タグ : A910

ウォークマンA910シリーズの先行展示を見てきた読者の皆さんの感想

27日に電撃発表されたウォークマンA910シリーズiconですが、28日から始まった先行展示を見てきた読者の方から感想をお寄せいただいています。(感謝でございます!)

(from やまけいさん)
早速今日銀座のソニービルにて実機を触ってきました。正直ソニモバさんが楽しみにしているかと思いまして敢えて詳しくレビューしませんが(笑)個人的にはA1000シリーズからの流れから来ていた最近のデザインとは一線を画している、質実剛堅、昭和なソニーのデザイン(いい意味です)で好感が持てました。Zippoっぽいというか、MDウォークマン的というか。HD5のデザインチームと一緒なのでしょうか?

個人的には新Sシリーズがいかにもエントリーモデルな印象で、ちょっと女子向けっぽい雰囲気がイマイチだったのですが、カラバリといい、デザインといい、完全女子禁制なコレを手にして謎が溶けました(笑)後にこれが控えていたのかと。

良い点
:まず軽い。そして明るい。A8XXシリーズより更に輝度が上がっています。

悪い点
:録画している最中「一切のボタン操作、音楽再生をうけつけない」

……!

こ、これはウォークマンとしてどうなんでしょうか(爆)
確かにDigital Multi Playerの文字はありましたが…..
一応音楽再生機なので、付属機能の為に本機能が停止ってどうなの?とは思いましたが、

これは買います(結局かっ)

自分、昨日は二日酔いで銀座にもお台場にも行けずじまいっす。良い点、悪い点、あげていただきましたが、結論としては買いですかっ!あれだけ、音楽プレイヤーとしてのこだわりを訴え続けてきたソニーだけに、ワンセグ対応には賛否両論ありそうですが、こんな仕様のウォークマンがでてくるのもやはり日本発の商品なればこそ。これもソニーなりのひとつのチャレンジなのかもしれませんね。

(from ゆーじゅさん)
A808を愛用しているからかと思うのですが最初に持った感じでは思ったより厚い印象でした。実際にワンセグの受信画面も見ることが出来ました。映像はスムーズに表示されており綺麗でしたが、残念なのは搭載されている液晶の縦横比が4:3のため16:9の映像を表示させた場合縮小された形になり非常に見難くくなることです。これに対応するため中央の4:3部分のみ表示させるオプション設定(ズーム)があり、<オート・あり・なし>のいずれかを選択する様になっているのですが、左右に番組タイトルのみ表示させている様な実質4:3の番組では<オート>の場合縮小表示されてしまうため<あり>に強制的に設定しないといけません。ボタンのスペースの関係から難しいのかもしれませんがこのサイズだとワンセグ携帯のようにワイド液晶を搭載した方が良い様な気がします。

iconicon液晶のサイズこそ違いますが、縦横比については先代のA800シリーズと全く同じってことですね。まあ、あれだけハイビジョンにコミットしているソニーのことですから、いずれはワイド液晶、あるいはワイドの有機EL搭載のウォークマンもすでに検討されているのかもしれませんよ。特に後者はソニーの生命線になる技術ですので、今後のモバイル機器にもカナメとしてどんどん採用されるんじゃないでしょうか。この手の機器が発売される頃にはとっくに次の機器の企画開発が進行中のはず。きっとそのうち出ますよ!(根拠無し)

ということで、ありがとうございました。自分もできるだけ早いうちに実物を拝みに行きたいと思いまーす。ちなみに、お台場だとこいつも見られるんですねー>ソニー・エクスプローラサイエンス、サイバーコードの展示会にPS3「THE EYE OF JUDGMENT」を出展

ソニードライブにComing soonのティーザー広告 【追記あり・正体は有機ELTV?】

sd_cs_070928.jpg

なんざんしょね、これ?
クリックしても大きい画像が表示されるだけです。
(お知らせ感謝です!>hiroyukiさん)

【追記】アラゴロクさんからこんなお便りが。(感謝です!)

