「S-Master」や音響特性をデジタル処理により最適化した高音質ステレオスピーカーを搭載する機種などを含む『HDR-CX700V』『HDR-CX560V』、撮影した映像をその場で投影できるプロジェクター機能を本体に搭載した『HDR-PJ40V』『HDR-PJ20』と「撮る」・「観る」楽しむための高い基本性能を搭載した『HDR-CX180』。
iconicon iconicon iconicon
iconicon iconicon

ネットワークサービスでハイビジョン動画などを共有する楽しみを日常化する 動画共有サービスなどへの簡単アップロードを実現 撮影と共有の楽しみが、ポケットサイズの一台にまとまった“Bloggie”2機種 発売
フルハイビジョン動画や静止画を手軽に撮影し、動画共有サービスやSNSなどに簡単にアップロードができる“Bloggie”2機種(“Bloggie Touch”・“Bloggie 3D”)。操作性の向上や専用ソフトウェア“Bloggie”を新搭載するなど、動画や写真の共有を日常的に楽しむことを目指した第二世代の“Bloggie”。
iconicon iconicon

高画質なフルハイビジョン動画や3D静止画撮影などを手軽に楽しめる 新開発1620万画素の裏面照射型CMOSセンサー搭載“サイバーショット”5機種発売
暗所でも高画質撮影ができる新開発の1620万画素裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”を搭載した“サイバーショット”5機種。独自の画像重ね合わせ技術により、どのような場面でも最適な設定で高画質な静止画を撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能を搭載。AVCHDでのフルハイビジョン動画撮影機能や、3Dの静止画撮影が楽しめる撮影機能などを共通に搭載。小型な本体に明るいF2.4、光学7倍ズームレンズ搭載モデルなど“WXシリーズ”2機種。GPS機能と光学10倍ズームレンズ搭載、動画撮影時の手ブレにも強い“HXシリーズ”1機種。静電容量式タッチパネルを採用した有機ELモデルや防水モデルなど“TXシリーズ”2機種。
iconicon iconicon iconicon
iconicon iconicon

小型でスタイリッシュな美しいボディに新開発1610万画素CCDセンサーを搭載し、きれいな写真を簡単な操作で楽しめる“サイバーショット”など4機種 発売
小型ボディに広角25mmの光学5倍ズーム、有効1610万画素の『DSC-W570』。ジュエリーをイメージしたボディ装飾など、持つ喜びが広がる『DSC-W570D』。薄型メタルボディでおまかせ簡単撮影、パノラマも撮れる『DSC-W530』。スタリッシュで薄型のボディにタッチパネル搭載、有効1610万画素の『DSC-T110』。

小型軽量化を追求した“α”『NEX-5』に洗練されたゴールドを追加 ~動画撮影を快適に楽しめる“α”アクセサリーを2機種発売~
iconiconレンズ交換式デジタル一眼カメラNEX-5にゴールドを新色として追加。ダブルレンズキット「NEX-5D」として発売。また、クリップオンLCDモニター『CLM-V55』と予備ばってりーとHDMIケーブル同梱のアクセサリーキット『ACC-HDFW』も来月以降に発売。

ソニーのカメラで撮影したAVCHD動画の管理・鑑賞ができる 「プレイステーション 3」用アプリケーション「フィルミー」を提供開始
PS3用の高精細なAVCHD動画の管理・鑑賞アプリケーション「フィルミー」を、2月中旬にPlayStation®Storeにて無料体験版と有料版(販売価格:500円税込み)を提供開始。“ハンディカム”、“サイバーショット”や“α”などで撮影されたAVCHD動画の管理・鑑賞を快適に楽しめるアプリケーション。

続きを読む

PSPの映像をHDMI出力できる変換アダプタを試す~MHP3を大画面で楽しみたいならコレできまり

12/23につぶやいていたPSPの映像をHDMI出力できる変換アダプタですが、レビュー用の写真を撮るつもりがいつのまにやら狩りにのめり込んでしまう罠をようやくくぐり抜けられたので覚え書きプチレビュー。

エバーグリーンの直販サイト「上海問屋」限定販売とのことで価格は5,999円。ちなみに、同等の製品はすでにAmazonなどでも取り扱われておりますが、5,999円は自分が確認したところでは2010/12/30現在は最安値のようです。


パッケージは日本の製品名とは全く合致せず、「HD VIDEO PROCESSING」なんて書いてあります。中身はアダプタ本体、電源アダプター、PSP接続ケーブル、HDMIケーブル、PSP go変換アダプタ、音声ケーブル(ステレオミニ→赤白ピン)、英語版の取説。各種ケーブルが付属してこの値段は結構良心的かもです。


アダプタ本体はスチール製のボックスタイプ。サイズが11cm(L) × 8.4cm(W) × 2.8cm(H)で重さが212g。そこそこかさばりますが、頻繁に持ち運びするわけでもないし、大して気になりません。端子は側面にあり、片側にPSP接続ケーブル用の「GAME IN」端子が、もう片側に、出力用の「HDMI OUT」端子、ゲームのステレオ音声出力用の「AUDIO OUT」端子、電源コネクタ(赤LEDのインジケーター付)があります。ちなみに、「GAME IN」端子はVGA互換ではなく9ピンの専用のモノでした。


接続は説明するまでもなく簡単。上海問屋の接続イメージ通りにPSPとテレビの間に接続後、アダプタに通電するだけ。「PSP on TV」同様、PSPのディスプレイボタンの長押し(または設定メニューから操作)でテレビにPSPの映像が出力されるようになります。


PSP接続ケーブルはベースは「PSP on TV」対応ケーブルと同じなんですが、専用の「ZOOM」ボタンがあるのが大きな違い。これを押すとテレビ側にPSPの映像をフル画面で出力出来るんですよね。

続きを読む

2010/07/28のつぶやき

モバイル機器向けワイヤレス給電標準規格「Qi」、策定作業が完了
業界団体「Wireless Power Consortium」がモバイル機器向けワイヤレス給電の標準規格策定作業を完了したそうなんですが、この団体にASSOCIATE MEMBERとして入ってるのがソニエリでソニーの名前はREGULAR MEMBERにも無し。ソニーは昨年10月に50cm離れた電子機器を駆動できるワイヤレス給電システムを発表しているのですが、モバイル向けはソニエリにお任せって事なんでしょうか…。

HTC、スマートフォンにソニーのスーパー液晶 有機EL不足で
HTCが有機ELをSamsungから調達できないからSLCDをソニーから調達。S-LCDはSamsungとソニーの合弁会社。あー、なんかややこしい…。S-LCDといえば、このニュース。ソニー役員を退任した韓国人の安京洙氏によると、現在ソニー内部で韓国警戒論が高まっており、「ソニーの歴史上最悪の決定がサムスンと共同でS-LCDを設立し たことだといわれるほど」らしいです。なにを今更。有機ELもフェードアウト寸前じゃないか…>ソニー韓国人役員が退職した理由(上)

HDMI入力のあるデジタルフォトフレーム! オンキヨー「LPF10M01」
フルHDまで表示できるし内蔵スピーカーはHDMI接続時にも利用可能。PCでも1,280×720ドットぐらいまでいけるらしい。うーん、やっぱこれ良いなあ…>オンキヨー「LPF10M01」(Amazon)

シャープ「インテリアホン JD-4C1CL」~デジタルフォトフレームになる固定電話機
こちらはフォトフレームになるシャープの固定電話機。フォト電話帳なんて機能もあります。

シャープ、業界最軽量のストレート型カラー電子辞書 ~動画コンテンツを強化したカラー電子辞書も
シャープといえば電子辞書。久々の新製品は縦型。BB似と騒がれてますが、昔のZaurusをぎゅっと縮めたようにも見えないこともなくもない…どっちだ。縦型の電子辞書でぱっと頭に浮かぶのはCLIE TH55DKですが、あれはどれぐらい売れたのかなあ…。

※あ、今日はかーちゃんの誕生日だった。もう73歳ですか。ともあれ、おめでとう。長生きしてください。

※ミヤビックスがドコモ「T-01B」とau「IS02」専用PDAIRレザーケース一挙に5種類取扱開始してます。全商品、送料無料、税込み3,990円>縦開きタイプ横開きタイプポーチタイプベルトクリップ付バーティカルポーチタイプバーティカルポーチタイプ

VAIOもBDレコもPS3もNEXも繋がるHDMI対応フォトフレーム

オンキヨー、HDMI入力を備えた10.1型フォトフレーム-BDビデオも表示可能。リモコン付属で実売19,800円

オンキヨーが、HDMI入力対応のデジタルフォトフレーム「LPF10M01シリーズ」を8/6にオープンプライスで発売。10.1型で解像度1,024×600の液晶パネル採用。HDMI入力を装備し、パソコン、BD/DVDプレーヤー、デジタルチューナーなどが接続可能。最大入力解像度は1,920×1,080。リモコン、HDMIケーブル、USBケーブル、ACアダプタ付属で店頭予想価格は19,800円前後。

出力1.5Wのステレオスピーカーも搭載。512MBメモリー内蔵でメモステ含むメモリーカードスロットとUSB端子も装備しており、メモリー内の動画や写真が再生可能。カレンダー機能も搭載。対応動画形式は、AVI、MP4(MPEG-4 ASP、Motion JPEG)、MP3(256kbps)、WMA(192kbps)。外形寸法は 300×29×205mm、重さは約950g。

てことで、これいいですね~。解像度こそ低いけど色々使えそう。HDMI搭載のVAIOや各種HDDレコーダーはもちろん、PS3やXbox、ハンディカムやNEX、ロケフリHome HDなんかもいけますね。リモコンやケーブル付きで19,800円って値段もかなり両親的。これはちょっと使ってみたいかも。

続きを読む