ティーザーページのソースを見てみると…

keywords” content=”有機テレビ,有機ELテレビ,XEL-1,ブラビア,ソニー,SONY,高画質,テレビ,有機ELパネル,高コントラスト,広色域,高速応答性,省エネ,薄さ,3mm,3ミリ,次世代ディスプレイ,”
description” content=””ソニー有機ELテレビ〈XEL-1〉公式ウェブサイト。世界初「有機ELテレビ」誕生。自然の色を自然のままに再現するために、テレビは有機体へ。オーガニックパネル搭載。「有機ELテレビ」の製品情報・サポート情報などを公開。

有機ELテレビでした!

また、eyeさんから「ティーザー広告を見てみたら面白いことが分かったので、自分のブログに書いてみました」とのご連絡をいただきました。アラゴロクさん同様、ページのmetaのkeywordsとdescriptionを参照なさったようです。eyeさん曰く、「これがホントの情報だったら、ちょっとお粗末なティーザー広告だなぁと思いますねぇ。釣りかもしれませんが」とのこと。

釣りの可能性大かも。まあ、今日明日発売が始まるわけでもないと思いますので、まったり行きましょうってことで・・・。

【追記2】その後も、色々お便りいただきました。(皆さんにまとめて感謝!)

(from motomatoさん)
ティーザー広告を見て液晶部分がなんか感じが似てたのでメールさせて頂きました。(既にご存知の場合はすいません)
http://www.techeblog.com/index.php/tech-gadget/sony-vaio-zoom-concept-boasts-holographic-screen
ホログラフィックだそうです。
昔テレビで見たマンガの世界がすぐそこまで来ている様でうれしくなってしまいました。

これからもお体を大事に、頑張って下さい応援しています。

おおー、いずれはバイオもこんな風になっちゃうんですかね。とてつもなくスゴイ時代がもうすぐ目の前に!って感じです。

(from ゆーじゅさん)
有機ELテレビと思われるティーザー広告ですが、リンク先の大きな絵と同じものがソニービルの壁面にも大きく張られていました。見た感じ縦に掛かっているリボンの陰にスクリーン部分が隠れているのかなとも見えるのですが…この先非常に楽しみです(Rollyのようなヘマはして欲しくないですね)

ウォークマンA910シリーズの下見がてらソニービルに行かれたとのこと。そちらの感想については別エントリーでご紹介させていただくとして、リボンの下にスクリーンというのはビンゴ間違いなしって感じですよね。

ウォークマンNW-A910シリーズ登場!~ワンセグ視聴&録画対応のノイキャン付き

ワンセグTVを搭載し、業界最小・最軽量を実現 ワンセグ視聴&長時間録画に対応した”ウォークマン NW-A910シリーズ”発売(ソニードライブ)

wma910.jpg

ソニーは、カードサイズの小型ボディに2.4型液晶を搭載し、ワンセグ放送の視聴・録画に対応した”ウォークマン NW-A910シリーズ”3機種を11/17に発売すると発表しました。見やすい2.4型液晶でのワンセグ放送の視聴や大容量メモリーによる最長100時間の長時間録画を実現した”ウォークマン”の最上位機種として発売するそうです。3機種の違いはフラッシュメモリー容量のみで、ノイキャン、ビデオ再生、ダイレクトエンコーディング対応などは共通。以下は、型番、メモリー容量、市場推定価格の順。

『NW-A919』、16GB、45,000円前後
『NW-A918』、8GB、35,000円前後
『NW-A916』、4GB、30,000円前後

ちなみに、ワンセグの録画時間は、NW-A919(16GB)では最長100時間、NW-A918(8GB)では最長50時間、NW-A916(4GB)では最長25時間。なお、録画したワンセグビデオは、PCへバックアップ(コピー/転送)できないそうです。また、気になるスタミナ性能は、ワンセグ放送視聴時で約6時間、録画時が約8.5時間、音楽再生が約36時間、ビデオ再生が約10時間。

型番は欧米のA810をすっとばしてA910。これが隠し球だったのですねー。ウォークマンにアンテナが・・・。なんとなくクリエっぽくも見えたり・・・。うーん。ケータイ、PSPとワンセグ対応機器は増えてきましたが、まさかウォークマンまでとは・・・。ちょっぴり複雑な心境ではありますが、ひとまずご一報ということで。

【追記】ソニスタでも情報が掲載されました。価格は16GBが44,800円、8GBが34,800円、4GBが29,800円。限定は16GBのアイスブラックモデルでちょい高めの47,800円とかー>ウォークマンA910シリーズicon(ソニスタ)

iconicon

また、ソニスタに掲載された情報によると、幅 約47.2×高さ約86.0×奥行約12.3mm(最薄部約11.3mm)のカードサイズと約74gはポータブルワンセグプレーヤーとしては業界最軽量を達成しており、携帯よりも圧倒的にコンパクトとか。また、本体は1枚の金属板を絞り出すようにボディを成型する「深絞り工法」を採用していることが明らかになりました。まさにクリエT400!

続きを読む

12/15のつぶやき~気になるニュースなど…

Xbox360:来年にHD対応機を投入 ソニーのブルーレイに対抗
これ、まじっすか?某ソフトの発売遅延が原因で2日間で6万台しか売れなかったみたいな話がありますが、別な意味での買い控えが起こるんじゃないでしょうか…ってなことを書いていたらMS社の否定コメントが~>マイクロソフト、「Xbox 360にHD DVDドライブ搭載」報道を否定

あの100ドルノートPCがいよいよ実現へ–製造は台湾のクワンタに決定
グーグル、専用端末の開発を検討
Googleのは200ドルですがディスクレスマシンとのこと。ネット接続前提なのでしょうが、久多良木さんが言っているようなことを先取りしたような動きっすね。前者はネットの接続環境を考えると100ドルだけではすまないですよね…。

2006年版 ビジネス「手帳」カタログ
最近またアナログな手帳がはやってますね。雑誌やらムックも書店でよく見かけます。いろんな手帳が紹介されてますがそれぞれ特徴がありますね。PDAのPIMソフトのバリエーションを見ているようです。ネット経由でアナログな手帳を売る糸井さん(@ほぼ日)の成功も手帳ブーム再熱に影響しているのは間違いなさそう。

“プロの手調整”を超えた音場補正――ソニー ハイエンドAVアンプ「TA-DA9100ES」
本田雅一さんのコラム。「最近のソニー製品は、以前のような突き抜けた実力がないといわれることもある。しかしこのDA9100ES、そしてプロジェクターの「VPL-VW100」などは、大企業となってからも音質と画質にこだわってきたソニーの“良い側面”が端的に表れている」とか。その良い側面を味わうには約50万が必要っす…。

※ソニスタのメルマガでまだ間にあうとプッシュしているウォークマンの「Winter Special Packageicon」。クリスマスプレゼント向けで売れ残ったらどうするんだろう…。そのメルマガにA3000/A1000専用ドックスピーカー「SRS-NWM10icon」発売のお知らせが掲載されていました。充電とパソコン接続にも対応。単3形乾電池×3本でも駆動とか。新コネクタ採用のA3000とA1000のみ対応ということで、今後出てくる新製品でも使えるかどうかがネックかもしれませんね。

PDA工房が話題のW-ZERO3対応製品の取り扱いを開始しています。対応が確認された既発売品もあるそうです。
・Crystal Shield for W-ZERO3 1,260円
・Crystal Shield for W-ZERO3 (3枚セット) 2,625円
・Retractable USB充電ケーブル for W-ZERO3 1,344円
・Retractable Syncケーブル for W-ZERO3 1,344円
・W-ZERO3 Retractable USB充電/Syncケーブルセット(充電ケーブル/Syncケーブルの2本セット) 2,604円
・カーシガー充電アダプタ for W-ZERO3 1,890円
・バッテリーエクステンダーII 2,604円
・pocket MOBA シリーズ 各種
・HTT レザーケース Slot-In 4,179円